gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

Praise the Lord
Psalm 117:1-2


During our recent summer vacation, my family took three other children to Australia for a couple of weeks study abroad. We stayed in a small town on the coast north of Brisbane where my sister lives. During the day, the children went to a local school, but we also had plenty of time for site seeing. The nature of that area was just amazing – we walked along soft sandy beaches, through tropical rain forest, and saw whales right up close.

One night, we bought take away and ate dinner outside on a long pier. As we ate, we looked up at the billions of stars in the Milky Way.

It looked something like this, and it was just so amazing to see how many stars were there. The whole sky was ablaze. They were literally uncountable.

But let’s turn it around for a moment. Instead of looking at the stars from the earth, let’s look at the earth from the stars.

From space, we can see the outlines of the continents: we can see land and sea. From above, the earth has a oneness about it. It looks like it is one…earth.

Let’s zoom in look closer. We see coastlines, mountains and rivers.

They are natural, of course, but they form borders: boundaries between countries.

But we can also see walls and fences that people have erected for the same purpose. Walls to keep people out. Fences to keep people in.

Borders can define identity. Even though we live on this same earth, many things are very different, just because of where we were born. The citizens of some countries enjoy political and other freedoms. Other countries impose strict controls on what their people can say and do, and where they can or cannot go.


But there are even great differences within individual countries. Even in the same country, you will see affluence, and you will see poverty. Some people have great abilities, and some have severe disabilities. There are people whom society praises, and people whom society rejects.

This is the world that we live in!

Let’s look back at the Bible reading that we read just before: “Praise the Lord!”

Now, who should praise the Lord?

“All you nations and all you peoples.”

Now, did you know that there are just under 200 countries in the world. Countries that have developed their own unique cultures and languages. People who look different. People who sound different. People who do things differently. There is a lot of variety – even here in this room today!

But the Bible calls on all peoples from all nations to praise the Lord.

Yes, there are some things about us that are different. But some things are the same. Things that are fundamental.

Some people eat rice and pickles for breakfast, some people eat toast. But we all have to eat to live. Some people traditionally wear shirts and trousers, some kimonos, and some even grass skirts. But we all cover our bodies with some sort of clothing. We all have the same number of bones in our bodies, and if we cut ourselves, we bleed the same colored blood. We are all born into this world naked, with nothing. And when we leave, no one can take anything with them. In spite of the many superficial differences, the fundamentals of our humanity are the same.

If we thought we really are different, then it should be a shock to realize that we have these things in common! However, it should not be surprising to us if we have all come from the same source.

Science says we do. Science says we all have a common ancestor. That means that we have all come from the same person. So, science says that, in spite of our superficial differences, we, as humanity, are actually really one family. But over time, we have developed different ways of living.


Did you know that the Bible tells us the same thing! The Bible also tells us that we have come from one person:


Ge 3:20 says that Adam, (created first directly by God,) named his wife, (who was created second,) Eve, because she would become the mother of all the living.


This psalm is calling us to look beyond the cultures that we have developed. It challenges us to look beyond the religions and philosophies through which we try to find the meaning and answers to the questions of life. This psalm inspires us to see beyond our respective limited experience and understanding in life, and look to the very source of our lives.

“All you nations and all you peoples:
Praise the Lord!”

So, this is a scripture that hopes for the unity for all of humanity.

“All you nations and all you peoples.”

This psalm looks to eliminate racial and social prejudice:

Whether you have money or are poor; whether you are weak or are strong; whether you have been uplifted by success, or crushed by failure: know your Creator – know the Lord.

If you are in a high position, be humbled. If you are in a low position, be encouraged.

If you have authority over other people, be sobered by remembering that there is One who has authority over you.

If you are being crushed under the authority of another, be comforted by remembering that God has ultimate authority and will bring true righteousness to bear in His time.

This psalm hopes to overcome adversities and divisions. It reaches out to all peoples.

This Scripture does not deny that there are many countries and cultures in the world. It does not claim superiority of one culture over another. It does not aim to highlight the differences or draw attention to our various cultural values. No. But it does reach out to all peoples.

And it calls us to take our attention away from ourselves. It calls us to look up to our Creator.

And by calling us to recognize and praise our Creator, this Scripture seeks to bring unity amongst the Created. Us!

“All you nations and all you peoples: Praise the Lord!”

Now, Verse 2 tells us why we should praise the Lord.

“For great is his love towards us, and the faithfulness of the LORD endures for ever.”

There are two things here. First, it says that we should praise God for His love. The Japanese translates this as blessings/mercy. The King James also says “merciful kindness.” We need to remember that both the English and the Japanese are translations from the original language: Hebrew, and as we look at this briefly now, we will see that these different words do indeed refer to the same thing.

The second thing that we should praise God for is: “His faithfulness endures forever.” Here too, the Japanese, as well as the King James, translates the word “faithfulness” as “truth,” and as I just mentioned, we will see that they also refer to the same thing.

As we know, there are many differences and inequalities in the world. There is so much injustice.

People who don’t deserve bad things, have bad things happen to them. People who do bad things don’t get caught or punished. It isn’t fair.

When we see something unfair, and especially, when we personally experience something we think is unfair, then we cry out for justice.

And so we should. Being moved to action in the face of injustice is a sign of love.

But the reality, is that we are actually very selective in our demand for justice. It is easy for us to see the injustices of others. And we are quick to point out when we have been wronged.

But if we expect true justice, we must expect that the dispenser of that justice be fair and unbiased. He must have the same standard for all.

And so if the judge is truly neutral, if there is no favoritism, then we must also receive the same judgment as everyone else.

Well, the Bible tells us that our Creator God is our ultimate judge. He is holy and righteous. That means that His standard is therefore perfection. It also means that everything that does not meet that standard of perfection must be dealt with. Therefore, sin must be punished.

Col 3:25 tells us:
Anyone who does wrong will be repaid for his wrong, and there is no favoritism.

He is an unbiased judge.

But, let’s look at Psalm 117 verse 2 again.

“For great is his love towards us, and the faithfulness of the LORD endures for ever. Praise the LORD.”

In other words, God loves His creation – that’s us! Great! But at the same time, He must also be true to His character – in other words, to His holiness and His righteousness.

So, while God loves us, anything that does not meet God’s perfect standard must face His judgment.

Do you want to praise the Lord for that?

Maybe, when we turn on the TV news and see the terrible things that people do to each other. Of course, when someone we love has been abused. Absolutely, when we feel that someone has been treating us unfairly. At those times, we want full and fast judgment!

We can praise the Lord for dealing with other people’s wrongs!

But God is not bias


So, can we still praise God?

I don’t know about you, but when it comes to my own life, I don’t want justice. When I look inside myself, standing before holy God, it is not justice, but mercy that I need. I need help! I need to be saved.


“(For) great is his love towards us,…”

Ok then, how has God loved us? What has His love done for us? How can the Holy Judge help me?


Psalm 103 verse 10 tells us that:
“he does not treat us as our sins deserve or repay us according to our iniquities.”

In other words, although God is holy and must judge sin, in His love, He does not punish us.


But if God is righteous, how can this be?


It is possible because of Jesus.

"For God so loved the world that he gave his one and only Son (Jesus) that whoever believes in him shall not perish but have eternal life. Jn 3:16


Jesus had no sin, but He took all of our sin from us. All of it! And Jesus took that sin of ours onto the cross. There, the source of life experienced a physical death. And through that death, the penalty for our sin was paid. And in place of our sin, and instead of the penalty for that sin, Jesus now gives us His righteousness.

So, on the cross, God’s requirement for justice, and our need for mercy, were both fulfilled.


Romans 8:1 declares
“Therefore, there is now no condemnation for those who are in Christ Jesus”

This is what we call grace:
God’s Righteousness At Christ’s Expense.

In other words, because our sin is forgiven, we can expect and experience peace in our hearts; we can experience hope in our hearts; and we can experience joy and strength in our hearts.

That’s what we can praise the Lord for!

There is so much unrest in the world: There are wars against countries and fighting within families. People fight, argue and hurt each other.

But it doesn’t matter who we are, or where we are from. Whether we are rich or poor; healthy or sick; strong or weak; God has reached out through Jesus to give us eternal peace, hope and joy.


That is the love and faithfulness of the Lord.

Is that something you want? Is that something that you would be grateful for? If it is, then you too can praise the Lord.

Let’s pray.

Father God, we so often get stuck worrying about the differences and problems we have with other people. Please help us to stop looking at those things, and to see your faithful love that you have shown to us through Jesus. Please help us to understand your love. Please help us to experience your love in our lives. And please bring peace to us as you fill our lives with thanksgiving and praise for you.

In Jesus’ name, Amen.

主を誉めた絶えよ
詩篇117篇1−2節


この間の夏休み、私の家族は、他に3人の小学6年生を連れて、オーストラリアに数週間の語学研修に行ってきました。ブリスベーンの北の方にある、私の姉が住んでいる小さな町に滞在しました。昼間は、子どもたちは地元の小学校に通い、観光も沢山しました。現地の自然環境はとても素晴らしい物でした。とてもきれいな砂浜や熱帯雨林の中のウォーキング、すごく近くでクジラを見ることもできました。


ある夜、晩ご飯を買って帰って、長い桟橋に座って、夕食にしました。食べながら、天の川の数え切れないほどの星を見上げました。

こんな感じでしたが、星の数に驚きました。空全体が星で輝いていました。どう頑張っても数えるのは不可能でした。

では、ちょっと今のことを逆から見てみましょう。地球に立って星を見上げる変わりに、星の方から地球を観てみましょう。

宇宙から観ると、大陸の形、陸と海とがはっきり見分けられます。上から観ると、地球は一つにまとまっているように感じます。一つの物、一つの地球に観えます。

ちょっとアップにしてみましょう。海岸線、山、そして川が見えます。

当たり前ですが、それは自然にできたものです、でも、国境、国と国の間の境界線にもなります。

でも、壁や柵も見えます、これらは同じ目的を持って、人が造ったものです。人が入って来れないための壁。或は、出て行かれない為の柵。

国境線、境界線というのは、人のアイデンティティを決定してしまうことができます。同じ地球に住んでいながら、只、生まれたところが違うからと言うだけで、人生において多くのことが極端に違ってきます。例えば、ある国に住んでいる人は政治などの面で自由が保障されています。一方、国民が話して良いことといけないこと、行って良い場所といけない場所を厳しく制限してしまう国もあります。

でも、同じ国の中でも大きな違いがあることもあります。例えば、同じ国の中にも、裕福な人も貧しい人もいます。才能の豊かな人もいれば、障害のある人もいます。世の中から賞賛され注目される人もいれば、存在が知られていなかったり、忘れられている人もいます。


これが私たちの住む世界なのです。

さて、先ほど読んでいた聖書の言葉をもう一度見てましょう「主をほめたたえよ」

では、誰が主を誉めたたえるべきだと言っていますか?

全ての国々よ。すべての民よ。

さて、皆さん、現在世界にはおよそ200弱の国が存在していることを知っていましたか?それぞれ独自の文化や原語を築いて来た国々。見た目の違う人。話す言葉の違う人。そして、することの違う人。今日、この部屋の中だけでもたくさんのバラエティがあります。


でも、聖書は全ての国々、全ての民に主を誉めたたえるように言っています。

確かに、私たちの間には色々な違いがあるかも知れません。でも、変わらないこともあります!(それは)とても基本的なこと(です)!

例えば、朝食にご飯やお漬け物を食べる人もいれば、トーストを食べる人もいます。でも、私たち皆が生きていく為に何かを食べなければいけません。同じように、伝統的な服装としてシャツやズボンを着る人もいれば、着物を着る人も、腰ミノを着る人もいます。でも、皆が何かの衣服で自分の体をおおう訳です。皆さんの体の中の骨の数も一緒ですし、もし皮膚が切れたら、同じ色の血が流れます。私たちはみんな何も持たないで、裸で生まれて来ます。そして、同じようにこの世を去るときも何も持っていくことが出来ません。多くの表面的な違いがあるにも関わらず、私たちの人間としての基本的なところは一緒です。

もし、私たちがお互いのことをとても違うと思っていたら、こういう共通点を持つことはショックなことです。しかし、私たちがみな同じ所からきているとしたら、これは驚くべきことではありません。

「その通り」と、科学者が言っています。現代科学が、私たちは皆、共通の祖先をもっていると教えています。私たちはみな、同じ人から始まっている、という事です。多くの表面的な違いがあるにも関わらず、私たちは、人間としては、実は一つの家族だ、と現代科学が教えているのです。只、時代時代を通して、色々な暮らし方が築かれて来た訳です。

皆さん、聖書も同じことを言っている、というのを知っていますか?聖書は私たち人間はみな一人の人から始まっている、と教えています。

創世記3:20 さて、人は(神様によって最初に造られた人アダムです)その妻の名をエバと呼んだ(二番目に造られた人です)それは、彼女がすべて生きているものの母であったからである。

最初に読んだ聖書の言葉は人が築いて来た文化にばかり注目してはいけないと教えています。私たち人間は人生の意味や答えを宗教や哲学を通して見つけようとしますが、そのような物にばかり目を留めないようにと教えています。この詩篇の言葉は私達の経験や理解といった限られたものではなく、私たちの人生の根源的な所に目を向けるようにと言っています。          

全ての国々よ。
すべての民よ。主をほめたたえよ。

この聖書のことばは人類がひとつになることを望んでいます。

全ての国々よ。すべての民よ。

この聖書の言葉は、宗教的社会的偏見を取り除くように望んでいます。

あなたがお金持ちでも貧乏でも、あなたが弱くても強くても、あなたが成功に沸き立っていても、失敗に打ちのめされていても、あなたを造った方、あなたの主を知って下さい。

あなたが高い地位にいるなら、謙遜してください。あなたが低い地位にいるなら、自信(勇気)を持ってください。

あなたが、他の人に対して権威を持っているなら、あなたに対して権威を持っている方が居ることを思い出して、自分を低くしてください。

あなたが、権威の下で打ちのめされているなら、神様こそが究極の権威を持っていて、本当の正義をもたらされるということを思い出して安心してください。


このみことばは逆境や分裂に打ち勝って欲しいと願っています。全ての人を導こうとしています。

このみことばは、世界にたくさんの国や文化があることを否定しているのではありません。ひとつの文化が他のものより優れていると言っているのでもありません。違いに光を当てようとしているのでもなく、様々な文化的価値に注意をひきつけようとしているのでもありません。このみとばは、全ての人を導こうとしています。

そして、自分達自身にばかり注意を向けるのではなく、私達を造られた方を見上げるようにと言っています。

そして、造り主を認め、誉めたたえるよう言うことで、このみことばは造られたもの、そう私達が一つになることを求めているのです。

全ての国々よ、全ての民よ、主をほめたたえよ。

さて、2節では、なぜ主をほめたたえるべきなのか、が教えられています。

その恵は私たちに大きく、主のまことはとこしえに。

ここでは、二つのことが言われています。一つ目は、神様の愛のゆえに私達は神様をほめたたえるべきだということです。日本語では、「恵」と訳されています。英語の古い訳では、“merciful kindness.”「哀れみ深い親切」となっています。ここで私達は、英語も日本語も一つの原語、ヘブル語から訳されていることを思い出す必要があります。そのことを考えると、これらは違った言葉であっても、一つのことを現しているということが分かります。

二つ目は、“His faithfulness endures forever.”「神様のとこしえまで続く誠実さ」のゆえに神様をほめたたえるべきです。ここでも、日本語と英語の古い訳では、“faithfulness ”が「まこと」と訳されています。先ほど、言いましたように、これらは同じことを現しています。

ご存知のように、世の中にはたくさんの違いや不平等があります。たくさんの不正もあります。

何も悪いことをしていない人に悪いことが起こり、逆に、悪いことをしている人は捕まらず、罰も受けません。不公平です。

私達が不公平なことを見る時、特に不公平だと思っていることを個人的に経験するとき、私達は、正義を求めて声をあげます。

それは、そうするべきです。不正に会った時に行動に移すことは、愛のしるしだからです。

でも、実際の所、私達の正義に対する要求はとても選択的です。他の人の間違いを見つけるのは簡単ですが、自分達が間違った扱いを受けると、すぐにそれを指摘します。


でも、私たちが本当の正義を求めるなら、公正で偏らない正義の人を求めなければいけません。その人は誰に対しても同じ基準をもっていなければなりません。

もし、その人が本当に中立で、何のえこひいきも無いなら、すべての人が同じ審判(判断)を受けなければいけません。

さて、聖書は私たちを造られた神様は私達の究極の裁判官(審判者)でもあると言っています。神様は聖く、正しい方です。これは神様の基準は完璧であるということです。
また、この完璧な基準を満たさないものは全て、罰を受けなければいけません。ですので、罪は罰を受けなければいけません。

コロサイ3:25にこうあります。
不正を行う者は、自分が行った不正の報いを受けます。それには不公平な扱いはありません。

神様は偏りの無い審判です。

でも、詩篇117の2節をもう一度見てみましょう。

そのめぐみは私たちに大きく、主のまことはとこしえに。ハレルヤ。

言い換えれば、神様は、造られたもの、そう私たち!を愛しています。すばらしい!けれど同時に、神様は、ご自身のご性質―その聖さと正しさ―に対して真実でおられます。

神様は私たちを愛していますが、神様の審判に対して、その完璧な基準を満たすものは何もありません。

完璧な審判のゆえに、神様をほめたたえたいですか?

テレビのニュースで誰かが大変な思いをしているのを見たら、たぶんそう思うでしょう。自分の大事な人が何かひどい目にあえばもちろん、自分自身が不公平な扱いを受けたと感じれば絶対に、私達はそう思うでしょう。私たちは、完全ですばやい審判を望みます。

私たちは、他人の間違いが罰を受ける時、主をほめたたえます!

でも神様は偏りの無いお方です。

それでも、神様をほめたたえますか?

皆さんはどうか分りませんが、私の人生にそんなことが起きたら、私は正義なんていらない、と思います。神様の前に立って自分の内面を見つめる時、必要なのは、正義ではなく、あわれみだと感じます。助けが必要です、救いが必要です。

その恵みは私たちに大きく

では、神様はどのように私たちを愛しているのでしょう?神様の愛は私たちに何をしてくれるのでしょう。神様の審判はどうやって私たちを助けてくれるのでしょう?

詩篇103:10にこうあります。
私達の罪に従って私たちを扱うことをせず、私達のとがにしたがって私たちに報いることもない。

言い換えれば、神様は聖く、必ず罪を裁かれる方だけれど、その愛によって、私たちを罰さない、ということです。

けれど、神様が正しい方なら、どうしてそんなことができるでしょう。

イエス様によってです。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネ3:16

イエス様は、何の罪も犯しませんでした。でも、私達のために、すべての罪を負われました。全てです!イエス様は十字架で私達の罪を負われました。命の源である方が、肉体の死を経験されたのです。その死を通して、私達の罪の罰は帳消しにされました。私たちの罪の代わりに、罪の罰の代わりに、イエス様の義が私たちに与えられたのです

十字架の上で、神様が正義を求められるということと、私たちが憐れみを必要とするということの両方が満たされたのです。

ローマ8:1はこう宣言しています。
「こういうわけで、今はキリストイエスにあるものが罪に定められることは決してありません。」

これが恵みと呼ばれるものです。
キリストの代償の上に成り立つ、神の正義です。

言い換えれば、私たちの罪が赦されたので、心の平安を期待し、経験することができるのです。希望、喜び、力をも経験することができます


このことのゆえに、私たちは神様をほめたたえます。

世界には、たくさんの争いがあります。国と国の間に戦争がありますし、家庭の中にでさえ、戦いがあります。人々は、戦い、言い争い、傷つけあいます。

でもそれは、私たちが何者であってどこから来たか、ということとは関係ありません。私たちが金持ちでも貧乏でも、健康でも病気でも、強くても弱くても、神様は、イエス様を通して、永遠の平和と希望と喜びを与えてくださいます。

それこそが、神様の愛とまことなのです。

これはあなたが求めているものですか?あなたにとって嬉しいことですか?もしそうなら、あなたこそ主をほめたたえることができるのです。



父なる神様、私たちは、他の人との違いや、問題について思い悩むことがよくあります。どうか、そのようなことを見ないようにしてください。そして、イエス様を通してあなたが見せてくださる真実の愛を見るようにしてください。あなたの愛が解るように助けてください。生活の中で、あなたの愛を体験できるように助けて下さい。そして、あなたの平安を私たちに与えてください、私たちの生活があなたへの感謝と賛美で満たされますように。