gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

The Freedom of Truth
真実による自由
John 4:13-18
ヨハネ4章13節〜18節


Today is the fourth time for us to look at the meeting between Jesus and the Samaritan woman.
今日はイエス様とサマリアの婦人の出会いについての4回目の考察です。

It was a meeting full of unexpected surprises.
それは予期せぬ出来事で一杯の出会いでした。

The woman had gone to the well to draw water.
その婦人は水を汲みに井戸に行ったところでした。

She was alone.
彼女は一人でした。

She wasn’t expecting to see anyone.
誰かと会うとは思いもしませんでした。

But there was a man at the well.
けれどもその井戸には男の人がいました。

It was Jesus.
それはイエス様でした。

And He was actually sitting on the wall of the well.
現にイエス様が井戸の壁に腰掛けていました。

Jesus had made Himself not only obvious, He was unavoidable.
イエス様はご自身の姿がはっきり見えるようにしていただけでなく避けられないようにしていました。

If the woman was going to get water from the well, she was going to have to talk to Jesus.
もし婦人が井戸から水を汲もうとすればイエス様に声を掛けなければ汲めませんでした。

But it was actually Jesus who first talked to her.
しかし実は最初に彼女に話かけたのはイエス様でした。

“Will you give me a drink of water?” (John 4:7)
わたしに水を飲ませてください。 (ヨハネ4章7節)

The woman was shocked that Jesus asked her for a drink.
婦人はイエス様が彼女に水を飲ませて欲しいと頼んだ事に大変驚きました。

But Jesus pointed out that the amazing thing was not that He had asked her for a drink.
けれどもイエス様は、自分がその婦人に水を飲ませて欲しいと頼んだことが驚くべきことなのではないことを明らかにしました。

The surprising thing was that she hadn’t asked Him for a drink.
驚くべきは彼女がイエス様に水を飲ませて欲しいと頼まなかったことでした。

Even though He didn’t have a bucket, Jesus could offer the woman a drink.
イエス様は水を汲むバケツを持っていませんでしたが、その婦人に水を飲ませることが出来ました。

This “living water” that Jesus offered would take away her thirst forever.
イエス様が与えるこの生ける水は彼女の喉の渇きを永遠に取り去るものです。

And even better, it would become within her a spring that brings eternal life: to her, and to others.
それどころかその水は彼女の内で泉となり 永遠の命に至る水が彼女そして全ての人に湧きあがるのです。

But the woman held no expectation within herself that she might be able to receive something good.
しかし何か良い物を受け取る事が出来るかもしれないという期待は婦人の内にはありませんでした。

In her experience, good things didn’t happen to her.
彼女のこれまでの経験では良いことは起きないからです。

She didn’t understand who Jesus was;
彼女はイエス様が誰か分かりませんでした。

And she didn’t understand the gift that Jesus was offering her.
そしてイエス様が彼女に与えようとしている贈り物を理解できませんでした。

And so, rather than asking out of the hope and expectation that was in this gift;
その為この贈り物の中にあった希望や期待を宛てにして尋ねるというよりむしろ

she merely requested a way of escape from her suffering.
自分の苦悩から逃れる術(すべ)を求めただけでした。

Jesus offers us so much more than we can imagine or understand.
イエス様は私達の想像或いは理解をはるかに超えるほど多くのものを与えて下さいます。

That’s why it is so important for us to seek to know Jesus more personally;
だから私達はもっと個人的にイエス様を知る努力をすることがとても重要なのです。

That’s why it is so important for us to seek to understand His gift better.
だから私達はイエス様の贈り物をより深く理解しようと努めることがとても大事なのです。

Because it would be such a tragedy to ignore, or to reject the blessings that He wants to pour out on us because we didn’t expect it or because we thought that we knew better.
何故なら、イエス様が私達に注ぎたいと望んでおられる恵みを期待してないから或いは期待するほど私たちは愚かでないからと言ってそれを無視したり拒否するなどということは とんでもない悲劇だからです。

The meeting between Jesus and the Samaritan woman had been full of surprises.
イエス様とサマリアの婦人の出会いは思いもよらない出来事の連続でした。

But then, suddenly, Jesus said something even more unexpected to the woman:
しかしそれからイエス様は突然もっと思いがけないことを婦人に言いました:

He told her, "Go, call your husband and come back." (John 4:16)
イエスは彼女に言われた。行ってあなたの夫をここに呼んで来なさい (ヨハネ4章16節)

This was the last thing that she wanted to hear.
これは彼女にとって絶対耳にしたくない言葉でした。

That is why she had gone to the well in the middle of the day.
だから彼女は真昼間に井戸に行ったのでした。

That is why she was by herself.
だから一人で行ったのでした。

She wanted to avoid the topic of her personal life.
彼女は私生活に関する話題を避けたいと願っていました。

Her personal life was full of personal pain.
彼女の私生活は個人的な苦痛で満ちていました。

And so she had purposefully planned her day to avoid having contact with any other people.
そのため敢えて他の誰とも接しないで済むように一日の計画を立てていました。

If there was no-one around her, if she was alone, she wouldn’t be confronted by her relationship failures.
もし廻りに誰もいなければ、もし一人であれば人とうまく付き合えない事態に直面しなくて済むと思ったのでしょう。

But then Jesus’ voice echoed from the side of the well:
しかしそこでイエス様の声が井戸の壁にこだましました。

"Go, call your husband."
あなたの夫を呼びに行ってここに連れて来なさい。

How do you think the woman felt when she heard Jesus say that?
イエス様のその言葉を聞いて婦人がどのように感じたと思いますか?

How do you think you would have reacted if it had been you?
もしそれがあなただったらどう反応したと思いますか?

What problems do we have in our own lives that we are extremely sensitive about?
私たちは人生の中で極度に敏感になり触れられたくないどんな問題を抱えているでしょうか?

When we have open wounds;
むき出しの傷があるとき、

When there are unresolved problems and unhealed hurts in our lives…
人生において未解決の問題や癒されることのない心の傷を負っているとき、

Then, when someone gets too close;
そんなとき誰かが有無を言わさず近づいてきて、

When they touch that wounded area of our life;
人生で傷ついたところに触れたら、

We try to protect ourselves from the pain.
私達は苦痛から自分を護ろうとします。

We tend to jump back defensively;
一瞬たじろいで防御態勢を取りがちです。

And maybe we even strike back aggressively.
そして果敢に反撃するかもしれません。

This woman had a very sensitive pain that she didn’t want touched.
この婦人には決して触れられたくないとても傷つきやすい苦悩がありました。

So she had tried to keep it hidden.
そこで彼女はそれを隠そうとしました。

But then Jesus put His finger right where it hurt:
しかしそんな時イエス様は彼女の痛むところをまともに突いてきました:

“Go, call your husband.”
行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。

How do you think you would have reacted if you had been the Samaritan woman at the well?
井戸にいたサマリアの婦人があなただったらどう反応したでしょうか?

Let's look at what she did.
彼女がどうしたか見てみましょう:

"I have no husband," she replied. (John 4:17)
女は答えて言った。私には夫はありません。”(ヨハネ4章17節)

What did she do?
彼女はどうしましたか?

She answered Jesus.
イエス様に返事をしました。

When I think about her situation, I am amazed that she did this.
彼女の状況に鑑みると、私は彼女が返答したことに驚きを覚えます。

She didn’t have to talk to Jesus.
彼女はイエス様に話しかける必要はありませんでした。

Jesus had told her to go and call her husband.
イエス様は彼女に行って夫を連れてくるように言いました。

But she didn’t have to respond.
然し彼女はそれに応じる必要はなかったのです。

In fact, she was under no obligation to talk to Jesus at all.
実は、彼女はイエス様に話しかける義務は全くありませんでした。

Let’s think about her situation.
彼女の状況を考えてみましょう。

Remember why she was surprised when Jesus first asked her for a drink of water:
まずイエス様が彼女に水を飲ませて欲しいと頼んだときなぜ彼女が驚いたかを思い出してください。

It was because Jews had a severe prejudice against Samaritans.
それは 当時ユダヤ人はサマリア人に対して激しい偏見を持っていたからでした。

And also, because men and women didn’t talk to each other if they weren’t family.
そしてまた 男と女は家族でなければお互いに話しかけることはなかったからでした。

So, if she hadn’t wanted to respond to Jesus’ request to call her husband, it would have been completely normal to not respond to Him.
ですからもし夫を連れて来るようにとのイエス様の求めに彼女が応じたくなかったら応じなくても全く自然な事だったでしょう。

In fact, it would have been more common sense for her to have ignored Jesus and just gone away.
と言うより実は、彼女がイエス様を無視してさっさと行ってしまった方がより常識に適っていたでしょう。

But there is one more thing that amazes me.
けれどももう一つ私が驚かされることがあります。

By choosing to stay and respond to Jesus, the Samaritan woman was actually possibly putting her life in danger.
そこに留まってイエス様に応じると決めたことにより実はサマリアの婦人はことによると自分の命を危険に晒していたのです。

This woman was already rejected by everyone else because of the reputation of her past.
この婦人は自分の過去の評判の故に他の全ての人から既に拒絶されていました。

So if other people from her village had seen her talking with another man, a stranger, a Jewish man, then they could easily have concluded that she had already, or was going to, commit adultery with him.
ですから彼女と同じ村出身の人がもし彼女が別の男の人しかも見知らぬ人で且つユダヤ人と話しているところを見たら、彼女はその男と既に姦淫の罪を犯したか或いは犯すところだったと彼らは容易に結論付けることが出来ました。

And the penalty for that was death by stoning.
そしてそれに対する罰は石打による死でした。

Now, this was not a normal situation.
さて、これは尋常な状況ではありませんでした。

But even in her case, the Samaritan woman would more have been seen to be following common sense if she had turned her back on Jesus and gone back to her home.
しかしたとえこのケースでも もしサマリアの婦人がイエス様に背を向けて自分の家に帰ったとしたらその方がより彼女は常識に従ったとみなされたでしょう。

But instead, she stopped.
けれども彼女はそうしないで立ち止まりました。

She heard His question.
彼女はイエス様の質問を聞きました。

She listened with her heart.
心で聞きました。

And she answered Jesus:
そしてイエス様に返事をしました。

“I have no husband.”
私には夫はありません。

The woman didn’t hide.
婦人は隠しませんでした。

She didn’t lie.
嘘をつきませんでした。

She didn’t make up a story.
作り話をしませんでした。

She didn’t run away.
逃げませんでした。

She answered Jesus.
イエス様に応答しました。

And, even more amazingly, she answered Jesus honestly:
そしてもっと驚かされることは、イエス様に正直に答えました:

“I have no husband.”
私には夫はありません。

Jesus said to her, "You are right when you say you have no husband. The fact is, you have had five husbands, and the man you now have is not your husband. What you have just said is quite true." (John 4:17b-18)
イエスは言われた。私には夫がないというのは、もっともです。 
あなたには夫が五人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです。”(ヨハネ4章17節~18節)

Perhaps it is easy to think that Jesus is judging the woman here.
イエス様はここで彼女を裁いているのだと多分思いがちです。

Have you ever imagined Jesus pointing his finger, or rather, five fingers at her…
これまで五回も結婚に失敗した彼女をイエス様が指差して非難していると

And then raise a sixth?
そして今いっしょにいる六番目の男とも罪の状態にあると非難していると思ったのではありませんか?

But I think, rather than pointing a finger of judgment, Jesus is reaching out with His hands of comfort.
けれどもこれは裁きの指ではなくイエス様はむしろ慰めの御手を彼女に差し伸ばしておられるのだと私は思います。

"You are right … What you have just said is quite true."
あなたは正しい。あなたが言ったことはほんとうです。

This is Jesus’ response to a woman who had been living her life in hiding.
これが 生涯ずっと隠れて暮らしてきた婦人へのイエス様の返答でした。

This truth about her had caused everyone else to reject her.
彼女についてのこの真実のため 他の誰もが彼女を拒絶しました。

This truth about her had forced her to avoid those same people.
この真実の故に彼女は自分を拒絶した人たちを避けることを強いられました。

She was without family;
彼女には家族がいませんでした。

She had no friends;
友達もいませんでした。

She had lost all hope.
全ての希望を失っていました。

Even when Jesus had shown his desire to bless her,
彼女に恵みを与えたいとイエス様が示されたときでさえ

Instead of being able to believe that she could actually receive something good,
本当に何か良い物を受ける事ができると信じることが出来ないで、

All she could think of was to ask for a way to escape her situation.
ただ自らの状況から逃れる方法を探し求める事しか思いつきませんでした。

But now, instead of avoiding the truth about herself;
でもいまは自身についての真実を避けるどころか、

Instead of turning away and hiding from her problem;
イエス様から顔をそむけたり自分の問題から隠れたりしないで、

She now turned to Jesus.
いまや彼女はイエス様の方に顔を向けました。

She listened to what Jesus said.
イエス様の言葉に聞き入りました。

She responded to Jesus.
イエス様に応じました。

She told the truth about herself.
自分について真実を語りました。

She was honest about herself.
自分について正直になりました。

And I think that Jesus is recognizing that here.
そしてここでイエス様はそのことを認めておられると私は思います。

"You are right … What you have just said is quite true.
あなたは正しい。あなたが言ったことはほんとうです。

“Thank you for telling me the truth.
本当のことを言ってくれてありがとう。

“Thank you for being honest!"
正直でいてくれてありがとう。

And then, in recognizing, in acknowledging, her honesty, Jesus further expressed His understanding of her situation.
そして彼女の正直さを認め受け入れることでイエス様は彼女の状況を理解していることをさらに明らかにしました。

“I know that you aren’t married but you are living with a man now.
あなたは結婚してないけれども男の人と一緒に住んでいる事を私は知っています。

“I know that you have actually been married five times.
あなたがこれまでに5度結婚したことも知っています。

“I understand that you feel alone and hurt.
淋しくてそして傷ついているのが私には分かります。

“I understand that your pain is real and that you have been trying to hide and protect yourself from it.”
あなたは本当に苦しんでおりその事から隠れて自分を守ろうとしていることが分かります。

Jesus said to her, "You are right when you say you have no husband.
The fact is, you have had five husbands, and the man you now have is not your husband. What you have just said is quite true." (John 4:17b-18)
イエスは言われた:私には夫がないというのは、もっともです。
あなたには夫が5人あったが、今あなたと一緒にいるのはあなたの夫ではないからです。あなたが言った事は本当です。(ヨハネ4章17節~18節)

Jesus knew everything about this woman.
イエス様はこの婦人について全てを知っていました。

She had been struggling with the reality of her life.
彼女の現実の人生は非常に辛いものでした。

She had been trying to hide her true self from the people around her;
本当の自分の姿を廻りの人から懸命に隠そうとしていました。

and she had been hiding from herself.
そして自分自身からも隠れていました。

But now, she had entrusted this truth to Jesus.
けれどもいま彼女はありのままの自分をイエス様に委ねました。

She had been honest about herself.
自分に正直になっていました。

When she was together with Jesus, she stopped doing what she had always done.
イエス様と共にいて、これまでいつもしてきたことを止めました。

She didn’t run and hide.
もう逃げ隠れしませんでした。

She faced her own truth.
自分の真実と向き合いました。

She was honest about herself.
自分について正直になりました。

A little later in John, Jesus declares:
ヨハネ書のすこし後の章で、イエス様は次のように述べています:

"The truth will set you free." (John 8:32)
真理はあなたがたを自由にします”(ヨハネ8章32節)

Being together with Jesus had not changed her past.
イエス様と共にいることで彼女の過去が変わったわけではありません。

It is not as though she had never had any problems.
彼女の過去にあたかも問題が全然なかったということではありません。

It is not as though her suffering and pain had just been a dream.
彼女の苦しみや苦痛はまるでただの夢だったという事ではありません。

No. Jesus knew about all those things.
そうではありません。イエス様はこれらの事をすべて承知していました。

And so when this woman turned to Jesus and entrusted her true self to Him,
ですからこの婦人がイエス様に助けを求めて全てを委ねたとき

Jesus did not play them down.
イエス様は彼女の過去のことを軽く扱ったりしませんでした。

He did not pretend her problems did not exist;
彼女に問題がなかったなどとよそおったりしませんでした。

Neither did He suggest that they were not a serious matter.
またそれらが大した事ではなかったと示唆することもしませんでした。

The woman’s problems were real;
婦人の問題は事実ありました。

and the consequences of her problems were indeed serious.
そしてその問題によってもたらされた結果は実に深刻なものでした。

But Jesus did not reject her because of them.
しかしだからと言ってイエス様は彼女のことを拒絶しませんでした。

Jesus did not judge or condemn her.
彼女を裁いたり非難したりしませんでした。

Jesus was able to accept her.
イエス様は彼女を受け入れることが出来ました。

Remember John tells us that Jesus HAD to go through Samaria.
イエス様はサマリアを通って行かねばならなかったとヨハネが記したことを思い出してください。

But Jesus was not on a mission to find this one Samaritan woman just so that He could accuse her of sin!
しかしイエス様は彼女を罪に定めるためにわざわざこの一人のサマリアの婦人を探しに来たのではありませんでした。

Think about when John is telling us about this event.
ヨハネがいつこの出来事について語ってるか思い起こしてください。

It is right after he has explained why Jesus came into this world.
それはヨハネがイエス様はなぜこの世に来られたかを説明した直後です。

John 3:16 and 17 declares:
ヨハネ書3章16節17節です:

“For God so loved the world that he gave his one and only Son,
that whoever believes in him shall not perish but have eternal
life.
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛され
た。それは御子を信じる者が ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。


“For God did not send his Son into the world to condemn the world, but to save the world through him.” (John 3:16 ~17)
神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。(ヨハネ3章16節~17節)

Jesus searched out this woman to relieve her from the problem of her sin.
イエス様は彼女を罪の苦しみから救うためにこの婦人を探し出しました。

I think that the woman understood this.
この婦人はこのことが分かったのだと私は思います。

And she felt safe to be honest about herself.
そして彼女は自分について正直になっても安心だと感じました。

When she trusted Jesus, she could entrust her true self to Him.
イエス様を信じた時、彼女は真の自分をイエス様に委ねることが出来ました。

But, Jesus hadn’t just shown her love.
しかしイエス様はただ彼女に愛を示しただけではありませんでした。

Jesus didn't just accept her.
ただ受け入れただけではありませんでした。

Jesus accepted her problems.
イエス様は彼女の問題を引き受けました。

Jesus accepted all of her failures, her sins, her guilt and shame.
彼女の失敗、宗教上の罪、道徳上の罪、そして恥辱を全て引き受けました。

Let's remember back to the original question that Jesus asked the woman.
イエス様が婦人に尋ねた最初の質問を振り返って見てみましょう。

Jesus asked her for a drink.
イエスさまは彼女に水を飲ませて欲しいと頼みました。

He didn't just ask for permission to use the well.
単に井戸の使用許可を求めただけではありませんでした。

He was asking her to give him a drink from her own drinking container.
彼女の器から水を飲ませて欲しいと頼んだのでした。

This is a woman whom everyone had rejected.
これは誰もが拒絶した婦人です。

It's not just that she was at the well by herself to avoid other people
彼女が他の人と会うのを避けるため一人でその井戸にいたと言うだけのことではありません。

Everyone else also avoided her.
他の人も皆積極的に彼女を避けました。

She was ostracized and isolated.
彼女は仲間外れにされ拒絶されていました。

People would avoid her
人は皆彼女を避けようとしました。

People thought that having contact with her would cause themselves to be considered unclean
彼女と接すると自分が不浄な者と見なされる原因になると彼らは思いました。

That’s why everyone avoided her.
だから誰もが彼女を避けました。

So, why did Jesus talk to her?
ではイエス様はなぜ彼女に話しかけたのでしょうか?

How could Jesus have contact with her like this?
どうすればこのように彼女と接することが出来たのでしょうか?

How would it have been possible for Jesus to accept a drink from this woman's container without becoming spiritually contaminated, unclean, himself?
どうすれば 自身が霊的に穢れることなくまた不浄になることなくイエス様はこの婦人の器の水を受け入れて飲むことが可能だったのでしょうか?

He couldn't!
実は出来ませんでした。

That's right. You heard me correctly.
そうです、出来なかったのです。聞き間違いではありません。

Jesus couldn't be together with this woman, He couldn't experience this personal contact with her, without taking her spiritual uncleanness onto Himself.
イエス様ご自身が彼女の霊的な汚れを負わなければ 彼女と一緒にいることも彼女と個人的に接することも出来ませんでした。

And that's just the point.
そしてそれこそが重要なポイントです。

That is exactly what Jesus did.
イエス様はまさにそうなされたのです。

That is the reason that Jesus came into this world.
そのためにイエス様はこの世に来られました。

That is why He “had to” go through Samaria.
それこそイエス様がサマリアを通らなければならなかった理由です。

That is why he talked to the woman at the well.
井戸にいた婦人に話しかけたのはそのためです。

That is why he asked her for a drink from her own container.
彼女の器から水を飲ませて欲しいと願ったのはまさにそのためです。

It was certainly not to show that she was clean and acceptable in the first place.
決して、彼女はもともと清くそして受け入れる価値があったことを示すためではありませんでした。

It was not to simply show other people that Jesus accepted her as she was, even though other people did not.
他の人は誰も彼女を受け入れなかったのにイエス様はありのままの彼女を受け入れたという事をただ単に彼等に示すためではありませんでした。

Jesus was not even just trying to raise her personal self-esteem.
彼女の自尊心をただ高めようとさえしませんでした。

Jesus went to this woman just as she was.
イエス様はありのままの彼女のところに行きました。

He reached out His hand to rescue her from her isolation, from her loneliness.
彼女を孤立からそして淋しさから救い出すために手を差し伸べました。

The woman had gone to the well to draw water.
その婦人は水を汲みに井戸に行きました。

But Jesus had gone to the well to draw the woman to Himself.
しかしイエス様は彼女をご自分に引き寄せるために井戸に行きました。

At the beginning of his gospel John declared:
ヨハネはその福音書の冒頭で明らかにしています:

(Yet) to all who received him, to those who believed in his name, he gave the right to become children of God—(John 1:12)
しかしこの方を受け入れた人々、すなわちその名を信じた人々には神の子どもとされる特権をお与えになった”(ヨハネ1章12節)

At the well on that hot afternoon, Jesus held out God’s hand of reconciliation.
あの灼熱の午後の井戸端で イエス様は神の和解の御手を差し伸べられました。

He offered the Samaritan woman acceptance and healing.
サマリアの婦人を受け入れそして癒しを与えました。

It was the gift of God.
それは神からの賜物でした。

Paul tells us in his letter to the Romans that:
パウロはローマ人への手紙の中で私達に次のように告げています:

(For) the wages of sin is death, but the gift of God is eternal life in Christ Jesus our Lord. (Romans 6:23)
罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。”(ローマ6章23節)

This woman had been like those flowers in a vase – cut off from the source of life.
この婦人は、命の源から切り離された花瓶の中のあの花のようでした。

But Jesus had come to give her living water.
しかしイエス様が生ける水を彼女に与えに来てくださいました。

Instead of rejecting and condemning her for her sins,
その罪の故に彼女を拒んだり非難したりするのではなく

By accepting her, Jesus was showing this woman that He not only knew everything about her;
彼女を受け入れる事でイエス様はこの婦人について全てを知っているだけでなく

Jesus was actually taking the burden of all her sin upon Himself
現に彼女の全ての罪の重荷をご自身が引き受けたことを彼女に示されました。

He was offering her eternal life.
イエス様は彼女に永遠の命を与えようとしました。

This was God’s free gift.
これは神からの無償の贈り物です。

It was God’s personal gift for her.
神から彼女への個人的な賜物でした。

And it was when she began to understand that this is what Jesus was doing, she
was able to become honest about herself.
そしてイエス様がそうして下さってることを理解し始めたとき 彼女は自分に正直になることが出来ました。

This is who Jesus is.
これこそがイエス様の真のお姿です。

So, Jesus calls us to know Him, to experience Him, personally and intimately.
ですから、イエス様は私たちが個人的にそして親しくイエス様を知り 経験するよう呼びかけておられます。

Instead of hiding from and avoiding our problems, Jesus asks us to trust ourselves, everything about ourselves, to Him.
問題から隠れたり避けたりするのではなく自分の全てをイエス様に委ねるよう願っておられます。

Because He has already taken our burdens and dealt with them on the cross,
イエス様が既に十字架上で私たちの重荷を引き受けて処理して下さったおかげで

The shame and the pain of our burdens are not ours to carry anymore.
恥辱や苦痛という重荷をもはや私たちは負わなくてもよいのです。

Instead, Jesus offers you a better gift:
その代わりに、イエス様はより良い贈り物を私達にお与えになります。

Springs of living water that well up to eternal life.
それは永遠の命に至る生ける水が湧き出る泉です。

Taste and see that the LORD is good; blessed is the man who takes refuge in him. (Psalm 34:8)
主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。幸いなことよ 彼に身を避ける者は。(詩編34章8節)


Father God:
父なる神様:

We all so much want to be accepted. 
私達は皆受け入れられたいと切に望んでいます。


We try so hard in life to do the right things. 
人生の中で正しいことをしようと必死に努力しています。


We try so hard to get recognized (accepted) by the people
around us.
 
廻りの人に認めてもらおうと懸命に励んでいます。

But when we feel that we have failed, 
しかしそれに失敗して挫折を感じる時


When we think that other people don’t accept us 
他の人に受け入れてもらえないと思う時


When we find it hard to accept ourselves 
そして自分自身を受け入れることが困難だと分かる時


We hide  
私達は身を隠します。


But You have come to us in Jesus to show us that You already accept us
しかしあなたは既に私達を受け入れておられることを示すためにイエス様の姿となって私達の所に来てくださいました。

You love us, just as we are. 
あなたは私達をありのままに愛して下さります。


And so You call us out of our hiding.
そして隠れた私達を呼び出して下さります。

You ask us to trust in Your love. 
あなたは私たちがあなたの愛に信頼をおくように求めておられます。


And You teach us that we can be honest about ourselves 
そして私たちが自分に正直になっても大丈夫だと説いておられます。

because the truth of Your love covers all of our weaknesses.
なぜならあなたの愛の真が私達の全ての弱点を覆い隠してくれるからです。

So I pray that You will cover each of our lives with the truth of Your love for us -
どうかあなたの私達への真の愛で私たち一人一人の命を包んで下さい。

so that we will all know Your healing peace in our hearts  
そして私たち皆があなたから受けた癒しの平安を心の内に知ることが出来ますように


and that our lives will overflow with Your own life within us  
私たちの盃があなたご自身の命で私たちの内に溢れますように


In Jesus’ name
感謝と願い、イエス様のみ名を通してお捧げします。

Amen
アーメン