gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

The Gift of God
神の下さる賜物
John 8:1-11
ヨハネ8章1節〜11節

Today, we are looking at a court case.
今日は、ある裁判の話を見ていきたいと思います。

Now, with any court case, there are certain legal proceedings that must be followed. First, of course, there has to be a crime. Then, there has to be somebody who has been accused of committing that crime. There also has to be somebody who is accusing the person of that crime. And finally, there has to be somebody to judge the guilt or innocence of the accused person and then carry out the punishment of the guilty.
さて、どんな裁判にも、ある一定の従わなくてはいけない法的な訴訟手続きがあります。第一に、もちろん、犯罪がなくてはいけません。次に、その犯罪を犯して訴えられる人が必要です、犯罪者を訴える人も必要です。そして最後に、被告人が有罪か無罪かを判断して、刑罰を実行する人が必要です。

So what are the facts of the case that we have just read about?
それでは、先程読んだ裁判では犯罪とは何だったでしょう?

A woman has somehow been caught in the act of committing adultery. Adultery means sexual activity with someone who is not the marriage partner. Adultery is thus a violation of the marriage commitment by the people involved.

ひとりの女が、どういうわけか、姦淫の現場で捕まりました。姦淫とは結婚相手ではない人と性的関係を持つことです。つまり、姦淫は当事者による結婚の誓約に対する違反です。

We don’t have time today to look in any detail at the biblical meaning and purpose of marriage, or the inevitable effects that adultery has on not only the individuals themselves, but also their families and the broader community. But I must make it clear, to summarise here, that God does have a very clear purpose for marriage. And what is more, He demands of us the responsibility to protect it:
今日は結婚の聖書的な意味と目的や、姦淫が当事者だけでなく家族やより広いコミュニティに及ぼす避けられない影響、について詳細に見る時間はないのですが、はっきりさせておかなければいけないことは、簡潔に言えば、神様は結婚に対して非常に明確な目的を持っておられる、ということです。そして、神様は私達に結婚を守る責任をも求めておられます。

Hebrews Chapter 13 verse 4 teaches:
Marriage should be honored by all, and the marriage bed kept pure, for God will judge the adulterer and all the sexually immoral. (Hebrews 13:4)
ヘブル書134節は教えています
結婚がすべての人に尊ばれるようにしなさい。寝床を汚してはいけません。なぜなら、神は不品行な者と姦淫を行なう者とをさばかれるからです。

Marriage is not just a relationship. It is a legal contract of commitment. It is a formal institution to ensure protection and security. Adultery is therefore a wilful and purposeful breaking of the marriage contract. Therefore, it is a punishable offense. And if there is an offence, there must be just punishment.
結婚は人間関係だけではありません。法的な契約です。保護と安全を保証する公的な制度です。それで、姦淫は結婚の契約を意図的に壊す物です。罰せられるべき違反です。違反があるのなら、正しい処罰もなくてはいけません。

Although many people might not think that adultery is a crime, the Bible calls adultery sin. It destroys society. It wrecks homes. It injures innocent children. It attacks everything that God holds dear.
姦淫を犯罪だと思っていない人が大勢居るかもしれませんが、聖書では姦淫は罪だとされています。それは共同体を壊し、家庭を壊し、罪のない子供達を傷つけます。神様が大切に守っておられる全ての物を攻撃します。

Thus, the nature of the punishment outlined in the law of Moses, which we will look at in a minute, just goes to show [proves] how incredibly important the meaning and purpose of marriage is to the very meaning and purpose of our humanity.
従って、モーセの律法で大まかに述べられている刑罰の特質(中身)は、この後見ていきますが、結婚の意味と目的は、私達が人間であることの意味と目的と同じぐらいにとても重要だ、ということを、証明しようとしています。

So, in the case that we are looking at today, a woman was caught in the act of adultery. She had been brought before Jesus by her accusers: the Pharisees and the teachers of the law.
さて、今日見ている裁判では、ひとりの女が姦淫の現場で捕まりました。彼女は訴える者達、パリサイ人と律法の教師達、によってイエス様の前に連れてこられました。

However, here is the problem. It is very obvious that these Pharisees and teachers of the law had no intention at all of seeking true justice.
けれども、ここに問題があります。パリサイ人と律法の教師達には正義を求める意思が全くないということが明白でした。

If they had been trying to bring about justice regarding this woman, they would not have taken her to Jesus. That is because the Pharisees were themselves a part of the Jewish religious ruling council. They themselves were the ones who traditionally had the authority in such matters.

もし彼らにとってこの女を裁くことが本当の目的だったなら、彼女をイエス様の所へは連れて行かなかったでしょう。パリサイ人達はユダヤの宗教議会のメンバーだったからです。こういったことには、元々彼ら自身が権限を持っていたのです。

Jesus was not a part of their group. In fact, in their opinion, Jesus had no relevant authority in such religious and legal matters. If the Pharisees and teachers of the law had actually been seeking legal justice, they could have dealt with the situation themselves.
イエス様は、彼らのグループの一員ではありませんでした。実際、彼らの意見としては、イエス様はこういった宗教的、法的な出来事については、権限を持っていませんでした。もしパリサイ人と律法の教師達が本当に法にのっとった裁判を求めていたなら、彼らはこの状況を自分達で取り扱った筈です。

So, why then did they take this woman to Jesus?
それでは、なぜ彼らはこの女をイエス様の所に連れていったのでしょう?

As we have just read:
先程読んだ通りです
They were using this question as a trap, in order to have a basis for accusing him. (John 8:6a)
彼らはイエスをためしてこう言ったのである。それは、イエスを告発する理由を得るためであった。

To the Pharisees and the teachers of the law, it was not the woman who was on trial here. It was Jesus. And His accusers were those religious leaders of Israel.
パリサイ人と律法の教師にとって、ここで裁判にかけられていたのはこの女ではなく、実はイエス様でした。そして彼を訴えていたのは、イスラエルの宗教指導者達でした。

All they were thinking of was to get rid of Jesus. This was their plan:
彼らが考えていたのは、イエス様を消すことでした。それこそが彼らの計画でした。

On the one hand, they knew that Jesus freely accepted and associated with so-called sinners. To the Jewish religious leaders, those people were considered religiously unclean, untouchable, and to even associate with them was thought to be an unthinkable sin.
一方では、彼らはイエス様が罪人と言われている人達を気軽に受け入れ、付き合っていることを知っていました。ユダヤの宗教指導者達にとって、そのような人達は宗教的に汚れている、と考えられていました。また、彼らと付き合うだけでも、ありえない程の罪であると考えられていました。

However, when Jesus saw those kinds of people, He was filled with compassion for them. In reality, Jesus was showing everyone the true meaning of the law of Moses; He was fulfilling it. But in the eyes of the religious leaders, what Jesus did for those people, and what He said for them, was actually breaking that law.
けれども、イエス様は、そのような人達を見る時、彼らへのあわれみで満たされました。実は、イエス様は全ての人にモーセの律法の本当の意味を示していたのです。イエス様はそれを実行していました。しかし宗教指導者達の目には、イエス様がそのような人達に対して行ったことや言った事は、逆に律法を破っているように見えました。

So, in this case, too, those religious leaders no doubt expected Jesus to take the side of the woman. That was their plan. If Jesus freed the woman as they were expecting, they would have claimed He was breaking the law of Moses. If they could do that, then they could rightfully accuse Him of blasphemy. And the penalty for that, according to the law, was death.
それで、この裁判においても、宗教指導者達はイエス様がきっと女の味方をするだろうと考えていました。それが彼らの計画でした。もしイエス様が彼らの期待通りに女を釈放したら、イエス様がモーセの律法を破っていると言うつもりでした。もしそうできれば、正当にイエス様を冒涜の罪で訴えることができました。そしてその刑罰は、律法によれば、死刑でした。

On the other hand, there was also the possibility that Jesus might still have pronounced judicial sentence against the woman. He might have said: “Yes, she is guilty as charged. She must be punished according to the law of Moses.”
また一方では、イエス様が女に対してユダヤ的な判決を申し渡すという可能性もありました。「そうです、彼女は訴えの通りに有罪です。モーセの律法に従って罰を受けなくてはいけません」と言う可能性もありました。

However, the catch here was that, by their own admission, the Jews did not have the authority carry out such punishment themselves. Israel was under the control of Rome, and so it did not permit them to execute law-breakers.
けれども、彼ら自身も分かっていましたが、ユダヤ人にはこのような刑罰を自分達で実行する権限はありませんでした。イスラエルはローマの支配下にありました、それで、法を犯した者を処刑することは許されていませんでした。

Therefore, if Jesus did happen to condemn the woman, they would have accused Jesus of breaking the Roman law and of being a political enemy of Rome. And the penalty for that crime was also death.
そのため、もしイエス様がその女を有罪としたとしても、彼らはイエス様がローマの法律を破ってローマに政治的に敵対しようとしている、と訴えたでしょう。そしてその罪の刑罰も死刑でした。

So, whichever way Jesus decided about this woman, the Pharisees and teachers of the law were convinced that they would be able to catch Him in their trap and get rid of Him.
それで、イエス様がこの女についてどう判決を下したとしても、パリサイ人と律法の教師達はイエス様を彼らの罠にはめて消すことができると確信していました。

But it is here that they made a big tactical mistake. When they dragged the woman before Jesus, their clear accusation was that she had been caught in the very act of adultery. You don’t need much imagination to understand the significance of this claim.
ですがここで、彼らは大きな戦略上のミスをおかしました。彼らがその女をイエス様の前に引きずって行った時、その告発理由は彼女が姦淫のまさにその現場で捕まった、ということでした。この言い分には深い意味があるということは少し考えればお分かりかと思います。

Those religious leaders wanted to get rid of Jesus so badly, they were so determined to trap Jesus in their plan, that they completely exposed their own hypocrisy. Not only did their actions in this case reveal their own personal devious motivation, they also destroyed any integrity of their legal case against the woman.
宗教指導者達はどうしてもイエス様を消したいと思っていました、彼らは、その計画でイエス様を罠にはめようという思いがあまりにも強かったので、その偽善をすっかりさらけ出すことになってしまいました。この裁判での彼らの行動はその私的で屈折した動機を明らかにしただけでなく、その女に対する裁判の正当性をもぶち壊しにしてしまいました。

This was the problem: If the woman had indeed been caught in the act of adultery, then of course, there also had to have been another person, a man, involved. So the woman’s accusers must have also known who he was. But in spite of that, they only brought the woman. Where was the man? Where were their accusations against him?
これこそが問題です、もしその女が本当に姦淫の現場で捕らえられたのなら、当然、もうひとりの人がそこに居た筈です、相手の男です。そして女を訴えていた人達はその男が誰なのかも知っていた筈です。にも関わらず彼らは女だけを連れて来ました。男はどこに行ったのでしょう?その男に対する訴えはどこに行ってしまったのでしょう?

You see, the law of Moses actually declares that both parties guilty of adultery must face the same penalty. Deuteronomy 22:22 declares:
いいでしょうか、実際にはモーセの律法には、姦淫は当事者双方が有罪であり、同じ罰を受けなければいけないとあります。申命記22:22はこう言っています。

If a man is found sleeping with another man's wife, both the man who slept with her and the woman must die. You must purge the evil from Israel. (Deuteronomy 22:22)
夫のある女と寝ている男が見つかった場合は、その女と寝ていた男もその女も、ふたりとも死ななければならない。あなたはイスラエルのうちから悪を除き去りなさい

Perhaps by today’s standards, this may seem terrible. But if we feel defensive about that, then we need to look above our own standard and understand that the purpose of this law was not to take away freedom, but to ensure freedom. The standard of the law actually reveals the true value of the individual, of the family, of society, in our Creator’s eyes. The law aimed to protect that value for everyone.
恐らく今日の基準では、これはきびしいことに思えるかも知れません。けれどもし私達がこれについて保守的だと感じるなら、私達は自分の基準よりも上を見る必要があります、この律法の目的は自由を奪うことではなく自由を保証することだと理解する必要があります。この律法の基準は、創り主の目から見た、個人の、家族の、社会の、本当の価値を明らかにすることです。この律法は、全ての人が持っている、この価値を守ることを狙いとしています。

So, there stood the woman with her accusers. They had stated their case against her, and now they were demanding Jesus to pass sentence.
さて、その女は、訴えた人達と一緒に立っていました。彼らは女に対しての訴えを述べました、そして今度はイエス様に判決を下すように要求していました。

But Jesus didn’t say anything. Instead, He bent down and started to write something in the dust of the ground. We are not told what He actually wrote.
けれども、イエス様は何も言いませんでした。代わりに、かがんで地面に何かを書き始めました。彼が実際に何を書いていたかは分かりません。

Wouldn’t you love to know what He wrote! It must have been significant. It must have been connected to what happened next. Whatever it was, it hit directly at the heart of the issue.
イエス様が何を書いていたか知りたいですよね!きっと大事なことだったでしょう。次に何が起きるかに関係していたにちがいありません。それが何であったとしても、問題の核心を鋭くついていました。

Then, when the religious leaders continued to demand a verbal response, Jesus said to them:
そして、宗教指導者達が返事をするよう求め続けていると、イエス様は彼らに言われました、

"If any one of you is without sin, let him be the first to throw a stone at her." (John 8:7)
あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」

Jesus’ response completely stunned them. They had laid a trap to get rid of Jesus. They had used the woman in their plan, accusing her of breaking the law of Moses, and then demanded that Jesus pass judgment on her.
イエス様の反応に彼らはすっかり茫然としてしまいました。彼らはイエス様を消すために罠を仕掛けました。彼らの計画にその女を利用し、モーセの律法を破った罪で訴え、そしてイエス様に彼女への判決を下すことを求めました。

They were expecting Jesus Himself to either break their law of Moses, or possibly the law of Rome.
彼らはイエス様自身もモーセの律法、あるいはローマの法律、を破ることを期待していました。

But Jesus upheld their law. As judge, He not only rightly acknowledged the guilt of the woman, He also observed the appropriate punishment that was her due.
ですがイエス様は彼らの律法を支持しました。裁く者として、イエス様はその女の有罪をきちんと認めただけでなく、彼女が負うべき刑罰をも述べました。

However, Jesus then decreed how that punishment should be administered.
けれどもイエス様は、続いて、その判決をどのように執行すべきかをも命じました。

Punishment must be delivered by the one without sin.
刑罰は罪の無い人によって執行されなければいけません。

Now, suddenly, the religious leaders found that the tables had been turned. Now it was they who were really on trial.
突然、宗教指導者達は形成が逆転したことに気付きました。今度は、彼らが試されていました。

John continues:
ヨハネは続けています

Again He stooped down and wrote on the ground. At this, those who heard began to go away one at a time, the older ones first, until only Jesus was left, with the woman still standing there. (John 8:8,9)
そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた。彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。女はそのままそこにいた。(ヨハネ8:8,9

Jesus had laid bare the true sinful state of their hearts. Their sin of jealousy, hatred, and even planned murder had been laid bare. Then, one by one they dropped their weapons and left.
イエス様は彼らの心が本当は罪深いということを明らかにしました。ねたみ、憎しみ、殺人を企てた罪までが、明らかにされました。それから、ひとりまたひとりと彼らは武器を取り落として、立ち去りました。

Jesus straightened up and asked her, "Woman, where are they? Has no one condemned you?" "No one, sir," she said. (John 8:10,11a)
イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」 彼女は言った。「だれもいません。」(ヨハネ8:10,11a)

Even today, if you are arrested for a crime but nobody appears in court to accuse you, the judge will dismiss the case.
現代でさえ、あなたが犯罪を犯して捕まってもあなたを訴える人が誰も法廷に現れなかったとしたら、裁判官はその裁判を却下(棄却)します。

Now, the people who had brought the accusation against that woman had all left in shame. There was no one left to condemn her. Only Jesus. And though Jesus was the only One who really was qualified to condemn her, He didn’t:
その時、その女を訴えようとした人達はみんな、恥ずかしくなって立ち去ってしまいました。彼女をとがめようとした人は誰も残っていませんでした。イエス様だけが残っていました。イエス様だけが真に彼女をとがめる資格を持っていましたが、そうはされませんでした。

"Then neither do I condemn you," Jesus declared.
わたしもあなたを罪に定めない。

But notice that Jesus didn’t say that she wasn’t guilty. She was, and Jesus directly confronted that next.
けれどもイエス様は、彼女が有罪ではないとは言わなかった、ということに注意してください。実際彼女は有罪でした、イエス様は、後でそのことに直面することになります。

What Jesus did do, though, was to not condemn her for that guilt (sin.) But if God is holy and righteous, how was this possible?
  
にもかかわらず、イエス様のしたことは彼女に有罪の判決を下すことではありませんでした。けれども神様が清くて正しいのなら、どうしてこんなことが可能だったのでしょうか?

We can only imagine how the woman was feeling throughout all this. We don’t know what she thought, or if she said anything else.
私達にはこの女がこのこと全てを通してどのように感じたかは想像することしかできません。私達には、彼女が何を考えたのか、他になにか言ったのかどうかは分かりません。

But we do know that the condition for forgiveness is repentance. Jesus must have seen this change in her heart. And so He received her and gave her His forgiveness.
ですが、私達は赦しの条件は悔い改めであると知っています。イエス様は彼女の心にこの変化を見て取ったに違いありません。そこでイエス様は彼女を受け入れ、赦しを与えました。

But how was righteousness fulfilled? God is holy and righteous, and cannot just pretend that sin never existed.
けれども、正義はどのようにして成し遂げられたのでしょう?神様は清く正しいので、罪がなかったことにする、というわけにはいきません。

Romans 6:23 tells us that the wages of sin is death.
ローマ6:23に罪の報酬は死です、とあります。

When Jesus gave His forgiveness, He saw ahead to the cross, where He would take that woman’s sin onto Himself, and receive the full punishment for it from God the Father.
イエス様が赦しを与えた時、イエス様には十字架が見えていました、その十字架の上で、イエス様自身がその女の罪を背負い、その罪のために父なる神様からの罰を受けることになるのです。

1 Peter 3:18 tells us:
第一ペテロ3:18にこうあります

For Christ died for sins once for all, the righteous for the unrighteous, to bring you to God. He was put to death in the body but made alive by the Spirit, (1 Peter 3:18)
キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。

God’s demand for righteousness was fulfilled. And so Romans 6:23 concludes:
神様が求める義の条件は満たされました。そしてローマ6:23はこう続きます。

For the wages of sin is death, but the gift of God is eternal life in Christ Jesus our Lord. (Romans 6:23)
罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです

The woman had been given this gift. She was now covered by Jesus’ righteousness, and so she had eternal life. That is why Jesus told her to leave her life of sin.
この女はこの賜物をもらったのです。彼女はその時からイエス様の義で覆われました、そして永遠の命を手に入れました。それこそが、イエス様が彼女に、罪から離れて生きて行きなさいと言った理由です。

"Go now and leave your life of sin." (John 8:11b)
行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。

Have you ever made mistakes that you have really regretted? Have you ever been publically shamed for them? Do you ever compare yourself to other people, and feel guilty, inadequate, and insecure?
みなさんは、今までに心から後悔をするような失敗をしたことがあるでしょうか?そのせいで、人前で恥ずかしい思いをしたことがあるでしょうか?自分と他人をくらべて、罪悪感や無力感や不安を感じることがあるでしょうか?

Or, on the other hand, do you sometimes find yourself comparing yourself to others, and looking down on them – accusing them - seeking personal security by finding their faults?
それとも逆に、自分と他人をくらべて、人を見下したり、非難したり、他の人の過ちを見つけることで個人的な安心を見出したりしてはいないでしょうか?

The Bible teaches us that, one day, we will all have to face our Creator, the Judge of all life.
聖書は私達にこう教えています、いつか、私達はみんな、私達の創り主であり、全ての命の審判者である方と顔を合わせます。

If we are brave enough to look directly into the heart of Jesus, we will see the true state of our own hearts reflected back to us. That can be a terrifying thing! It caused the self-righteous religious leaders to depart in shame. But, on the other hand, it also opened the door for that woman to receive Jesus’ grace. It is not that she deserved God’s forgiveness, but, honestly, do we either?
もし私達にとても勇気があって、イエス様の心の中を直接のぞきこんでみたら、そこに映る私達の心の本当の状態がわかるでしょう。それはひどく恐ろしいことになるでしょう。それが、自分は正しいと思っていた宗教指導者達が恥じ入りながら去っていく、という事態を引き起こしました。ですが逆に、その女にイエス様の恵みを受ける扉を開いたのも、それでした。彼女が神様の赦しを受けるに値した、というわけではありません、でも、正直な所、私達もそうではないでしょうか?

But that is what God’s grace is – it is the unconditional love and forgiveness that He freely offers through Jesus’ cross to everyone who will humble themselves and ask Him for it.
でも、それこそが神様の恵みなのですへりくだってそれを求める全ての人に、イエス様の十字架を通して、無償で与えてくださる無条件の愛と赦しです。

So, I would like to finish with these words from 1 John Chapter 1, verses 8 and 9:
それでは、このみことばで締めくくりたいと思います。第一ヨハネ189節です。

If we claim to be without sin, we deceive ourselves and the truth is not in us. If we confess our sins, he is faithful and just and will forgive us our sins and purify us from all unrighteousness. (1 John 1:8-9)
もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

Let’s pray:
Loving Heavenly Father, thank you for Jesus, who taught us how to love one another and how to serve you. Thank you for your Holy Spirit who guides us as we walk the road you have made for us. I pray that Your name would glorified in our lives, today and forever. In Jesus’ name, Amen.
お祈りします
愛する天のお父様、イエス様をありがとうございます、イエス様は、どうやって他の人を愛したらいいか、どうやってあなたに仕えたらいいかを教えてくれました。聖霊を感謝します、あなたが造られた道を私達が歩む時、聖霊が導いて下さいます。あなたの御名が今もこれからも私達の人生の中でたたえられますように。イエス様のお名前によってお祈りします、アーメン。