gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

God on your side
見方になる神
Joshua 5:13-15
ヨシュア記5章13節〜15節

This summer saw the 97th running of the Japanese national high school baseball tournament.
今年の夏は第97回全日本高校野球選手権が行われました。

Every year teams from each prefecture compete against each other for the title of best high school baseball club in the country.
毎年、各県の代表が全国一を目指して競い合います。

Each game is full of action.
全ての試合が全力投球です。

Much more so than the professional games!
プロの試合以上に、です!

It’s an exciting tournament.
手に汗握る大会です。

People travel from all over the country to represent their prefectures, and to support their teams.
たくさんの人が、地元のチームを応援するために日本中からやって来ます。

Bands play; cheer squads sing; and everyone shouts.
ブラスバンドが演奏し、応援団が歌い、みんなが声をからして応援します。

It is very easy to understand who supports what team!
誰がどのチームを応援しているのかはすぐに分かります。

And it is a great encouragement to the players to know that they have all those people on their side.
そして自分の味方がたくさん居る、と知ることは、選手にとってとても大きな力になります。

I played baseball at university in Australia.
私はオーストラリアの大学で野球をしていました。

It was more like
硬式の草野球.
硬式の草野球のような物でした。

Once, my mum and my sister came to watch.
一度、母と姉が試合を見に来てくれました。

Well, I wish they had just watched!
まあ、見に来るだけにしておいて欲しかったんですけど。

They had never seen Japanese high school baseball before.
日本の高校野球を前に見たことがあるわけでもないのに。

But they sang, and they shouted as loud as any cheer squad…
応援団みたいに、歌うわ大きな声で叫ぶわで…

“Goooo Billyyyyyyyyy. Yeaaaaaaaa Billyyyyyyyyyy. Ruuuuuunnnnn Billyyyyyyyyy”…
Billy行けぇぇぇ!Billyそこだぁぁぁ!Billy走れぇぇぇ!」

even though they were about the only two people there!!
そこにはほぼその二人しか居なかったのに、ですよ。

I was, shall I say, “overwhelmed” by their expressions of encouragement!
私は、なんていうか「打ちのめされて」しまいました、その応援の仕方に。

There was
not no doubt at all that they were on my side!
ふたりは間違い無く私の味方でした。

This is one of the biggest questions that we ask.
これは私達が持つ一つの大きな疑問です。

Who is on my side?
誰が私の味方なのか?

“Are they on my side?”
あの人達は私の味方なんだろうか?

“Are YOU on my side?”
あなたは、私の味方ですか?

It is a big question that reaches the deepest parts of our hearts.
私達の心の一番深い部分にまで影響を及ぼす大きな疑問です。

It controls our feelings and thinking.
それは、私達の感情と考えとを支配しています。

Who is on my side?
誰が私の味方なんでしょう?

Is God … is God on my side?
神様は…神様は私の味方でしょうか?

Is God for me or against me?
神様は私の味方でしょうか?敵でしょうか?

Does God receive me or reject me?
神様にとって私は仲間でしょうか、そうではないのでしょうか?

Can I find peace with God, or am I in trouble because of Him?
私は神様のそばで安心することができるでしょうか、それとも居心地の悪い思いをするでしょうか?

Is God on my side?
神様は私の味方なんでしょうか?

We read in the Old Testament about a man called Joshua who was walking in the desert.
旧約聖書に、荒野を進んでいたヨシュアという人の話があります。

He wasn’t lost.
彼は道に迷ってはいませんでした。

But he was looking for help.
でも、助けを求めていました。

This is what happened:
こんなことが起きたのです。

  • Now when Joshua was near Jericho, he looked up and saw a man standing in front of him with a drawn sword in his hand.
    さて、ヨシュアがエリコの近くにいたとき、彼が目を上げて見ると、見よ、ひとりの人が抜き身の剣を手に持って、彼の前方に立っていた。
  • Joshua went up to him and asked, "Are you for us or for our enemies?" (Joshua 5:13)
    ヨシュアはその人のところへ行って、言った。「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

There it is. That question!
出ました!あの質問です!

  • "Are you for us or for our enemies?"
  • 「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

When something happens, which one of us is right?
何かあった、正しいのはどちらでしょう?

Which one of us is wrong?
まちがっているのはどちらでしょう?

Are you going to take my side?
あなたは私の味方になってくれますか?

So, what answer did Joshua receive?
さて、ヨシュアはどんな答えをもらったのでしょう?

"Are you for us or for our enemies?"
「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

What answer would we receive?
私達はどんな答えがもらえるのでしょう?

"Are you for us or for our enemies?"
「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

  • "Neither," he replied, "but as commander of the army of the LORD I have now come."
  • すると彼は言った。「いや、わたしは【主】の軍の将として、今、来たのだ。」

  • Then Joshua fell facedown to the ground in reverence, and asked him, "What message does my Lord have for his servant?"
  • そこで、ヨシュアは顔を地につけて伏し拝み、彼に言った。「わが主は、何をそのしもべに告げられるのですか。」

  • The commander of the LORD's army replied, "Take off your sandals, for the place where you are standing is holy." And Joshua did so. (Joshua 5:14-15)
  • すると、【主】の軍の将はヨシュアに言った。「あなたの足のはきものを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。」そこで、ヨシュアはそのようにした。

Joshua had gone out looking for help.
ヨシュアは助けを求めて出て行きました。

And God had come to Joshua.
そして神様がヨシュアのところへ来てくださいました。

God actually revealed Himself to Joshua.
神様はヨシュアにご自身の姿まであらわしてくださいました。

But God was not taking sides with Joshua.
ですが神様はヨシュアの側についてはくれませんでした。

God accepted Joshua.
神様はヨシュアを受け入れてくださいました。

And God welcomed Joshua into His own presence.
そして神様はヨシュアが神様と一緒に居ることを許してくださいました。

But God’s presence is holy.
でも、神様は聖なるなので

So Joshua was commanded to “lower himself” in God’s presence.
ヨシュアに、は神様と一緒に居るんのなら自分を低くしなさい、と命じられました。

That’s why he was commanded to take off his sandals.
それで、ヨシュアははきものを脱ぐように命じられたのです。

When people take sides, on what do they base whose side they will take?
人々が何かに味方するとき、何によってそうするのでしょう?

When we expect someone to be on our side, why do we assume that they would support us?
誰かが味方になってくれそうだと期待する時、なぜ彼らが応援してくれそうだと思うのでしょう?

Is it not because we believe that we are right and the other person is wrong?!
自分が正しくて相手は間違っていると私達が信じているからではないでしょうか?

Do we not think that our cause is right, or at least better than theirs?!
私達の言い分が正しいとか、少なくとも相手よりはましだとか思ってはいないでしょうか?

However, we see in this case with Joshua that it was not a simple situation of God taking one side against another, as Joshua had been assuming.
けれども、このヨシュアのケースで、神様にとって味方につくか敵につくかということは、ヨシュアが思っていたようには単純ではないと言うことが分かります。

God was not coming alongside Joshua as Joshua’s equal.
神様はヨシュアと対等の存在としてヨシュアの味方につこうとはされませんでした。

Joshua himself was not the standard by which God was moving.
神様は、ヨシュアを基準として動いていた訳ではありません。

And it is also not as though Joshua had a cause that God had chosen to alight Himself to.
そしてまた、神様がご自身を表そうと決めた理由がヨシュアにあった訳でもありません。

In fact, it is the opposite.
実際のところは、反対です。

It is God who is the standard.
基準は神様なのです。

And it was God who had a plan.
そして、計画を持っておられたのは神様でした。

Joshua had gone into the desert seeking help in a time of need.
ヨシュアは困った時に、助けを求めて荒野に出て行きました。

He was confronted with his own weakness and limitations.
彼は自分の弱さと限界に直面していました。

But shortly before this, when Joshua became leader of Israel after Moses died, God had encouraged him, saying:
ですがこの直前に、モーセが死んでヨシュアがイスラエルのリーダーになった時、神様は彼を励まして言われました。

  • Have I not commanded you? Be strong and courageous.
  • わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。
  • Do not be terrified; do not be discouraged, for the LORD your God will be with you wherever you go." (Joshua 1:9)
  • あなたの神、【主】が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」(ヨシュア1章9節)

It was God who had a plan for Joshua.
ヨシュアのための計画を持っておられたのは神様でした。

It was God who was drawing Joshua into that plan.
ヨシュアをその計画の中へと導き入れたのは神様でした。

And it was God who would be with Joshua, and guide and protect Joshua to the fulfillment of that plan.
そして、ヨシュアと共に居て、その計画が実現するようにヨシュアを守り導いておられたのは神様でした。

That is who God is.
つまり、神様はそういうお方なのです。

That is how God works.
それが、神様がどのように働かれるかということです。

That is how He continues to work, even today.
それが、神様がどうやって今日も働き続けておられるか、ということです。

God is the standard.
神様が基準なのです。

God He is perfectly holy.
神様は完全に聖なる方です。

We don’t meet that standard.
私達はその基準を満たすことができません。

But God draws us into His plan…
ですが神様は私達を神様のご計画に導き入れて下さいます。

even though we fall below God’s standard.
私達が神様の基準全然満たしていなくても、です。

In spite of our imperfections, He involves us in His plan
私達の不完全さにもかかわらず、神様は私達をご自身のご計画に入れてくださいます。

In fact, because of our weakness, He makes us central to His plan
あえて、私達の弱さのために、神様は私達をそのご計画の中心としてくださるのです。

  • But God chose the foolish things of the world to shame the wise; God chose the weak things of the world to shame the strong. (1 Corinthians 1:27)
  • しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。

In 2005, a group of Australians were caught smuggling drugs out of Indonesia.
2005
年に、インドネシアからドラッグを密輸しようとしたオーストラリア人のグループが捕まりました。

If found guilty in court, they faced death by firing squad.
法廷で有罪になれば、彼らは銃殺刑となります。

There would be a trial.
裁判がおこなわれましたが

But who would be on their side!
誰が彼らの味方になってくれたでしょう?

A few days after their arrest, one of the two ring leaders, Andrew Chan tried to take his own life.
彼らの逮捕から数日後、二人の首謀者の内のひとりAndrew Chanは自殺しようとしました。

He later said that his life had had no meaning.
後になって彼は自分の命に意味などなかった、と言いました。

He had never thought about anyone other than himself.
彼は自分以外の誰かのことなど考えたこともありませんでした。

He said he had never done anything good for anyone.
誰かに何か良いことをしたことなどなかった、と言っていました。

But during their trial, they joined a Bible study group in the prison.
でも裁判が続いているあいだに、彼は刑務所で聖書を学ぶグループに加わりました。

As they learnt about God’s love, and what God’s love did for them, they put their trust in Jesus,
神様の愛について、神様の愛が彼らに何をしてくれたかについて学ぶうちに、彼らはイエス様を信頼するようになりました、

While facing the prospect of the death penalty, he embraced the very personal comfort and hope of eternal life.
死刑を目の前にして彼は、実に個人的な慰めと永遠のいのちの希望を抱くようになりました。

His life began to change.
彼の人生は変わり始めました。

He started to support and mentor other troubled prisoners.
彼は、他の問題を抱えた囚人を支え、彼らの人生も変わるようにと心を砕くようになりました。

He developed programs and courses within the prison to continue that work.
その働きが続いて行くように、刑務所の中で色々なプログラムを立ち上げました。

He undertook formal Bible training and became a pastor, leading English worship services in the prison.
彼は正式な聖書の勉強を始め、牧師になりました、そして刑務所の中で英語礼拝をするようになりました。

He even got engaged and he set about establishing an orphanage in Indonesia to help desperate children with his fiance.
さらに婚約もして、婚約者と一緒に恵まれない子ども達のための孤児院をインドネシアに設立することに取りかかりました。

And all this time, he was on death row inside a high security prison in Indonesia.
しかもそのあいだずっと、彼はインドネシアの警備の厳しい刑務所の中で、いつ死刑になるか分からない状態だったのです。

The
prison governor actually described Chan and the other former ring leader as model prisoners and testified in court that they should not be executed because of the positive influence they had had on so many people.
刑務所長は実際に、チャンともうひとりの首謀者を模範的な受刑者と言っていて、彼らはとてもたくさんの人に良い影響を与えているので死刑にするべきでは無いと法廷で、証言しました。

Andrew also confessed that getting caught was the best thing that could have happened to him.
Andrew
もまた、法廷で証言しました。逮捕されたことは自分に起こったことの中で一番良いことだったと

Two years ago, during that trial, Andrew testified:
2
年前、裁判の中で、Andrewはこう言いました

“I hope that one day I will be able to have my own family and work as a pastor so I can give guidance to young people. I can still contribute a great deal during my life.”
「私は、いつか自分の家族を持って、牧師として働いて若い人達を指導したいのです。私は、まだ、私の人生の多くを誰かのために差し出すことができます。」

However, in spite of the pleas of many people, both men were later convicted and sentenced to death.
ですが、多くの人の嘆願にもかかわらず、二人とも後に有罪を宣告され、死刑判決を受けました。

This is what Andrew said straight after that judgement:
判決のすぐ後Andrewはこう言っていました

"When I got back to my cell, I said, 'God, I asked you to set me free, not kill me.'
私は自分の部屋に帰ると言いました「神様、私を自由にしてください、殺さないでください。」

God spoke to me and said, 'Andrew, I have set you free from the inside out, I have given you life!'
神様は私に言われました「Andrew、私はあなたの魂を自由にしました、私はあなたに本当の命を与えました」

From that moment on I haven't stopped worshipping Him. I had never sung before, never led worship, until Jesus set me free."
その瞬間から私はずっと神様を賛美しています。神様が私を自由にしてくださるまでは、私は歌ったこともなかったし、礼拝をすることも無かったのに、です。」

Paul, who wrote a large part of the New Testament, was originally against Jesus.
新約聖書の大部分を書いたパウロはもとはイエス様に敵対していました。

Nevertheless, instead of condemning Paul, God included Paul in His incredible plan.
にもかかわらず、神様はパウロを責めるのではなく、ご自身のすばらしい計画に入れてくださいました。

This is Paul’s response:
これがパウロの応答です。

  • I thank Christ Jesus our Lord, who has given me strength, that he considered me faithful, appointing me to his service.
  • 私は、私を強くしてくださる私たちの主キリスト・イエスに感謝をささげています。なぜなら、キリストは、私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです。

  • Even though I was once a blasphemer and a persecutor and a violent man, I was shown mercy because I acted in ignorance and unbelief.
  • 私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。

  • The grace of our Lord was poured out on me abundantly, along with the faith and love that are in Christ Jesus.
  • 私たちの主の、この恵みは、キリスト・イエスにある信仰と愛とともに、ますます満ちあふれるようになりました。

  • Here is a trustworthy saying that deserves full acceptance: Christ Jesus came into the world to save sinners--of whom I am the worst.
  • 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。

  • But for that very reason I was shown mercy so that in me, the worst of sinners, Christ Jesus might display his unlimited patience as an example for those who would believe on him and receive eternal life. (1 Timothy 1:12-16)
  • しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。

Before going to prison, those men had committed a terrible crime.
刑務所に入る前、この人達はひどい犯罪を犯してしまいました。

They couldn’t change their past.
彼らの過去は変えられません。

In those circumstances, who could ignore what they had done?
このような状況の中で誰が彼らのしたことを無かったことにできるでしょう?

Who could forgive their sin?
誰が彼らの罪を赦せるでしょう?

Who could be on their side?
誰が彼らの味方になれるでしょう?

Ultimately, however, their problem was not that they had done something bad.
でも、一番大事なのは、彼らが悪いことをしたのが彼らの問題ではない、ということです。

Our problem is not that sin makes people bad.
罪によって人々が悪くなってしまうことが問題なのではありません。

So, the answer to our problem is not for bad people to become good.
それで、悪い人が良い人になれば問題は解決、ということではありません。

The problem is much, much worse than being bad.
問題は、もっともっと深刻なのです。

It’s not that sin makes us bad.
罪が私達を悪くする、ということではなく

Sin makes us dead.
罪によって私達はすでに死んだ状態だということです。

Therefore, what dead people need is to be made alive.
ということは、死んでいる人達に必要なのは、生きるようになること、です。

Jesus gives life!
イエス様はいのちをくださいます!

Jesus gave those prisoners His grace and mercy.
イエス様はあの囚人達にご自身の恵みとあわれみをくださいました。

Jesus gave them His own life.
イエス様は彼らにご自身のいのちをくださいました。

Jesus’ eternal life gave them peace, hope and courage.
イエス様の永遠のいのちは、彼らに平安と、希望と、勇気を与えてくださいました。

Jesus’ life changed those men
イエス様のいのちが、彼らを変えました。

Jesus’ life transformed those men.
イエス様のいのちは彼らをすっかり変えてしまいました。

It was so clear to everyone who met them.
彼らが誰に会ったのかは、誰の目にも明らかでした。

So, why did they have to die?
では、なぜ彼らは死ななければならなかったのでしょう?

Where was God?
神様はどこに居たんでしょう?

Wasn’t God on their side?
神様は彼らの味方ではなかったんでしょうか?

As they were taken away to be killed, not only the other prisoners, but also the Indonesian prison guards were all crying.
彼らが処刑のため連れていかれると、他の囚人達だけでなく、インドネシア人の看守までみんなが泣きました。

Later, Andrew’s wife spoke at his funeral.
後に、Andrewの妻が葬儀で語りました。

She echoed many people’s question:
彼女は多くの人の疑問を繰り返しました

She said: “Why did so many people pray and we didn’t see the miracle?
「どうしてこんなに多くの人が祈ってくれたのに、奇跡は起きなかったのでしょう?

Why did so many people pray and it seems like nothing happened?
どうしてこんなに多くの人が祈ってくれたのに、何も起きていないように見えるんでしょう?

I said: “God, You gave me the promises.
私はこう言いました「神様、あなたは約束してくださったじゃないですか。

Everyday I prayed together with him and we claimed all His promises – Your promises.
毎日私は彼と一緒に祈り、神様、あなたのお約束を求めました。

But it seems like they disappeared.”
でも約束はみんなどこかに消えてしまったようです」

But (at) the end, I realized it happened.
でも最後に、それが起きていたことに気付きました。

Today, you might ask the question: “Where did he get the courage?
今日、皆さんはこう尋ねるでしょう「彼はどこで勇気を得たんだろう?

“How can someone be so strong facing death and say: “Forgive them!”?
どうやったら、死に直面してあんなに強くなれるのか、彼らを赦してください、と言えるのか、と

Not only that, while they were walking to the field (where they would be shot) he prayed: “Bless Indonesia. Bless Indonesia. Bless Indonesia.”
それだけでなく、処刑場まで歩いていくあいだも彼は祈っていました「インドネシアを祝福してください、インドネシアを祝福してください、インドネシアを祝福してください」

(Until the moment their lives were taken, they continued to sing hymns of praise and thanksgiving.)
いのちが取られるその瞬間まで、彼らは賛美と感謝の歌を歌い続けました。

How can someone have that courage and be so brave to face death?”
どうやったら、死に直面してあんな勇気を持つことができるのか、あんなに勇敢で居られるのか、と。

She continued:
彼女は続けました。

"In one of his last letters to me, he wrote: 'You will need to continue with the visions for this island.
彼の最後の手紙にこうありました「あなたはこの島のためにビジョンを持って働き続けてください。

Never forget the people there. I have found love for them through you.
ここの人達のことを忘れないでください。私はあなたを通して彼らに対する愛を知りました。

Darling, continue to fight [the injustice] in this country."
この国で戦い続けてください。」

"Andrew managed to end it well. 
Andrew
はその人生を全うしました。

Andrew managed to bless people.
Andrew
は人々の祝福となりました

Andrew managed to forgive those who hurt him, those who mock him, it's only because of Jesus.
Andrew
は彼を傷つけた人達、彼を裏切った人達を赦しました。ただ、イエス様
のゆえに。

It's only because of Jesus," she said.
ただ、イエス様のゆえに」そう彼女は言いました。

So, she concluded:
そして、こう結びました

“If you want to have the same courage, if you want to have the same peace; if you want to end well like him, it’s only through Jesus.
もしあなたが同じような勇気を持ちたいなら、平安を得たいなら、彼のような最期を迎えたいなら、それはただイエス様によるのです。

“It’s hard for me to understand, but I believe God always has a better plan for me. “
「今の私には理解するのが難しいですが、神様にはいつも私のためのより良い計画があると信じています。」

Is God on your side?
神様はあなたの味方ですか?

Not if you are comparing yourself to someone else.
もしあなたが自分と誰かをくらべたりしていたら、ちがいます

Not if you think that what you do deserves His reward.
もし自分の行いが神様の報いを受けるにふさわしいと考えていたら、ちがいます。

We are not the standard so that God follows us.
神様が私達の側につくのは、私達が基準なのではありません。

God does not align Himself with our causes above someone else’s.
私達がなにかを主張したからと言って、それによって神様が他の人達ではなく私達の味方になってくれる、という訳ではありません。

God Himself is the standard.
神様ご自身が基準なのです。

But it is His plan to draw us close to Himself.
ですが、私達を神様のそばへと引き寄せてくださることは、神様のご計画です。

In the midst of our weakness and limitations, it is God who draws us into this plan that He has for us.
私達の弱さと限界の中にあって、私達のために用意して下さっているそのご計画に私達を入れてくださるのは、神様です。

There are many things that happen in life that we do not understand.
人生には、私達には理解できないようなことがたくさん起こります。

But that is why God comes to us.
だからこそ、神様が私達の所に来てくださるのです。

God promises to guide and protect us to the fulfillment of His plan.
神様は、ご自身のご計画が実現するように、私達を導き、守ると約束しておられます。

Just as God said to Joshua, God also declares to us:
神様がヨシュアに言われたのと同じように、私達にも述べておられます。

  • Have I not commanded you? Be strong and courageous.
  • わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。
  • Do not be terrified; do not be discouraged, for the LORD your God will be with you wherever you go." (Joshua 1:9)
  • あなたの神、【主】が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」(ヨシュア1章9節)

Do you have the absolute assurance of God’s forgiving love that Jesus gives?
あなたは、イエス様がくださる神様の赦しの愛を受けているという、ゆるぎない確信を持っていますか?

Jesus offers His life freely to each one of us.
イエス様は私達ひとりひとりのために、その命を惜しみなく差し出しておられます。

No matter what happens in this world, Jesus’ life is the source, the basis, and the reason for our strength and courage.
この世界で何が起きても、イエス様のいのちは、私達の強さと勇気のみなもとであり、土台であり、よりどころです。

And His plan is a plan to prosper us, not to harm us.
そして神様の計画は、私達に災いをもたらすものではなく平安をもたらすものです。

It is a plan to give us hope and a future.
エレミヤ29:11
私達に希望と将来を与える計画です。

Therefore, Paul declared:
そういうわけで、パウロは述べています。

  • What, then, shall we say in response to this? If God is for us, who can be against us? (Romans 8:31)
  • では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

So, I pray that we will all be able to “take of our own sandals off” – to lower ourselves before God,
なので、私は祈ります。私達がはきものを脱ぐことができるように、神様の前で自分を低くすることができるように。

And receive peace in our hearts from knowing that God is with us!
そして、神様が一緒に居てくださると知ることで私達の心が安らぎを得ることができるように。