gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

Depending to receive freedom
自由を得るために依存する
Genesis 2:16,17
創世記2章16節〜17節

A couple of years ago, my family had a lot of Mileage points stored up, so we were able to go to Okinawa together.
何年か前、飛行機のマイレージポイントがだいぶたまったので、家族みんなで沖縄に行くことができました。

One day, we went on a snorkelling cruise.
ある日シュノーケリングに行きました。
The weather was great, the water was not too cold, and we could see beautiful coral and fish.
素晴らしいお天気で水もそんなに冷たくなく、美しいサンゴや魚を見ることができました。
I love snorkelling, but I would really like to go scuba diving.
私はシュノーケリングが大好きです、ですがスキューバダイビングはもっとしてみたいです。

I think that I would feel so free diving down under the water with the beautiful fish.
美しい魚たちと水の中を泳ぎまわることができたらきっと自由を感じるでしょう。

I don’t know if you have ever been snorkelling before, but as you swim, you breathe through a short, rubber tube.
皆さんはシュノーケリングをしたことがあるでしょうか、泳ぎながら短いゴムのチューブを通して息をするんです。

So, you have to stay on the surface of the water to breathe.
なので、息継ぎのために水の表面にとどまる必要があります。

If you want to dive under the water, you have to hold your breath.
水中に潜りたかったら、息を止めていないといけません。

And when you run out of breath, you have to go back to the surface and take another breath.
そして息が持たなくなったら、水面に戻ってきて息継ぎをしないといけないのです。

It’s a bit like being a dolphin.
ちょっとイルカに似ています。

But not quite as graceful.
でもイルカほど優雅ではありません。

How long can you hold your breath for?
どのぐらい息を止めていられますか?

Most people in good health can hold their breath underwater for about two minutes.
健康な人で、水中で息を止めていられるのは2分ぐらいでしょう。

But the world record for holding one’s breath underwater is 11 minutes 35 seconds.
ですが、水中で息を止めているのの世界記録は1135秒です。

That’s a long time!
長いですね!

However, the Guinness Book of Records has another category for holding your breath underwater.
ですがギネスブックには水中で息を止めていることのまた別の部門があります。

In this category, you can breathe pure oxygen for up to 30 minutes before diving.
この部門では、潜る前に30分間酸素を吸うことができます。

Can you guess the record for holding one’s breath underwater after breathing pure oxygen?
酸素を吸ってから水中で息を止めるのの記録はどのぐらいだと思いますか?

It is actually 22 minutes 22 seconds!
なんと2222秒です!

That’s about as long as this message is in both English and Japanese!
このメッセージを英語と日本語の両方でやるのと同じぐらいの長さです。

That is an unbelievably long time to not breathe.
息をしないでいる時間としては信じられないぐらい長いですね。

So even if you are on the edge of your seat in suspense now, please remember to breathe!
今ハラハラしながら身を乗り出している人も、どうか息をすることは忘れないでください。

But, if you go scuba diving, you have air tanks.
でもスキューバダイビングなら、空気のボンベがあります。

You don’t need to hold your breath.
息を止める必要はありません。

You can breathe under the water.
水の中でも息ができます。

You can see the fish swimming, not just below you, but also above and around you.
魚が泳いでいるのを、自分の下だけではなくて、自分の上や周りでも見ることができます。

If I went scuba diving, I imagine I would feel so free!
スキューバダイビングなら、私はとても自由を感じるでしょう。 

Have you ever been diving under water?
皆さんはダイビングをしたことはあるでしょうか?

Actually, as you dive deeper, the water pressure increases.
実は、深く潜れば潜るほど、水圧が強くなります。

This water pressure pushes in on your body.
水圧が体を圧迫します。

It compresses on your lungs.
肺をおし縮めてしまいます。

So, even if you did have a long rubber tube to breathe through, you would need to use a lot of strength to suck the air into your lungs and expand them.
それで、息をするための長いゴムのチューブを持っていたとしても、空気を吸い込んで肺を広げるためには、とても強い力が必要になるでしょう。

You would have to fight against the water pressure to breathe.
息をするために水圧と戦わなくてはならないでしょう。

That’s why diving tanks are so great.
だからダイビング用のボンベは素晴らしいのです。

The air in the tanks is highly compressed.
ボンベの中の空気は高度に圧縮されています。

So the pressure of the air in the tank actually pushes the air out of the tank and unto your lungs.
それでボンベの中の空気圧によって、空気が押し出され、肺まで届きます。

You don’t have to use any of your own strength to get the air out of the tank.
ボンベから空気を取り出すために自分の力を使う必要はありません。

That would actually be impossible under the strong water pressure of the deep.
深くて水圧の高いところでは、実際自分の力で息をするのは無理でしょう。

Without the air being pushed into your lungs, you wouldn’t be able to breathe in the air you need.
強い圧で空気を肺に入れなければ、息をすることはできません。

Your lungs would remain empty.
肺は空っぽのままです。

You would drown.
溺れて死んでしまうでしょう。

But with an air tank, the pressure pushes the air from the tank, through your mouth, into your lungs.
でもボンベがあれば、強い圧で空気を押し出し、口を通って肺まで届きます。

All you need to do is have the mouthpiece in your mouth.
あなたはマウスピースをくわえるだけでいいのです。

You can receive the air you need without making any effort.
なんの努力もせずに必要な空気を受け取ることができます。

And you can swim under the water.
そして水の中を泳ぐことができます。

You are free to swim under the water.
水の中を泳ぐ自由があります。

But your freedom is dependent on the air tank!
でもあなたの自由は空気のボンベによるものなのです!

Freedom.
自由

What is freedom?
自由とはなんでしょう?

I think that we often think of freedom in an emotional way.
私たちはしばしば、自由を気持ちの面で考えます。

We look at freedom from the perspective of how we feel about something.
自分がどう感じるかという視点から自由を見ます。

And we tend to feel most strongly about something when we feel a sense of danger or fear of losing that thing.
そして何かの危険を感じたり、何かをなくしてしまうかも知れないという恐れを感じるときに一番強く自由について感じる傾向があります。

But is freedom primarily an issue of emotion.
しかし、自由とは本当に感情の問題なのでしょうか?

Is the actual presence of freedom dependent on how we feel about it?
実際に自由が存在するかどうかが感じ方によるものなのでしょうか?

Is the absence of freedom based on how we feel?
自由がないことも感じ方によるのでしょうか?

What is true freedom based on?
本当の自由は何に基づいているのでしょう?

Let’s take another look at what God did for Adam, and thus for Eve.
神様がアダムに、そしてイブになさったことをもう一度見て行きましょう


The LORD God took the man and put him in the Garden of Eden to work it and take care of it. 神である【主】は人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。

And the LORD God commanded the man, "You are free to eat from any tree in the garden; 神である【主】は人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。

but you must not eat from the tree of the knowledge of good and evil, for when you eat of it you will surely die." (Genesis 2:15-17) しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」(創世記2章15節〜17節)

There are two aspects of this information that I want to focus on here today.
今日は二つの観点からここを取り上げたいと思います。

The first is found in verse 16:
ひとつめは16節にあります。

And the LORD God commanded the man, "You are free to eat from any tree in the garden;
神である【主】は人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。

Adam and then Eve, could choose what they wanted to eat.
アダムそしてイブは食べたいものをなんでも選ぶことができました。

In other words, God gave people free will to choose what they personally wanted.
神様は人間に、自分が欲しいものを選ぶ自由な意思を下さった、とも言えます。

So, God provided variety.
つまり神様は多様性を与えてくださったのです。

Variety wasn’t necessary.
多様性はなくても良いものでした。

God could have created a standard medicine to supply our dietary needs.
神様は私たちの栄養を満たすために一種類の薬だけを用意することもできた筈です。

Just take one pill every day and you will grow up to be strong and healthy.
毎日一錠飲むだけで、成長し、丈夫で健康になるのです。

That would have been all that was necessary to fulfil our physical needs.
それだけで体の必要を満たすのに十分なものでしょう。

But God provided variety!
でも神様は多様性を与えてくださいました。

So, Adam could choose to eat bananas, and Eve could choose strawberries.
それでアダムはバナナを食べることも選べましたし、イブはイチゴを選ぶこともできました。

They could be different from each other.
彼らはお互いに違っていても大丈夫でした。

And that was good.
そしてそれは良いことでした。

God gave people freedom to eat what they wanted.
神様は人間に欲しいものを食べる自由をお与えになりました。

And if they wanted to eat different things to each other, they had the freedom to do that.
そしてもし彼らがお互いに違うものを食べたいと望むなら、そうする自由もありました。

God gave people the freedom to be different to each other.
神様は人間に、お互いが違っても良いのだ、という自由をくださいました。

God blessed people to be different.
神様は人間が違いを持っていることを祝福してくださいました。

In fact, God made people to be fundamentally different.
それどころか、神様は人間を根本的に違いを持つものとして造られました。

But there was absolute goodness in that difference.
でもその違いの中に良さ、正しさがあったのです。

Genesis 1:27 tells us:

So God created man in his own image, in the image of God he created him; male and female he created them. (Genesis 1:27) 神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。(創世記1章27節)

God made man in His own image.
神様は人、男をご自身のかたちに創造されました。

And so man was good.
それで、男は良い、正しいものでした。

His own self image was based on God, in whose own image he had been created.
彼のセルフイメージは神様に基づいていました。神様のかたちに人が造られたからです。

So, Adam would have been totally satisfied with who He was.
それでアダムは自分が自分であることにすっかり満足していたでしょう。

But God also made woman in His own image.
ですが神様は女性をも神様のかたちに造られました。

The woman was different from the man.
女性は男性とは違いました。

But she was also made in God’s own image.
でも彼女もまた神様ご自身の形に造られたのです。

So she was also good.
それで、彼女もまた良い、正しいものでした。

Because she also held within herself the image of her Creator.
彼女もまた、自分の中に造り主のかたちを持っていたからです。

God did not create humanity with a hierarchy of value.
神様は人間を価値の高いものと低いものとに造られたのではありません。

So, Adam and Eve were different from each other;
アダムとイブはそれぞれ違っていたのです。

And they could choose different things from each other.
そして彼らはそれぞれ違うものを選ぶことができました。

This freedom to choose was based on personal taste.
個人的な好みに基づいて自由に選ぶことができました。

But they were both already completely satisfied and fulfilled in who they were.
でも彼らはどちらもすでに自分が自分であることにすっかり満足し満たされていました。

Freedom was not something that was used to try to find something that was missing.
自由とは持っていない何かを見つけようとすることではありませんでした。

It was not to try to fix something that was broken, or to make something that was incomplete into something that was whole.
壊れているものを直そうとしたり、不完全なものを完全にしようとすることではありませんでした。

Adam and Eve were both secure in the knowledge that God was abundantly providing for all their needs;
神様は必要なすべて、十分に与えてくださると知っていたので、二人とも心配はありませんでした。

And not only that, God would always continue to provide for those needs.
そしてそれだけではなく、神様は彼らの必要なものをいつも与え続けてくださいました。

Therefore, they would never have felt that they needed to protect themselves.
そういうわけなので、彼らは自分自身を守らなければならないと感じたことはなかったでしょう。

They didn’t need to protect their freedom;
彼らの自由を守る必要はありませんでした。

God was protecting them within their freedom.
神様がその自由の中で彼らを守ってくださっていました。

Last week a friend told me about the drink bars in McDonald's in America.
先週、友達がアメリカのマクドナルドのドリンクバーのことを教えてくれました。

So you can get free refills as many times as you want.
何回でも欲しいだけお代わりができます。

The funny thing is that they still have different sized cups: small medium large.
しかし、面白いのは、それでも、S,M,Lと違う大きさのカップがあることです。

And the price of each size is different.
そしてサイズによって値段が違うのです。

But you can still go back and get as many refills as you want.
でもほしいだけ何回でもお代わりができます。

I don't really understand why they do that.
なんでそんなことをするのか良く分かりません。

Why pay more for a large sized cup when you can get just the same amount with a smaller one?
どうしてSサイズのカップで同じだけ飲んだ時よりもLサイズのカップの方に高いお金を払うのでしょう?

But at the same time, I have seen photos on the Internet of people bringing their own enormous containers and filling them up at the drink bars.
でもそれと同時に、ものすごい大きさの容器を勝手に持ち込んでそれをドリンクバーでいっぱいにしている人もインターネットで見たことがあります。

Greed is motivated by the fear of losing something.
欲深さは何かを失うかもしれないという恐れによって駆り立てられます。


The freedom God had given Adam and Eve enabled them to grow and find ways of enjoying and appreciating who they already were.
神様がアダムとイブに与えられた自由によって、彼らは今の自分を喜び感謝する方法を見つけることができるようになったのです。

This freedom was therefore something that Adam and Eve could use to support and bless each other with!
それで、この自由によって、アダムとイブは支えあい、祝福しあうことができたのです。

Hey, Adam, I know how much you like bananas. Look what I found for you!
ねえアダム、あなたって本当にバナナが好きよね。ほら、あなたのために見つけたの!

Gee, thanks Eve. I really appreciate that. And I’ve been growing these strawberries especially for you!
うわー、ありがとうイブ。本当にうれしいよ。それと、このイチゴ、君のために特別に育ててるんだ!

This was a freedom that was not limited or controlled by any sense of need to protect one’s self, or the fear of losing something that you thought was yours.
これが自由です。自分を守る必要や自分のものだと思っている何かを失う恐怖に制限されたり支配されたりしない、自由です。

Imagine that you have a birthday cake.
お誕生日ケーキがあると考えてください。

It is cut into many pieces.
たくさんのピースにカットされています。

But all the pieces are different sizes.
でも全部のピースの大きさが違います。

If you put that cake in front of a group of children, which piece would they all go for?
もしそのケーキを子供たちのグループの前に置いたら、子供たちはみんなどれを取ると思いますか?

Which piece would you want?
あなたはどれが欲しいですか?

Can you imagine a group of children all offering the biggest piece of cake to each other?
子供たちがみんな、一番大きなものを他の人に勧めるのなんて考えられるでしょうか?

“After you.” … “No, it’s for you.” … “I want you to have it!”
「お先にどうぞ」、「いいよ、あなたがどうぞ」「取って取って」

Freedom to happily give what you think is the best to someone else comes from being satisfied with your own self.
一番良いと思うものを喜んで誰かにあげようとする自由は、自分自身に満足しているので出て来るものです。

Adam and Eve had the freedom to choose what they wanted for themselves.
アダムとイブは自分のために自分の欲しいものを選ぶ自由を持っていました。

They had freedom of choice based on personal taste.
自分の好みで選ぶことができる自由です。

This was made possible because God was providing so abundantly for all their needs.
神様が彼らの必要なものをすべて十分に与えてくださっていたので、それが可能だったのです。

But they also had the freedom to give to each other.
でもお互いに与えあう自由もありました。

And they had the freedom to respect and bless each other in the differences of their personal taste.
お互いの好みが違うからこそ、尊敬しあい、祝福しあう自由もありました。

They had the freedom to serve each other.
お互いのために仕える自由がありました。

They had the freedom to live for each other.
お互いのために生きる自由がありました。

This was made possible because they were completely satisfied with their own self-image: the image of their Creator God within themselves.
彼らの中にある神様のかたちである自分たちのセルフイメージに、彼らが全く満足していたのでそれは可能でした。

So, God told Adam and Eve that they could eat from any tree in the garden.
それで、神様はアダムとイブに園のどの木からも食べてよいと言われたのです。

And the LORD God commanded the man, "You are free to eat from any tree in the garden; (Genesis 2:16) 神である【主】は人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。(創世記2章16節)

This freedom of choice was based on their personal taste.
この選択の自由は彼らの個人的な好みに基づいたものでした。

But then God pointed out another tree in the garden.
でもそれから神様は園の別の木を示されました。

That tree also had fruit.
その木にも実がなっていました。

God told Adam and Eve that they were not allowed to eat the fruit of that tree.
神様はアダムとイブにその木の実は食べてはいけないと言われました。


but you must not eat from the tree of the knowledge of good and evil, for when you eat of it you will surely die." (Genesis 2:17) しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」(創世記2章17節)

God planted this tree in the middle of the garden.
神様はこの木を園の真ん中に植えられました。

He did not hide it away somewhere so that Adam and Eve would never find it.
アダムとイブが絶対に見つけられないようにどこかへ隠しはされませんでした。

It was in a very obvious place.
とても分かりやすい場所でした。

And it had fruit on it.
そして実がなっていました。

But God told Adam and Eve that they must not eat that fruit.
でも神様はアダムとイブにその木の実を食べてはならないと言われました。

God was giving them another choice.
神様は彼らに別の選択を与えられました。

But this choice was not based on personal taste.
でもこの選択は個人的な好みに基づいたものではありませんでした。

This was a moral choice.
これは神様に従う選択でした。

It was a choice to trust God, to trust what God said.
神様を信頼し、神様の言われたことを信頼するという選択です。

And that trust was based on knowing who God is.
そしてその信頼は神様がどんな方かを知っていたからこそのものでした。

When God told Adam and Eve that they could eat from any tree in the garden, they did.
神様がアダムとイブに園のどの木からも食べてよいと言われた時、彼らはそうしました。

They could have actually chosen to not eat anything.
実際彼らは何も食べないことも選べました。

But what would have happened if they chose to not eat?
ですがもし彼らが食べないことを選んでいたら(どうなっていたのでしょうか?)何が起きていたでしょう?

They would surely have died.
彼らは間違いなく死んだでしょう。

But they ate because they trusted their Creator God, who provided that food.
ですが彼らは食べました、食べ物を与えてくださった造り主である神様を信頼していたからです。

Now God was asking them to trust him to not eat.
しかし、今度は神様は、神様を信頼して食べないようにと彼らに求められました。

God did not threaten them.
神様は彼らを脅したのではありません。

He did not say: "if you eat from this tree I will surely kill you!"
「もしこの木から食べたら、私が必ずお前たちを殺す。」とは言われませんでした。

He did not even say he would punish them.
彼らを罰するとさえ言われませんでした。

He warned them of the consequence of their own choice.
彼ら自身の選択の結果について警告されたのです。


but you must not eat from the tree of the knowledge of good and evil, for when you eat of it you will surely die." (Genesis 2:17) しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」(創世記2章17節)

God had provided everything for them.
神様は彼らにすべてのものをお与えになりました。

They were free to choose they wanted according to their personal taste.
個人的な好みに従って、欲しいものを自由に選ぶことができました。

But everything that they had, and the freedom to choose what they wanted, was all the gift of their Creator God.
ですが彼らが持っていた全てのもの、そして欲しいものを選ぶ自由も、全て、造り主である神様からの贈り物でした。

And so purpose of the moral choice to trust God and not eat from the tree of the knowledge of good and evil was to teach Adam and Eve that they were actually completely dependent on God for who they were, and for everything that they had.
そして、神様に信頼して善悪の知識の木からは食べないという選択をすることによって、自分自身がまた自分の持っているもの全てが、完全に神様によるものなのだとアダムとイブに教えるためでした。

So to choose to not eat from the tree of the knowledge of good and evil was evidence of their trust in their Creator God.
それで、善悪の知識の木から食べないと選ぶことは造り主の神様に信頼していることの証でした。

It was trust that they didn't need to eat that fruit because they were already completely satisfied with everything that God had already provided for them.
神様がすでに与えてくださっているすべてのもので十分に満足していたので、その木の実を食べる必要がない、という信頼でした。

There was no sense of loss or fear of missing out on something better.
もっと良いものを逃してしまうという恐れはありませんでした。

But it was also evidence of their trust in who God himself is.
しかしそれはまた神様ご自身に対する彼らの信頼の証でもありました。

The source of their deepest satisfaction was not the food that God provided, but God himself.
彼らの深い満足のみなもとは、神様が与えてくださった食べ物ではなく、神様ご自身でした。

So their ability to trust that God's commandment was right was simply a reflection of their understanding that God himself is right.
彼らが神様の戒めは正しいと信じることができたのは、単純に神様ご自身は正しい方だという理解の表れなのです。

"God says so, so that's enough."
「神様がそう言われるなら、それで十分です。」

Can you imagine, for a moment, if I took diving lessons.
私がダイビングレッスンを受けるところをちょっと想像してもらえるでしょうか。

And the diving instructor said to me: "This is your air tank.
インストラクターが私に言います「これがあなたの空気のボンベです。」

"Put this in your mouth and breathe normally.
「これをくわえて普通に息をしてください。」

"Then you will be able to have a great time diving under the water.
「そうすれば、水中に潜って素晴らしい時間を過ごすことができます。」

"You can swim freely together with the fish.
「魚と一緒に自由に泳ぐことができます。」

"But if you don't put this in your mouth, you will surely die."
「でももしこれをくわえなかったら、あなたは間違いなく死ぬでしょう」

So, my question is, what is my freedom based on?
つまり、私の質問は、私の自由は何に基づいているのか、ということです。

But not only the freedom to swim with the fish;
でも魚と自由に泳ぐことだけではなく、

What is my life itself dependent on?
私の命そのものはなににたよっているのでしょう?

What would you think of me if I ignored the diving instructor?
もし私がダイビングのインストラクターを無視したらどう思いますか?

What if I thought I could have freedom to enjoy diving independently of the diving instructor?
もし私が、インストラクターから離れて自由にダイビングを楽しむことができると考えたらどうなるでしょう?

What if I thought I could live without having to rely on the air tank?
もし私が空気のボンベに頼らなくても生きていけると考えたらどうなるでしょう?

I would surely die!
間違いなく死ぬでしょう。

It’s not a threat!
脅かしているのではありません!

It’s the natural consequence of my own choice.
それは私が選んだことの当然の結果です。

When Adam and Eve listened to only God's voice, they were satisfied; they were fulfilled.
アダムとイブがただ神様の声だけを聴いていた時、彼らは満足していました、満たされていました。

They didn’t need to struggle to get what they needed;
必要なものを手に入れるのに苦労する必要はありませんでした。

They didn’t need to fight to get what they wanted.

欲しいものを手に入れるのに戦う必要はありませんでした。

When we turn our hearts to our Creator God;
私たちも造り主である神様に心を向けるとき

When we trust him because of who He is;
神様が神様であるゆえに信頼する時

When we understand and appreciate the awesome abundance that He provides for us;
神様が与えてくださるたくさんの素晴らしいものを私たちが理解し感謝する時、

When we realise that our life itself is our Creator God's gift to us;
私たちの命それ自体が造り主である神様からの贈り物なのだと気づくとき、

Then our hearts will be filled with freedom.
私たちの心は自由で満たされます。

Like having air pushed from an air tank into our lungs, we will be fulfilled without having to struggle or fight,
ボンベから肺に空気が入ってくるように、私たちは努力や戦いなしに満たされるのです。

We will be free from feeling that we need to protect ourselves.
自分で自分を守らなければならないという思いから自由にされます。

We will be free from the fear of loss.
失うことの恐怖から自由にされます。

We will be free to live for, and to bless other people.
私たちは他の人たちのために生き、他の人を祝福することができるように自由になります。

As God has loved us, we will be free to love him, and those around us.
神様が私たちを愛してくださっているので、私たちは神様と、私たちの周りにあるものを自由に愛することができるようになるのです。

Father God,

I ask you now in the name of Your Son, Jesus, to please help each one of us to personally know You.

Please help us to know Your love for us.

Please help us to experience Your love for us.

Please fill us with Your love.

There is no fear in love.

Perfect love drives out fear.

So I ask You to please fill our hearts with Your love.

Drive out our fear.

And fill our hearts with the freedom to love, just as You love us.

In Jesus’ Name,

Amen.