gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

The Signs of Jesus (VII)
It is God who holds onto us
Matthew 14:22-33


Have you ever seen a Basilisk Lizard? They are very common in the tropical rainforests of South America. These lizards actually have an interesting nickname:

They are called the Jesus Christ Lizard. Here is why… Amazingly, these lizards can walk – or rather, run on water. What an amazing and unique animal! They are called the Jesus Christ Lizard because, as we have just read, Jesus Himself walked on water.


Now, I am not going to even think about HOW Jesus did that – it was obviously a miracle. But in his gospel, John describes Jesus’ miracles as being SIGNS. The miracles therefore had a deeper purpose beyond the actual miracles themselves. So, what we need to do is look to see what these signs are actually pointing to.


Jesus’ disciples were at Lake Capernaum. They got into a boat, and started to row to the other side. It grew dark, the wind grew stronger, and the waves grew bigger. The disciples suddenly and unexpectedly found themselves in the middle of a storm.

Then, even more unexpectedly, they saw Jesus coming towards them. He was walking on the water! However, just as when Jesus miraculously fed the great crowd, in fact, just as with every miracle, the writer simply tells what Jesus did as though it was a common, everyday experience. There is no nuance or emphasis that what Jesus did was amazing. To the mere human, what Jesus does is beyond our expectation, ability, and comprehension. It is miraculous! But to the Creator of nature, it is, of course, completely natural!

Nevertheless, when the disciples saw the form of Jesus walking on the water in the middle of that storm, they were filled with fear.

When the disciples saw him walking on the lake, they were terrified. "It’s a ghost," they said, and cried out in fear. But Jesus immediately said to them:

"Take courage! It is I. Don’t be afraid." (Matthew 14:26-27)

Jesus spoke words of comfort and relief right into the midst of their fear. "Take courage! It is I. Don’t be afraid." Why did Jesus tell his disciples not to be afraid? What reason did he give for them to take courage?

It was because of himself. It was because it was he, Jesus, who was there with them. The disciples had found themselves in a storm, but Jesus was right there with them. At first they didn’t recognize him. In fact, at first, it seemed that Jesus was the actual cause of their fear. But Jesus called out to relieve that fear. He told them that they were alright because he, Jesus, was there with them.

This is the message of the Bible for all of us. Our holy Creator, from whom we have been separated by sin, comes to us in the midst of our weakness and trouble. He calls out to our hearts: "Take courage! It is I. Don’t be afraid."

Now, Jesus’ disciples were in the process of learning to believe in him. So I want to look at a couple of points from today’s passage about this belief. It is what we call faith.

First, apart from Peter, there were eleven other disciples in the boat. Why did Jesus call Peter to himself? It was because Peter asked Jesus to. Faith turns our attention from our own selves and our own situations, and focuses on God. Peter asked, and Jesus answered!

Next, faith seeks to be with God. Peter asked Jesus: “Lord, if it is you…” Peter wasn’t asking Jesus for special power to do miracles himself. He wasn’t trying to impress the other disciples. All he was doing was asking to be with Jesus. Faith draws us to God’s side.

Also, faith waits on the Lord. Peter didn’t just jump into the water. He didn’t make a decision by himself and expect Jesus to cover for him. He asked Jesus with the expectation of getting a response. But he didn’t just go ahead by himself. He submitted himself to the Lord’s will.

Next, faith trusts and obeys. Peter had certainly never walked on water before this. And even though it was Peter who had asked Jesus to call him over, if he had stopped to think about his situation, Peter would surely never have stepped out of the boat. But Peter’s faith told him that Jesus would enable him to do what ever Jesus asked of him.

Faith is also passionate. Peter trusted Jesus completely, and that faith gave Peter the courage and the eagerness to get closer to Jesus, to know him more, to trust and obey him more.

Finally, Jesus himself is the goal of faith. When Peter got out of the boat, he walked straight to Jesus. He did not show off in front of the other disciples. Stepping out of the boat and onto the water didn’t give Peter the sense that he had the right to suddenly do whatever he wanted. The whole purpose of Peter’s faith in Jesus was to personally become closer to Jesus – to actually be with him. Jesus is the goal of faith.

So, that is what we can learn about faith from this story. But what happened to Peter? Was Peter’s faith enough to help him? Was his faith in Jesus strong enough to save himself? As we look at this, I want to tell you a true story.

Steve was a pastor and lecturer where I went to Bible college. He had a daughter whose nickname was Rainbow. Rainbow believed in the Creator God. She understood the problem of sin, and she believed that Jesus had completely paid the penalty for her sin through his death on the cross.

But unfortunately, she had made some seriously bad decisions in her life. As a young adult, she became involved in drugs. The drugs influenced her. They controlled her. They altered her mind and changed her body. Even though she wanted to quit drugs, she was not able to, and one day, so sadly, she was found dead in a public toilet after an overdose.

Her father told this story at her funeral: One day, when she was about 1 ½ years old, their family was walking in the mountains. The path was a bit rough, and Rainbow kept tripping and falling over. Time after time, her father held out his hand to hold hers, but she insisted that she could walk by herself. But after a couple of steps, she would fall down again.

After this process had continued a number of times, she finally asked her father to hold out his hand for her. “At last” her father thought. “She finally understands!” However, when he tried to hold her hand, she refused, and insisted that she hold onto his little finger. So, they kept walking, but of course, as soon as she tripped, she immediately let go of his finger and fell to the ground again. She wasn’t strong enough to hold on. But she still insisted that she was alright, and refused to let her father hold her hand.

Finally, though, tired and sore, she gave up, and asked her father to hold her hand. And as they walked, because the path was rough, she tripped again. But this time, it was her father who was holding onto her. He was much, much bigger and stronger than her, and though she stumbled, he didn’t let go. Although she lost her balance, he kept her on her feet, and enabled her to keep walking.

Steve continued to explain to us that this is our situation, even regarding God. We try to live our lives the way we want to. We rely on our own wisdom to make decisions, and we try to walk using our own strength.

But as soon as there is a problem, we fall down. As soon as we stumble, we lose our balance. We get hurt, or hurt other people around us. Then we reach out to the people and things around us for support.

But these things are never able to give us more than a very brief respite – maybe only as much as a distraction to stop us seeing the ground rushing up to meet us!

But what if it is God that we are relying on? What if it is God that we are trying to hold onto for support? If we are trying to hold onto God, will that be enough for us?

Well, the answer is no!

Are you surprised?

That’s probably not the answer you were expecting in a message from the Bible! But this is how Steve explained it to us at his own daughter’s funeral:

Just as little Rainbow wasn’t strong enough to hold onto her father’s finger, we also are not strong enough to hold onto God by our own strength. However, the Bible teaches us that it is God who holds onto us! And even though Rainbow was not strong enough to hold onto God, Steve shared his biblical faith that, even in that tragic toilet block, Jesus was right there holding onto his broken daughter to comfort her and receive her into his kingdom. No, she was not strong enough, but Jesus is!

Returning to today’s story, Peter also became distracted. He meant well. He had put his trust in Jesus, and was sincerely seeking to walk in that faith to be with his Lord. That was the right thing for him to do. However, even Peter wasn’t strong enough. As soon as he focused on his own situation, as soon as his eyes saw what was around him, his mind imagined the dangers, his heart felt his own weakness, his position looked impossible, and so he immediately began to sink.

As we remember, John has called these miracles that he wrote about “signs.” As signs, they are designed to tell us who Jesus is, and at the same time, to inform us about who we are!

Remember that Jesus fed that great crowd of people to show that, on the one hand, they didn’t have what was necessary to help themselves, but on the other hand, Jesus does, and Jesus wants to use what he has to help.

And now again, Jesus is not teaching some mystical religious power about how we can actually walk on water. What we learn from here is that Peter, in spite of his good intentions, was not able to reach Jesus by himself. His faith was strong in principle, but in practice, it was weak.

But where Peter was weak, Jesus is strong. The reason that Peter did not sink completely, the reason that he was able to keep his head above water, was not because he was holding onto Jesus, but because Jesus was holding onto him.

And when they climbed into the boat, the wind died down. Then those who were in the boat worshipped him, saying, "Truly you are the Son of God." (Matthew 14:32-33)

In the same way, we are not strong enough to hold onto God. But it is God who holds onto us. No matter what happens, He continues to hold onto us! Faith is for us to trust Jesus, and to keep remembering that it is he who holds onto us.

Are you trying to walk by yourself? Peter called out to Jesus: “Lord, let me come to you on the water.” In the same way, whether we are in a time of peace, or storms rage around us, Jesus comes to where we are and invites us to know him. He invites us to trust him. Jesus invites us to come to him. And because he is faithful, because he is strong, he will never let go of us.

Lord, let us come to you!

イエス様のしるし(7)
神様こそが私たちをつかんで下さる
マタイ14章22−33節


皆さんはバシリスクリザードを見たことがありますか?これは南アメリカの熱帯雨林ではよくみかけるトカゲです。実はこのトカゲには大変面白いニックネームがつけられています。

彼らはイエスキリストトカゲと呼ばれています。その理由は驚くべきことに彼らは水の上を歩くというより走ることが出来るからです。何と驚嘆すべきそして風変わりな動物でしょう。そして彼らがイエスキリストトカゲと呼ばれるわけはただ今聖書を読んで学んだようにイエス様ご自身が水の上を歩かれたことにちなんで名づけられたものです。

ここで私はイエス様がどのようにして水の上を歩かれたかについて考えようなどとは思いません。それは明らかに奇跡の御業でした。しかしヨハネは彼の書き残した福音書の中でイエス様の行われた奇跡を「しるし」として記述しています。したがってそれらの奇跡には実際におきた奇跡のほかにさらに深い目的が隠されていました。そこで私たちはこれらの「しるし」が本当に指し示しているものが何であるかを注意深く見る必要があります。

イエス様の弟子たちはカペナウム湖にいました。彼らは舟に乗り向こう岸へ向けて舟を漕ぎ出しました。あたりは暗くなり風が強まりさらに波が高くなってきました。気が付くと弟子たちは突然そして予想だにしない嵐の中にいました。


さらに思いがけないことに彼らはイエス様が彼らの方に向かってくるのを見ました。イエス様は水の上を歩いていたのでした。しかしイエス様がお腹をすかせた群衆を満腹させたという奇跡の業をなさった時またその他になされた全ての奇跡の時と同じように筆者のマタイはこのことをイエス様はあたかも日々のごく当たり前の事柄としてなされたと淡々と述べています。そこにはイエス様がなされたことが驚くべきことだというニュアンスは全くなくまたそのことを強調しようともしていません。平凡な人間にとってはイエス様がなされたことは私達の予想、能力、そして人智を超えるものです。それはまさに超自然的なできごとです。しかし自然の創造主にとってはそれは全くもって必然的なことなのです。

にもかかわらず嵐の真っただ中で水の上を歩いてくるイエス様の姿を見た弟子たちの心は恐怖で一杯になりました。


弟子たちはイエス様が水の上を歩いておられるのを見て幽霊だとおじ惑い恐怖のあまり叫び声をあげました。しかしイエス様はすぐに彼らに声をかけて

「しっかりしなさい。私である。恐れることはない」と言われました。

イエス様は恐怖心にかられた弟子たちに慰めと救いの言葉をかけられました。「しっかりしなさい。私です。恐れることはありません。」と。 なぜイエス様は弟子たちに恐れるなといわれたのでしょうか?何を根拠に彼は弟子たちに勇気を持ちなさいと言われたのでしょうか?

それはイエス様ご自身の故です。彼らと共にいるのがイエス様だからです。弟子たちは気が付くと嵐の中にいました。しかしイエス様は彼らのいるところに彼らと共におられたのです。最初彼らはそれがイエス様だと気づきませんでした。むしろ彼らが恐怖心を抱いた原因はイエス様にあったようでした。ところがイエス様はその恐怖心を取り除くために彼らに声をかけられました。イエス様は弟子たちに彼が彼らと共にいるので大丈夫だと告げたのです。

これこそ聖書が私達皆に伝えているメッセージです。私たちは罪のために神から離れてしまったのですが聖なる創造主は私たちが弱っている時そして困難のさ中にある時に私たちのもとに来てくださいます。彼は”しっかりしなさい。私です。恐れることはありません”と私たちの心に呼びかけてくださいます。

さて弟子たちはイエス様を信じることを学ぶ過程にありました。そこで信じることについて今日の聖句から数点取り上げてみたいと思います。それは信仰についてです。


まず第一に舟の中にはペテロのほかに11人の弟子たちが乗っていました。どうしてイエス様はペテロを彼のもとに呼んだのでしょうか?それはペテロがイエス様のところに来るように命じてくださいとお願いしたからです。信仰は自分自身そして今自分が置かれている状況から神様に注意を向けさせます。ペテロはお願いをしイエスは応えられました。

次に信仰は神と共にいることを求めます。ペテロはイエス様に「もしそこにおられるのがあなたでしたら」と問いかけます。ペテロは彼が奇跡をおこす特別な力をイエス様に下さいと願ったのではありません。彼は決して彼の行いで他の弟子たちを感心させようとしたわけでもありません。彼が願ったのはただイエス様と共にいることでした。信仰は私たちを神のもとに引き寄せます。

また信仰は神に仕えます。ペテロはただ水の中に飛び出したのではありません。彼が自分で決めたのではなくまたうまくいかなかったときにイエス様が彼をカバーしてくれることをあてにしたわけでもありませんでした。彼はイエス様が応答してくれることを期待して願ったのです。しかし独りよがりでそうしたわけではありません。彼は彼自身を主のみ心に委ねたのです。

次に信仰は信頼することそして従順になることです。勿論ペテロはこのとき以前に水の上を歩いたことはありませんでした。自分をイエス様のところに来るように命令してくださいと頼んだのはペテロでしたけれどももし置かれた状況を考えたなら決して舟から出るようなことはしなかったでしょう。しかしイエス様がペテロに求めることはイエス様故になんでも実現可能になるとペテロの信仰が彼にそう告げたのです。

信仰はまた情熱的でもあります。ペテロはイエス様を完全に信頼していました。そしてその信仰がペテロに勇気と熱意を与えその結果よりイエス様に近づきよりイエス様のことを知り更に信頼し従うようになったのです。

最後にイエス様その方こそが信仰の最終到達点なのです。ペテロは舟から出た後イエス様の方に真っ直ぐ歩いて行きました。他の弟子たちの前でそのことを見せびらかそうとしたわけではありません。舟から水の上に踏み出ることによって突如なんでも望むことをする権利を得たという意識を彼が得たわけでもありません。ペテロのイエス様に対する信仰の本当の目的は彼自身がよりイエス様に近づくことつまりイエス様と共にいることでした。イエス様こそが信仰のいきつくゴールなのです。

そのことを信仰についてこの話から学ぶことが出来ます。しかしペテロに何が起きたのでしょうか?ペテロの信仰は彼を助けるに十分なものだったのでしょうか?彼のイエス様への信仰は彼を助けるに十分強いものだったのでしょうか?このことをふまえてこれから実際にあったお話をします。

スティーブは私が聖書を学ぶために通った大学の牧師兼講師でした。彼には愛称がレインボーという娘さんがいました。レインボーは創造主である神を信じていました。彼女は罪の問題についてよく理解していました。そしてイエス様が十字架上の死でもって彼女の全ての罪の代価を払ってくださったと信じていました。


しかし不幸なことに彼女は生きていく中で大変重大な間違いを犯しました。成人して間もなく麻薬に手を染めたのです。麻薬は彼女に悪影響を与えました。薬が彼女を支配しました。薬が彼女の心そして体を蝕み変えてしまったのです。彼女は薬を止めたかったのですがそれができず悲しいことにある日薬の取り過ぎのため公衆トイレの中で死んでいたのです。


彼女の父親は葬式で次のような話をしました。ある日彼女がまだ一歳半のころ家族で山の中を歩いていました。道が少々険しかったのでレインボーは度々つまづきそして転びました。幾度となく父親は彼女の手を掴もうとして彼の手を伸ばしましたが彼女は一人で歩けると言い張りました。しかしその後数歩進むとまた倒れたのでした。


何度も何度もそれが繰り返されたのち彼女はとうとうお父さんの手を彼女の方に差し出すように頼みました。「ようやく」と父は思いました。 「やっと彼女はわかったんだ」と。しかし父親が彼女の手を掴もうとすると彼女はそれを拒み彼女がお父さんの小指につかまると言い張ったのです。そして彼らは歩き続けました。でも彼女が躓くと彼女の手はお父さんの小指から離れてまた倒れたのでした。彼女はお父さんから離れないようにしっかり掴まることができなかったのです。それでも彼女は自分は大丈夫だと言い張りお父さんが彼女の手を掴むことを拒んだのです。


けれども疲労と痛みでとうとう彼女はお父さんに彼女の手を掴むように頼みました。そして歩いていくと道は相変わらず険しいために彼女はまた躓いたのでした。でも今度はお父さんが彼女をしっかりと掴んでいました。彼は彼女よりずっと強かったので彼女が躓いてもお父さんは手を離しませんでした。彼女はバランスを失いましたがお父さんが支えていたため転ぶことなく歩き続けることが出来ました。


スティーブはさらに続けてこれは神との関係において我々にも当てはまる状況だと説明しました。我々は我々が望む生き方をしようとします。我々は物事を決定するとき我々の知恵に頼ろうとします。そして我々自身の力を使って歩こうとします。


しかし問題がおこるやいなや我々は倒れます。躓くとすぐにバランスを失います。そして我々は傷つき或いは廻りの人を傷つけます。そして手を伸ばして廻りの人や物に救いを求めます。


しかしこれらの物は決してほんの一時的な逃れ以外の何物をも私たちに与えてくれるものではありません。多分倒れて今にも地面にぶつかりそうになったときせいぜいそれが見えないように顔をそらして一時的に気をまぎらす程度のことでしょう。

しかしもし我々が神を拠り所とすればそれだけで十分なのでしょうか?もし支えてもらうためにつかまる相手が神であったらどうなるのでしょうか?そしてもし神に必死にすがっていればそれだけで十分なのでしょうか?

答えはノーです。

この答えに驚きましたか?

聖書のメッセージから読み取る答えとは違っていると思われるでしょう。しかしスティーブは娘さんの葬儀の時にこのことについて次のように説明しています。

幼いレインボーがまだ力が弱くてお父さんにしっかり掴まることができなかったように私達も自分の力だけで神にしっかり掴まることは出来ません。しかしながら神様が私たちをしっかりと掴んで下さっていることを聖書は私たちに教えています。そしてレインボーは神様から離れないようにしっかりと掴まることができませんでしたがあの悲劇的なトイレの一室の中においてさえもイエス様は失意の娘をしっかりと掴み彼女を慰めそして神のみ国へ迎えるためにそこにおられたというまさに聖書が説く信仰をスティーブは感じとっていたのでした。確かに彼女は強くありませんでしたがしかしイエス様は強いお方です。



今日の話に戻りますがペテロも心を乱して失敗しました。よかれと思ってとった行動でした。彼はイエス様に信頼を置き彼の主と共にいたいため信仰ををもって心から水の上を歩こうとしたのです。それが彼がなすべきことでした。しかしペテロもやはり十分な強さを持っていませんでした。彼が自分自身の状況に目を向けた途端そして廻りの物が彼の目に映った途端に彼の頭が危険を想像し心は弱さを感じとり置かれてる状況は制御不能に見えたちまち彼は沈み始めたのです。


思えばヨハネは彼が書き残したこれらの奇跡を「しるし」と呼んでいます。「しるし」にはイエス様とは誰かを私たちに告げ同時に我々は誰かについて我々に知らせる意図があります。


イエス様がお腹をすかせた大勢の群衆を満足させたことを思いだしてください。それは一つには彼らは彼ら自身の状況を助けるために必要なものを持ち合わせていなかったため他方イエス様はその必要なものをもっておられそして彼らを助けるためにそれを使いたいと願っていることを示すためでした。

ここでもイエス様は私たちがどうすれば水の上を歩くことが出来るかについての神秘的宗教的な力を教えているのではありません。このことから私たちが学びとることはペテロは彼が意図したことは良かったにもかかわらず彼自身の力でイエス様のところに到達することは出来ませんでした。彼の信仰は原則では強かったのですが実際は弱いものだったということです。


しかしペテロが弱い面においてイエス様は強いお方でした。ペテロが完全に沈まなかった理由はそして彼が溺れることなく頭を水の上に保てた理由は彼がイエス様に掴まっていたからではなくイエス様が彼をしっかりと掴まえていたからです。


二人が舟に乗り込むと風は止みました。すると舟にいた者たちはイエスを拝して「本当にあなたは神の子です」と言ったのです。


同じように私たちも神様をしっかりと掴まえる強さを持っていません。しかし神様が私たちをしっかりと掴まえて下さいます。何が起ころうとも神様はずっと私たちを掴まえておられます。信仰とは私たちがイエス様を信じることそして彼が私たちをしっかり掴まえて下さっていることを覚えることです。

あたなはまだ一人で歩くおつもりですか?ペテロはイエス様に声をかけて言いました:主よ私をあなたのみもとにいかせてくださいと。同じように平安な時も或いは嵐が吹き荒れていようともイエス様は私たちのいるところに来てくださり彼のことを知るように招いてくださいます。彼を信じるようにと私たちを招いておられます。イエス様は誠実なお方そして強いお方故に決して私たちを見捨ててその手を離すようなことはなされません。

主よどうか私たちをあなたのみもとに行かせてください。