gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

Your True Value
Luke 19:1-10


There was once a little girl who had a necklace of plastic pearls. She had bought them at the toy store with her own money. They were her greatest treasure.

She loved those pearls. She wore them under her shirt at school. She showed them off proudly to all her friends. She even wore them when she slept at night.

Now, this little girl had a very loving father, and every night he would stop whatever he was doing and put her to bed. One night, he asked her: “Do you love me?”

“Oh yes, Daddy.” she said. “You know that I love you.”

“Then give me your pearls.” He replied.

“Oh, Daddy, not my pearls. You can have anything else, but please, not my pearls.”

“That's okay, dear. Daddy loves you. Good night.” And he gave her a kiss on the cheek.

About a week later, when he was putting her into bed, her father asked her again: “Do you love me?”

“Of course! Daddy, you know I love you.”

“Then give me your pearls.”

“Oh Daddy, please - not my pearls. Anything else! You can have any of my toys, but please don’t take my pearls.”

"That's okay. Sleep well. Daddy loves you." And as always, he gave her a gentle kiss on the cheek.

A few nights later when her father came in, the little girl was sitting on her bed. As he came close, he noticed her chin was trembling and a silent tear rolled down her cheek.

What's the matter?” asked her father.

She didn’t say anything, but slowly lifted her hand up to her daddy. And when she opened it, there was her little pearl necklace. With a shaky voice, she said, "Here, Daddy. It's for you."

With tears gathering in his own eyes, her kind father reached out with one hand to take that cheap plastic toy necklace, and with the other hand he reached into his pocket and pulled out a blue velvet case. When she opened it, there was a necklace made of genuine pearls. Then her father took the pearls and carefully placed them around his daughter’s neck.

He had had them all the time. He was just waiting for her to give up the pretend toy so he could give her his genuine treasure.


This story made me think of Zacchaeus. He was a Jew who lived in Israel about 2000 years ago. At that time Israel was under the control of Rome.

But although Rome ruled the land, it kept the local government in place to maintain the basic function of that country. Yet in spite of this limited freedom, Israel was nevertheless a prisoner of Rome. And as a result, the Jews were forced to pay their taxes, not to their own government, but into the pockets of Rome.

You can imagine, therefore, that the people who collected taxes from the Jews were not very popular. In fact, they were considered to be traitors, because the tax collectors were actually Jews themselves. That means that they were taking money from their own countrymen to give to the enemy.

Not only that, but the tax collectors also lined their own pockets with the money they took. They were personally profiting from their crime against their country. But their betrayal didn’t stop there. They also passed on information about their own countrymen, like spies, to the Romans.

So, tax collectors were considered to be the lowest of the low. They were not respected; they were not trusted, and they were certainly not liked.

Zacchaeus was one of these people. In fact, he was not just a tax collector, he was a chief tax collector. His so-called job had made him very rich at his countrymen’s expense.

So, the people despised Zacchaeus. If you had seen him walking towards you on the street, you would have crossed over to the other side to avoid him. He was resented for who he was, and he was loathed for what he did.

Now, one day, Jesus was passing through Jericho, which is where Zacchaeus lived. Jesus had just been teaching about God’s justice and mercy, and had also done miracles of healing along the way. So when the people of Jericho heard that Jesus was in the area, they came out as a big crowd to see him.

Zacchaeus also wanted to see Jesus. But he was short, and he couldn’t see because of the crowd. It’s not hard to imagine, really. There were lots of people there, and none of them liked Zacchaeus. Do you think that they were going to make way to give him a better view?

So, what did he do? He ran ahead and climbed a tree so that he would be able to see Jesus when He passed by.

Many years ago I saw the Gion Festival in Kyoto. I have never seen so many people in my life. Shijo Kawaramachi was just a sea of heads. You couldn’t see the horizon.

I wanted to see better, so I climbed the safety rail on the side of the road. But as soon as I stood up, two police officers quickly ordered me to get down again.

“I see! The nail that stands up will be hammered down!”

Well, if I had thought about it properly, I should have known that I would have been told off.

But what about Zacchaeus? Was this just a case of curiosity? Surely he must have known that climbing the tree would have made him stand out. Wasn’t it obvious that everyone else there would have reacted negatively?

On the one hand, maybe he had nothing to lose by climbing the tree. He wasn’t going to lose any friends, because nobody liked him anyway. But why purposefully put yourself in a position where you know you are going to get criticized?

Maybe it was just that Zacchaeus simply didn’t care what other people thought about him. It is quite possible, considering what he did as a tax collector, that he was totally absorbed by his own self-interest, and so was completely indifferent to the thoughts and feelings of the people around him. If that were so, then he wouldn’t have cared about everyone’s reaction to him.

But at the same time, it makes me wonder why he seemed so eager to see Jesus. As a chief tax collector, Zacchaeus, at least in his own mind, must have felt very self-important. That’s why I think this is interesting. Why make the effort to climb a tree? Children climb trees. Chief tax collectors don’t! Why was it so important for Zacchaeus to see Jesus – and then, even only from a distance?

Well, Zacchaeus might have thought that he was just going to see Jesus, but something very unexpected happened. Jesus stopped right by Zacchaeus. He stopped there and called out his name. “Zacchaeus! Come down immediately. I must stay at your house today.

While Zacchaeus wouldn’t have expected that anyone there would have helped him, he certainly would never have imagined that Jesus Himself would actually stop and talk to him personally. And not only that, Jesus called him by name, and then declared that He would be going to Zacchaeus’ house.

What a surprise for Zacchaeus. What a joy. In that culture, to be invited into someone’s home was a public declaration of acceptance of that person. But in this case, even though it was Zacchaeus’ home, it was Jesus who made that declaration. Jesus was offering that invitation of acceptance to Zacchaeus.

The significance of this was very clear to the crowd. So, while this “reverse invitation” was a happy surprise for Zacchaeus, it was also a bitter shock for everyone else there. And they were quick to voice their disapproval.

• All the people saw this and began to mutter, "He has gone to be the guest of a `sinner." (Luke 19:7)

This story is full of surprises! First, it is interesting that Zacchaeus wanted to see Jesus, in spite of his contempt for righteousness. It is mysterious that he would go to the extent of climbing a tree just to catch a glimpse of Jesus as He passed by. It was amazing that Jesus then stopped by Zacchaeus, called him by name, and then declared that He would be going to stay with him.

And now, the people who had come out in great numbers to see Jesus, now suddenly turn against Him.

But the surprises are not over. What happened next was not only unexpected, but incredible. Even unbelievable!

• But Zacchaeus stood up and said to the Lord, "Look, Lord! Here and now I give half of my possessions to the poor, and if I have cheated anybody out of anything, I will pay back four times the amount." (Luke 19:8)

This was no superficial show aimed at just impressing Jesus or gaining anyone else’s favor. It was not impulsive, careless or reactionary.

Something dramatic had just taken place. Not something, but everything, about Zacchaeus had completely changed.

This was Zacchaeus, who had been indifferent about the welfare of those he unscrupulously taxed. Until now, they hadn’t been valuable enough in his eyes to gain his attention or compassion. But now he was giving not a small, token donation, but half of his total wealth, to support the poor.

This was Zacchaeus, who had felt no guilt about betraying his own country to its enemy. Until now he had held no reservations about hurting others in order to protect himself. But now he declared he would not only repay all those whom he had cheated, but he would pay them the fullest legal penalty for his crimes against them.

Zacchaeus’ usually tight purse had suddenly become opened. But that was a reflection of what had happened to his eyes and his heart. His eyes had been opened, and where there used to be indifference, now there was compassion and care. His heart had been opened, and where there had been self-centeredness and self-justification, now there was humility, repentance, and a heavenly based righteousness.

Zacchaeus used to take from others to protect himself. But now, he gave all that he had to protect others.

What had caused this sudden, dramatic, and very powerful change?

When Jesus stopped by Zacchaeus, the crowd’s expectation most certainly grew. Surely Zacchaeus the tax collector was finally going to be called to account. But instead of putting Zacchaeus down, Jesus called him down (from the tree.) And as Jesus invited Himself into Zacchaeus’ home, He was also inviting Zacchaeus into His own Heavenly kingdom.

Yet Jesus did this fully knowing that showing acceptance of Zacchaeus would result in His own rejection by that crowd.

Jesus showed Zacchaeus, and He showed everyone else there, that Zacchaeus was truly valuable to Him. Even though it would cost Jesus His reputation, Zacchaeus saw that he was THAT important to Jesus.

Why? It was certainly not because of Zacchaeus’ reputation or record ((what he had done.)) No, that was the very reason that no one else accepted him.

But there was a very good reason, a very deep reason, why Jesus accepted Zacchaeus.

Jesus saw beyond what everyone else saw in Zacchaeus. He saw deeper than even Zacchaeus could see about himself.


What did Jesus see?

In that broken figure of rejection, Jesus saw His own perfect and holy image. He saw the potential of His own unchanging and immeasurable love. He saw a life that was valuable enough to give up His own reputation to protect. He saw a life that was precious enough to give up His own life to save. So Jesus gave Zacchaeus His very self.

John tells us that:

• "(For) God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life. (John 3:16)

Zacchaeus had certainly been alone. Not only in Jericho, but he was desperately far from God. The people of Jericho had already condemned Zacchaeus. They would have felt justified had Zacchaeus received his deserved judgment right there. But God looked at Zacchaeus through a different set of eyes.

As John continued to explain:

• (For) God did not send his Son into the world to condemn the world, but to save the world through him. (John 3:17)

Let’s remember that little girl. She didn’t know that her pearls were not real. She didn’t know that they had no real value.

At the same time, she didn’t know the value of the pearls that her father had. In fact, she didn’t even know that her father had them.

So, she continued to cling desperately to something that had no value, because she didn’t know that her father was wanting to give her the “real thing.” She didn’t really understand his love for her until she saw the value of the gift that he had for her.

This was what changed Zacchaeus. When he saw that Jesus’ gift of acceptance and forgiveness was the real thing, he understood that, in spite of the terrible mess that he had made of his life, he was, nevertheless, so valuable, so priceless, to God.

God gave His most valuable gift – Jesus, because Zacchaeus was so valuable to Him. And so when Zacchaeus realized he himself was THAT valuable, he was suddenly released to see the value in the people around him.

What is your sense of self-value based on? What do you grasp onto in order to protect yourself?

Jesus calls your name too. He says, I will be with you. I will show you how valuable you are.

He just wants us to come down from the trees that we have climbed and exchange our treasures for his.

あなたの本当の価値
ルカ19章1節〜10節


かつてプラスティック製の真珠のネックレスを持った少女がいました。それは彼女がおもちゃ屋で自分の小遣いを使って買った物でした。彼女にとって何よりも大切な宝物でした。

彼女はこの真珠が大好きでした。いつも肌身離さず学校にも着けて行きました。自慢げに友達に見せびらかせました。夜寝る時も首に巻いて寝ました。

さて少女には彼女をとても愛している父親がいました。彼は毎晩時間になると何をしている時でも手を休めて彼女を床に着かせました。ある晩彼は娘に尋ねました。「お父さんを愛してますか。」

「ええお父さん」と娘は言いました。私が愛してること知ってるでしょ。

「それなら、その真珠を私にくれるかい」と彼は応えました。

「お父さん、この真珠はだめ。ほかの物ならなんでもいいけど。お願いだからこの真珠だけは。。。」

「わかった。愛してるよ。お休み。」と言って父は娘の頬にキスしました。

約一週間後娘を寝かせながら再び父は尋ねました。「お父さんのこと愛してるかい。」

「勿論よ。お父さん 私が愛してるってわかってるでしょ。」

「それなら、その真珠の首飾りをもらえるかい。」

「お父さん、お願いだからこの真珠はダメ。それ以外ならどのおもちゃでもいいわ。でもこの真珠だけは取らないで。」

「わかったよ。寝なさい。お父さんはお前を愛してるよ」と言っていつものように娘の頬にやさしくキスしました。


それから数日後の夜父が娘の部屋に入ると少女がベッドの上に座っていました。近づいて見ると娘の顎は震え、そして涙が静かに彼女の頬を伝って流れているのに気づきました。


「何かあったのかい」と父は尋ねました。

娘は何も言わずに父の方にゆっくりと手を上げました。手を開くとその中にあのかわいらしい真珠のネックレスがありました。震える声で「さあ、これお父さんにあげるわ」と言いました。

自分の目に涙を浮かべて父親はあの安っぽいプラスチック製のおもちゃのネックレスを受け取るために片方の手を伸ばしました。そしてもう一方の手をポケットに入れてその中から青色のビロードのケースを取り出しました。それを開けるとその中に本物の真珠のネックレスが入っていました。すると彼女の父親はその首飾りを手にとり丁寧に娘の首に巻きつけました。

実は、父親はその真珠の首飾りをずっと持っていたのでした。本物の宝物を娘に与える為真珠と思い込んでいるおもちゃを娘が諦めるのをひたすら待っていたのです。

この話はザアカイのことを思い出させてくれます。彼は今からおよそ2000年前にイスラエルに住んでいたユダヤ人です。当時イスラエルはローマ帝国の支配下にありました。

ローマがその土地を統治していましたが国の基本的な機能を持続させる為に地方自治は維持されていました。制限された自由が与えられていたとはいえそれでもやはりイスラエルはローマの虜(とりこ)でした。その結果ユダヤ人は自国の政府にではなくローマの懐に入る税金を払うことを強要されていました。


ですからユダヤ人から税金を集める人たちは嫌われていたという事は想像に難くありません。実は、取税人は彼ら自身ユダヤ人だったので裏切り者と見なされていました。つまり彼らは敵に送るために同胞から金を取り立てていたのです。



そればかりでなく取税人は徴収した金で私腹を肥やしました。彼らは国に対する犯罪行為によって個人的に利益を上げていたのでした。しかし彼らの裏切り行為はそれだけにとどまりません。イスラエルの国の人達についての情報までもまるでスパイのようにローマに伝えていました。


ですから取税人は蔑まれた人達の中でも最も低い者とみなされました。彼らは尊敬されず信用される事もなくましてや好かれるなんてとんでもないことでした。


ザアカイはその中の一人でした。実は彼はただの取税人ではなくそのかしらでした。いわゆる仕事の名のもと同胞の犠牲により彼は大金持ちになりました。


そのため人々はザアカイを軽蔑しました。もしザアカイがあなたの方に向かって通りを歩いてくるのを見たらきっとあなたは彼を避けるために反対側に渡ったでしょう。彼はその性格によって恨まれそして行いによって嫌悪されました。


さてある日イエス様がエリコを通り過ぎようとしていました。そこはザアカイが住んでいたところです。イエス様は神の正義と慈悲について教えを説いていました。そして道々で癒しの奇蹟を行なわれました。そのためエリコの人達はイエス様がその地域におられることを聞きつけて大挙して彼に会いに来ました。

ザアカイもイエス様に会いたいと思いました。でも彼は背が低くまた群衆のためイエス様が見えませんでした。その場面を容易に想像出来ると思います。そこには大勢の人がいましたがザアカイのことを好きな人は一人もいませんでした。そのような状況下で良く見えるようにと彼らがザアカイに道を開けるはずないですよね。

そこで彼はどうしたでしょうか。彼は先に向かって走りイエス様がそこを通り過ぎるときに彼を見ることが出来るように木に登りました。

私は何年も前に京都で祇園祭を見ました。あれほど多くの人を見たのは生まれて初めてです。四条河原町は遥か彼方まで人波が続き先が見えないほどでした。

もっとよく見えるようにと私は道端のガードレールに上りました。でもその上に首尾よく立ち上がるや否やすぐに二人のお巡りさんが来て私にそこから降りるように命じました。

なるほど“出る杭は打たれる”とは言い得て妙ですね。

でもよく考えてみればお叱りを受けるのは当たり前のことでそもそもそのようなことを私はすべきではなかったのですよね。

でもザアカイの場合はどうだったでしょう。これは単に好奇心のなせる業だったのでしょうか。木に登れば目立つことは彼はきっと知っていたに違いありません。そんなことをしたらそこにいた人は誰もが否定的な反応を示しただろうことは明らかだったのではないでしょうか。

一方で彼は木に登ることで何も失うものはなかったのかもしれません。友達を失う心配はありませんでした。なぜならそもそも彼のことを好きな人は一人もいなかったのですから。ではなぜ人から非難されることを承知でわざわざ自らをそのような状況に晒したのでしょうか。

もしかしたらザアカイは他の人達が自分のことをどう思うか全く気に懸けなかっただけなのかもしれません。これまで取税人として彼がしてきたことを考えるとその時は自分の利益のことにすっかり夢中になって我を忘れ廻りの人達の思いや気持ちに対して完全に無頓着だったということは十分あり得ます。そうであれば廻りの人の彼に対する反応など全く気にしなかったことでしょう。

でも私には何故彼がそれほどまで熱心にイエス様を見ようとしたのか不思議でなりません。ザアカイは取税人のかしらとして少なくとも心の中では強くうぬぼれていたに違いありません。だからこそこの話はとても興味深く思えるのです。何故わざわざ木に登るのでしょうか。子供は木に登ります。でも取税人のかしらは木に登ったりしません。何故ザアカイにとりイエス様を見ることがそんなに重要だったのでしょうかそれも離れたところから見えるだけなのに。

まあザアカイはただイエス様を見ようと思っただけかもしれませんがしかし全く予想だにしなかったことが起きました。イエス様がザアカイのすぐそばで止まったのです。そこで立ち止まり彼の名前を呼びました。ザアカイ急いで降りてきなさい。今日あなたの家に泊まることにしているから。

ザアカイはそこで誰かが助けてくれるなどと期待していなかったでしょうがまさかイエス様自らそこで止まって彼に個人的に話しかけて下さるとは夢にも思いませんでした。そればかりでなくイエス様は彼の名前を呼び更にザアカイの家に行くと明言されたのです。

ザアカイにとって何という驚きでしょう。何という喜びでしょう。当時の文化では誰かの家に招かれるという事はその人を認めて受け入れると公言することを意味していました。でもこのケースではザアカイの家なのにそのように宣言されたのはイエス様でした。イエス様が受け入れの招きをザアカイに申し入れたのです。


そこにいた群衆にとってこのことが何を意味するかは明らかでした。ですからこの“逆の招き”はザアカイにとってうれしい驚きでしたが他の人にとっては耐え難いショックでした。そこで彼らは即座に不承諾の声を上げました:

“これを見てみなはあの方は罪人のところに行って客となられたと言ってつぶやいた。”


この話は驚きで満ち溢れています。まず第一にこれまで正義を全く無視してきたザアカイがイエス様に会いたがったことは興味深いことです。イエス様が通り過ぎるのをちらりと見るだけのために木に登ろうとまでしたことは不可解です。さらにイエス様がその時ザアカイの所で立ち止まりそして彼の名前を呼びそれから彼の家に泊まることにしていると宣言したことは驚くべきことでした。


そしてイエス様に会おうとして大挙してやって来た人たちが今や突然彼に背を向けます。

でも驚くべきことはそれだけで終わりません。次に起こったことは全く予期できなかったばかりでなくもう信じがたいことでした。

“ところがザアカイは立って主に言った。主よご覧ください。私の財布の半分を貧しい人たちに施します。まただれからでも私がだまし取った物は四倍にして返します。”


これはイエス様に感心してもらったり或いは誰か他の人に気に入られることを目的とした表面上のみせかけなどではありません。衝動的なものでもかるはずみでもまた反動的なことから出た言動でもありません。

なにかとてもドラマチックなことが起きました。ザアカイの何かがではなく彼の全てが完全に変わったのでした。

これがそれまで無節操に税を課してきた人たちのしあわせのことなどに全く無関心だったザアカイでした。この時まで彼らはザアカイから見て彼の注意を引き或いは同情を買うほど重要な存在ではありませんでした。けれども今や彼はわずかな形だけの施しではなく財産の半分を貧しい人たちを支えるために寄付すると申し出たのです。

これがそれまで敵のために自らの祖国を裏切っても決して罪悪感を覚えなかったザアカイでした。この時まで彼は自分を守るために躊躇することなく他人を傷つけてきました。でも今や彼はこれまで騙してきた人達にその分を払い戻すだけでなく彼が犯した罪に対して法律で定められた罰金を全額払うと宣言しました。




いつもは固く閉じられていたザアカイの財布のヒモが開かれました。でもそれは彼の目と心に起きた事を反映したものでした。彼の目は開かれかつての無関心が今や憐みと心遣いに変わりそして彼の心は開かれ自己中心と自己正当化は今や謙遜悔い改めそして神の正義に変わりました。



ザアカイはかつては自分を守るために他人から奪ってきましたが今や他人を守るために彼の全ての財産を与えました。


一体何故突然こんなに劇的ですごい変化が起きたのでしょうか。


イエス様がザアカイのところで立ち止まった時群衆の期待は大いに膨らみました。遂に取税人のザアカイはこれまではたらいてきた己の不正の釈明を求められるのだと誰もが思いました。 しかしイエス様は彼から権限を取り上げるのではなく 彼を木から呼び下したのでした。ご自身を彼の家に招き同時にザアカイを彼(か)の天国へ招かれたのでした。

しかしザアカイを受け入れることはそこにいる群衆が自分を拒絶する結果を招くことをイエス様は十分承知していました。

イエス様はザアカイそしてそこにいる全ての人に ザアカイはイエス様にとってまことに高価であることを示されました。たとえご自身の評判を犠牲にしてでもイエス様にとってそれほどまでに自分は大切な者だということにザアカイは気づいたのでした。

どうしてでしょうか。それは決してこれまでのザアカイの評判や行いのせいではありません。むしろそのことこそがイエス様以外の誰もが彼を受け入れなかった理由でした。

しかしイエス様が何故ザアカイを受け入れたかにはしかるべき深い理由がありました。

イエス様はザアカイの中に他の誰もが見ることが出来なかった内面性を見たのでした。ザアカイ自身にも見ることが出来なかったものをその奥深くに見たのです。

イエス様は一体何を見たのでしょうか。

人から拒絶され忌み嫌われているあのザアカイの姿の中にイエス様ご自身の全きそして神聖な姿を見たのです。決して変わることがなくそして測ることのできない果てしない愛の可能性を見たのです。ご自身の名声を捨ててでも守るべき尊い命を見たのでした。ご自身の命を犠牲にしてでも救うべき尊い命を見たのでした。つまりイエス様はザアカイにご自身をお与えになったのです。

ヨハネは私達に次のように告げています:

神は実にそのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それはみ子を信じる者がひとりとして滅びることなく永遠の命を持つためである。

ザアカイは長い間確かに一人ぼっちでした。エリコにおいてだけでなく神からも絶望的に遠く離れていました。エリコの人達は既にザアカイを非難していました。ですから彼が当然受けるべき裁きをそこで受けたとしてもそれは彼らのザアカイに対する非難が正当化されたのだと感じたことでしょう。しかし神のザアカイに対する見方は全く違ったものでした。

ヨハネは続けて言います:

神が御子を世に遣わされたのは世をさばくためではなく御子によって世がすくわれるためである。

ここであの少女のことを思い出してみましょう。彼女は自分が持っていた真珠が本物でないことを知りませんでした。彼女の真珠は全く価値のないものだという事を知りませんでした。

同時に彼女の父親が持っていた真珠の価値も知りませんでした。実は父親がそれを持っていたことすら知りませんでした。

ですから彼女はなんの値打ちもないものに必死にしがみつき続けたのでした。なぜならお父さんが彼女に本物の真珠をあげたいと思っていることを知らなかったからです。お父さんが彼女のために準備してくれた贈り物の価値が分かった時彼女は初めて父の愛を理解したのでした。

これがザアカイを変えたものでした。自分を受け入れて下さるそして赦して下さるというイエス様からの贈り物が本物であると分かった時それまでのめちゃめちゃだった人生にもかかわらず神にとって自分はとても高価で貴いものであるということを彼は理解したのでした。

神は最も高価な贈り物即ちイエス様をザアカイにお与えになりました。なぜなら神にとり彼はとても貴いからです。そしてそれほどまでに自分は貴いという事にザアカイ自身が気付いた時突如彼の周りの人たちの価値が見えるようになったのです。

あなは自身の価値の意味をどう理解していますか。自分を守るため何にしがみついていますか。

イエス様はあなたの名前も呼んでおられます。イエス様は、私はあなたと共に
います。私にとってあなたはどんなに高価であるか教えましょうと言われます。

イエス様はただ私たちが登った木から降りて来て古い宝物とイエス様が持っておられる本当の宝物とを交換するように望んでおられるのです。