gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort

God who recovers us
私たちを回復させてくださる神
Genesis 9:20-27
創世記9章20節〜27節

There are many challenges for foreigners who come to live in Japan.
日本に住むためにやってくるきた外国人にはたくさんのチャレンジがあります。

Language, food and culture are all so different.
言葉、食べ物、文化など全部違います。

We have to get used to many new and unexpected ways of doing things.
私たちは何かするとき、たくさんの新しい、予想もつかなかったやり方を覚えなければいけません。

There are Japanese customs that some foreigners have particular trouble getting used to.
日本には外国人が特に困るような習慣があります。

One in particular is the bath.
特にお風呂です。

Well, maybe washing your body before getting into the bath tub is not so hard.
まあ、たぶんバスタブに入る前に体を洗うことはそんなに難しいことではありません。

Actually, we have a lot of droughts in Australia, where I come from.
実際、私の故郷であるオーストラリアではたびたび水不足になります。

So the Japanese system of sharing the bath water is actually a very good way to save water.
だから日本のお風呂のお湯を共有するシステムは、実に水の節約の良い方法です。

However, the idea of actually sharing the bath together with other people – at the same time - is, shall I say, very foreign to many other cultures.
でも、同時にほかの人たちとお風呂を共有する考え方は、外国人には理解しがたい文化なのです。

A couple of years ago, my brother came to visit me here in Japan and we went to a hot spring together.
数年前、私の兄が日本の私のところにやってきました。そして私たちはいっしょに温泉に行きました。

But prior to that, the last time that I had a bath with my brother was when I was about 6 years old.
でも、それ以前に、私が兄といっしょにお風呂に入ったのは、私が6歳ぐらいのころでした。

So I was very surprised when I first came to Japan.
だから、私は日本にはじめて来たころ、すごく驚きました。

I lived in a home stay.
私はホームステイをしていました。

There were five people in my host family.
私のホストファミリーは5人家族でした。

And in various combinations, there always seemed to be either two or three, and sometimes even four, people in the bath together.
だから、お風呂に入るときにはいろんな組み合わせがありましたがだいたい2人か3人、時には4人でも入っていたようでした。

Then, one day, I went to a hot spring for the first time.
ある日、私ははじめて温泉に行きました。

It was more of a
sento than an onsen.
そこは温泉というより銭湯というかんじでした。

By chance, there was no one in the bath when I got there.
私が温泉に行ったとき、たまたまお風呂場には誰もいませんでした。

But as soon as I had finished washing, another man came in.
でも、私が体を洗い終わるとすぐに、ほかの人が入ってきました。

I didn’t know what to do.
どうしたらいいか、わかりませんでした。

So I quickly left without actually getting into the bath.
だから私は湯船につからず、さっさと出ていきました。

I really, really love Japanese baths now!
私は、今、ほんとうに、ほんとうに、日本のお風呂が大好きです。

But at that time, that was just a scary experience for me.
しかし、あの時のことは私にとっては、ただただ恐ろしい経験でした。

If you grew up in Japan, maybe you have never thought twice about getting into a bath with other people.
あなたが日本で育ったなら、たぶん自分がほかの人たちとお風呂に入ることをしみじみと考えることはないでしょう。

Whether you are with people that you know, or even if you are surrounded by strangers…
あなたが知っている人とであろうとも、知らない人といっしょであろうとも・・・

it is a natural part of this culture.
ここ日本ではごく自然なことなのです。

That’s one reason why I think the Bible story that we have just read is difficult to understand at first.
これが、今日の聖書の話を日本人がすぐに理解するのが、難しいと感じる理由だと思います。

It doesn’t look like it has any real scandalous content.
スキャンダルとなる様なことではなさそうですね。

It seems to be the sort of thing that might happen to anyone at any time.
ただいつでも誰にでも起こりそうなことに見えるだけです。

But if it was really only an innocent, insignificant incident, why is it included in the Bible?
でも、もし本当に罪のない、取るに足らない出来事であったなら、なぜ聖書にそのようなことが書かれているのでしょうか?

How can we explain Noah’s response?
ノアの行動をどのように説明できるでしょう?

Noah’s reaction tells us that something much deeper must have happened.
ノアの反応からもっと深刻なことが起こったということが分かると思います。

There is something that is not obvious to us in our culture here.
ここ日本の文化の中ではよくわからないことが起こりました。

There is something important here that is easy for us to misunderstand.
私たちには誤解しやすい、でも、重要なものがあります。

So we need to find what that is.
だから私たちは、それが何であるか、見つける必要があります。

In order to understand and live by the truth of the Bible, we need to understand what this incident really means.
聖書を理解し、聖書の真理によって生きるために、私たちはこの出来事の本当の意味を理解することが必要です。

Let’s take another look at what happened.
何が起こったか、もう一度見てみましょう。

The scene is set some time after the great flood.
その場面は大洪水の後、しばらくたってからのことです。

Noah is a farmer.
ノアは農夫です。

And his sons and their wives now have their own children.
彼の息子と妻たちにはそれぞれ子供がいます。

One day, or night (!) Noah drank some wine that he had made.
ある日、あるいはある晩、ノアは彼が作ったワインを少々飲みました。

But it seems that he had too much.
しかし、彼は飲みすぎてしまったようです。

He got drunk, he fell asleep, his garments slipped off, and so he slept naked.
そのワインに酔ってしまい、彼は眠ってしまいました。服が脱げ、裸になってしまいました。

Well, it might have been embarrassing for Noah if he had woken up like that the next morning.
確かに、次の朝、そのような状態で彼が目覚めたら、それはノアにとってひどくはずかしいことだったでしょう。

In fact, his youngest son, Ham, happened to see his father like that.
実際、彼の末の息子のハムはそんなノアの姿を見てしまいました。

Ham went and told his two older brothers, who then went and covered their father’s naked body up.
ハムは2人の兄のところに言いに行きました。2人の兄は、それを聞いて裸になっている父のところに行って、服をかけてきました。

But they did this being careful to not even look at their father so that they wouldn’t see his nakedness.
しかし、兄たちは父の裸を見ないために、彼の姿を見ないように気をつけていました。

Then, when Noah woke up, he suddenly spoke a prophecy about his family.
そして、ノアは目覚めると、突然彼の家族についての予言をしました。

The prophecy contained both a blessing and a curse.
その予言は祝福と呪いを両方含んでいました。

The blessing was on Shem and Japheth, and the curse was on Canaan, the son of Ham.
祝福はセムとヤペテの上にあり、呪いはハムの息子のカナンの上にありました。

So, let’s look at what Noah said about Canaan first.
それでは、最初にカナンについてノアが言ったことを見てみましょう。

Notice that the curse that Noah said was not against Ham, or even against all of Ham’s children.
ノアの予言がハムに対するものでないこと、ハムのすべての子供たちに対するものでもないことに気をつけてください。

The curse was only against Canaan.
呪いはカナンに対してだけでした。

In fact, it was actually a curse against the nation of Canaan, which later came from Ham’s son.
実際のところ、カナンの種族に対する呪いでした。そして、ハムの息子、カナンから始まったのです。

However, when Noah said this, he was not using some kind of magic to cause that future event to happen.
しかし、ノアがこの呪いについて語った時、彼は将来起こることを引き起こすようなマジックを使っていた訳ではありませんでした。

He had just been given an insight into the future that awaited the offspring of Ham.
ノアは将来を見通す目を与えられただけでした。そしてその将来とは、ハムの子供たちを待ち受けるものでした。

It is possible that Canaan was not even with his father, Ham, when Ham saw Noah naked.
もしかしたら、ハムが裸のノアを見たとき、カナンは父のハムといっしょにはいなかった可能性もあります。

However, we know that the nation of Canaan later descended into great moral depravity.
しかし、私たちはカナンの種族が、後にモラルが腐敗した状態に陥ることを知っています。

So, we are being taught here that the source of that moral depravity was Ham.
だから、私たちはこのことから教えられます。そのモラルの腐敗の原因はハムでした。

The bad influence of this moral depravity deeply affected Ham’s son, Canaan.
この深刻なモラルの腐敗の影響は、ハムの息子カナンにあらわれました。

And this moral depravity then continued to grow deeper within Canaan’s decendents.
そして、このモラルの腐敗は、カナンの受け継いだ悪い要素を彼の種族の中に深く根付かせました。

The direct result of this is that the nation of Canaan was then conquered by Israel.
このことの直接の結果が、カナンの種族がイスラエルに征服されたことなのです。

Canaan then had to serve Israel as its slave.
そこで、カナンは奴隷としてイスラエルに仕えなければなりませんでした。

Thus, the curse was not a personal condemnation of Ham for his moral depravity, or even of his son Canaan.
つまり、この呪いは、ハムのモラルの腐敗、あるいはカナンのモラルの腐敗への個人的な罪の宣告ではありませんでした。

But it was a prophecy of the terrible influence, and therefore the tragic consequence, that this moral depravity would lead to.
かえって、これはこのモラルの腐敗が引き起こす悲惨な影響と痛ましい結果に対する預言だった訳です。

So, just what was this moral depravity?

さて、このモラルの腐敗とは何だったのでしょう?

We are told that:
  • Ham, the father of Canaan, saw his father's nakedness and told his two brothers outside.
    カナンの父ハムは、父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。

  • But Shem and Japheth took a garment and laid it across their shoulders; then they walked in backward and covered their father's nakedness.
    それでセムとヤペテは着物を取って、自分たちふたりの肩に掛け、うしろ向きに歩いて行って、父の裸をおおった。

  • Their faces were turned the other way so that they would not see their father's nakedness.
    彼らは顔をそむけて、父の裸を見なかった。(創世記9章22節〜23節)

What was really wrong with Noah sleeping naked in his own tent?
ノアが自分のテントで裸で眠っていたことは、本当に何がまちがっていたのでしょう?

What was wrong with his family seeing him like that?
裸のノアが自分の家族に見られてしまったことの、何がまちがっていたのでしょう?

Why did Shem and Japheth take so much care to cover Noah up but not look at him?
なぜ、セムとヤペテは裸のノアを見ないようにして、あんなに注意深くノアに服をかけたのでしょう?

And why did this lead to such a sever consequence for the decendents of Ham’s son, Canaan?
そして、なぜこのことがハムの息子カナンの子孫に訪れるこんな悲惨な結果になるのでしょう?

In order to understand this, we need to understand what Noah’s nakedness actually represented.
このことを理解するために、私たちはノアの裸が本当に何のことをしめしているのかを理解する必要があります。

We can certainly assume that Noah’s family did not take family or community baths together!
兎に角、ノアの家族が、家族同士、あるいは近所の人といっしょにお風呂に入ることはなかったのは確かなことだったでしょう!

In fact, we need to return again to the beginning of creation.
天地創造の最初の部分に遡ってみる必要があります。
Genesis Chapter 1 tells us:
創世記第1章にこのように書かれています。

  • So God created man in his own image, in the image of God he created him; male and female he created them. God blessed them and said to them, "Be fruitful and increase in number; (Genesis 1:27,28a)
    神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。
神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。(創世記1章27節〜28節)

  • The man and his wife were both naked, and they felt no shame. (Genesis 2:25)
    人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。(創世記2章25節)

  • God saw all that he had made, and it was very good. (Genesis 1:31)
    神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。(創世記1章31節)

When God created people, they were complete.
神様が人間を創造されたとき、彼らは完全なものでした。

They were not lacking in any way.
彼らはどこも欠けているところがありませんでした。

Even though they were naked, they were covered by God’s goodness and filled with innocence.
彼らは裸だったけれど、彼らは神様の正しさに包まれ、純潔で満たされていました。

But as we have seen, when they turned their backs on God, they renounced that covering of God’s goodness.
しかし、彼らが神様に背を向けたとき、彼らは神様の正しさの覆いを捨てました。

They lost their innocence.
彼らは純潔を失いました。

They were uncovered.
彼らは神様が提供して下さった覆いは、もうなかったのです。

Their physical nakedness was actually only a reflection of the sin and emptiness that was now exposed in their hearts.
彼らの肉体の裸は実は、罪と空虚さを反映するものでした。彼らの心の中をさらけだしたものでした。

Instead of God’s goodness, their hearts were filled with guilt and shame.
神様の正しさのかわりに、彼らの心は罪の意識と恥ずかしさでいっぱいでした。

They were separated from God.
彼らは神様と切り離されてしまいました。

They were lost.
彼らは迷子になってしまいました。

But it was God who went looking for them.
しかし、彼らをさがしにいったのは神様でした。

It was God who wanted to bring them out from their place of hiding.
神様は彼らがかくれているところから、彼らを連れ出したかったのです。

It was God who wanted to restore the relationship.
神様は彼らとの関係を回復させたかった。取り戻したかったのです。

There was nothing that Adam and Eve could do to change what they had done.
アダムとイブがやってしまったことを変えるためにできることは何もありませんでした。

Even if they had immediately confessed their sin and said sorry to God in the Garden at that time, the penalty for that sin still had to be paid.
たとえ、そのときすぐに彼らが罪を認め、エデンの園で神様にあやまっていたとしても、神の義の故に、その罪に対する罰は報いられる必要がありました。

And so it was God who provided the solution.
だから、その答えをくださったのが神様でした。

He covered over the shame and guilt of their sin with animal skins.
神様こそは動物の皮を持って彼らの罪の恥や罪悪感を覆いました。

The skins covered over their naked bodies.
動物の皮は、彼らの裸の身体を覆い隠しました。

But the skins had been taken through the sacrifice of the innocent life of that animal.
しかし、その皮は動物の罪のない命の犠牲を通して得られるものでした。

So, while the animal skins covered the nakedness of their bodies,
だから動物の皮で裸の身体を覆われていましたが、

at the same time, the blood of those innocent animals covered over the sin of their hearts.
その罪のない血が彼らの罪を覆い隠していたのです。

Therefore, the meaning and purpose of clothing was to cover over sin;
それゆえ、衣服の意味と目的は罪を覆い隠すことでした。

to cover over the consequence of sin, which is death.
罪、すなわち死のもたらす結果を覆い隠すことでした。

And this was done through the sacrifice of an innocent life.
そして、このことは罪のない命の犠牲を通してなされました。

So, the real meaning, the real reason for the clothing that covered Noah was not to keep him warm.
だから、ノアを覆う衣服の本当の意味、本当の理由は彼を温めるためのものではありません。

It represented that his sin had been covered and forgiven.
それは、彼の罪を覆い隠し、許されるものをあらわしていたのです。

And this had been done by the shedding of the blood of an innocent life.
そして、このことは罪のない命の血が注がれることによってなされました。

But when Ham saw that this physical covering had slipped off, he didn’t seek to fix it.
しかし、ハムはこの肉体を覆うものがはがされた状態を見ても、それを直して隠そうとはしませんでした。

Noah’s nakedness represented the guilt and shame of his sin.
ノアの裸は、彼の罪に対する意識と恥ずかしさをあらわしていました。

God had provided a covering for it.
神様はそれを覆い隠すものをお与えになりました。

But instead of covering it over for Noah again;
しかし、ノアのためにもう一度罪を覆い隠そうとしないで、

Ham ignored the provision of grace that God had provided.
ハムは神様がお与えになった恵みの備えを無視しました。

Instead, he went and told his brothers about the uncovered, exposed condition of their father.
かわりに、彼は父の罪の覆いがとれ、罪があらわになっていることを兄たちに告げに行きました。

So, the problem was not just that Ham left Noah in his exposed state;
つまり問題は、ハムは罪があらわになった状態のノアを放っておいただけではなく、

Ham chose to disregard the provision of God’s grace.
ハムは神様の恵みの備えを軽視するようにした訳です。

And instead, he focused on the problem has though God’s grace was insufficient.
そして、かわりに彼は神様の恵みの備えがまるで不十分なものであったように裸になってしまっていたノアを見てしまったのです。

Friends, disregarding God’s grace is the most terrible thing that we can do in this life.
みなさん、神様の恵みを軽視することは、私たちがしてしまう、もっとも悲惨なことです。

God has made perfect provision for the forgiveness of our sin.
神様は私たちの罪のゆるしのために完全な救済を作られました。

Like Adam and Eve, God keeps on calling us out of hiding.
アダムとイブのように隠れている私たちを、神様は呼び続けています。

He continues to offer to cover us with His grace.
神様はその恵みで私たちを覆い隠そうと手をさしのべ続けてくださいます。

But if we ignore that provision, our sin remains uncovered;
しかし、もし私たちがその備えを無視すると、私たちの罪は覆い隠されないままです。

and we remain separated from God.
そして私たちは神様から離れたままです。

We remain lost.
私たちは迷い続けたままです。

So, what did Ham’s brothers do?
さて、ハムの兄たちは何をしたでしょう?

They purposefully avoided looking at their father’s nakedness.
彼らはよく気をつけて父の裸を見ないようにしました。

They did not focus on what God had already covered.
彼らは神様がすでに覆い隠してくださったものには注目しませんでした。

They used what God had already provided to re-cover their father.
神様が既にお与えになっていた備えをつかって、お父さんをもう一度覆い隠しました。                    

That is what God does for us.
それが神様が私たちにしてくださることです。

He covers us.
神様は私たちを覆ってくださいます。

And when He covers us, He recovers us.
そして、私達を覆うことで私達との関係を回復させて下さいます。

To “recover” means to restore.
“Recover”
「もう一度覆う」というのは『回復する』ことを意味します。

It means to get something back.
元の状態に取り戻すことを意味します。

It means to fix something that was broken.
こわれたものを直すことを意味します。

It means to save something that was lost.
迷っていたものを救い出すことを意味します。

When the sin of our hearts is uncovered, we are lost to God.
私たちの心の罪が覆い隠されていないとき、私たちは神様のところから離れてい
ています。

However, God covers over our sin.
しかし、神様は私たちの罪を覆い隠してくださいます。

And God recovers us.
そして、神様は私たちを取り戻してくださいます。

So, now we come to the two prophesies of blessing that Noah made.
それでは、ノアの2つの祝福の予言を見てみましょう。

In this blessing of Shem, Noah declared:
セムの祝福について、ノアはこう述べています。

  • "Blessed be the LORD, the God of Shem! May Canaan be the slave of Shem. (Genesis 9:26)
「ほめたたえよ。セムの神、【主】を。カナンは彼らのしもべとなれ。」(創世記9章26節)

Did this prophecy come true?
この予言は本当でしょうか?

What happened?
何が起こったのでしょう?

What does this have to do with us?
そして、このことが、私たちと何の関係があるのでしょうか?

We are going to turn to the New Testament for the answer.
答えは新約聖書にあります。

Let’s look at Matthew Chapter 3.
マタイの福音書の3章を見てみましょう。

We are going to read verses 23 and then skip down to verse 36.
マタイの福音書の3章23節と36節を読んでみましょう。

  • Now Jesus himself was about thirty years old when he began his ministry. He was the son, so it was thought, of Joseph, the son of Heli, (Luke 3:23)
    教えを始められたとき、イエスはおよそ三十歳で、人々からヨセフの子と思われていた。このヨセフは、ヘリの子、順次さかのぼって、(ルカ3章23節)

  • the son of Cainan, the son of Arphaxad, the son of Shem, the son of Noah, the son of Lamech, (Genesis 3:36)
    カイナンの子、アルパクサデの子、セムの子、ノアの子、ラメクの子、(ルカ3章36節)

You see, it was through the line of Shem that God would bring Jesus into the world.
セムの一族からイエス様がお生まれになることがわかりましたね。

And Jesus shed His innocent blood on the cross for the forgiveness of our sins.
そして、イエス様は私たちの罪の赦しのために十字架で罪のない血を注がれました。

When we trust in Jesus, He covers over our sins, and the guilt and shame of our sins.
私たちがイエス様を信じるとき、イエス様は私たちの罪と、罪の罪悪感と恥ずかしさを覆い隠してくださいます。

And as Paul reminds us in 2 Corinthians, His grace is sufficient for us.
パウロは第二コリント人への手紙で私たちに気づかせてくれます。イエス様の御恵みは私たちにとって充分です。


In His grace, God sent Jesus to pay for our sin and cover us
神様の恵みによって、神様は私たちの罪を贖うため、私たちを覆うためにイエス様を送ってくださいました。

And it was through the line of Shem that God brought Jesus into this world.
それに、神様はセムの一族からイエス様をこの世界に送ってくださったのです。

But what about the blessing of Japheth?
では、ヤペテの祝福についてはどうでしょう?

  • May God extend the territory of Japheth; may Japheth live in the tents of Shem (Genesis 9:27)
    神がヤペテを広げ、セムの天幕に住まわせるように。カナンは彼らのしもべとなれ。」(創世記9章27節)

History records the enlarging of Japheth.
歴史では、ヤペテの一族の繁栄について記されています。

The Greek Empire, the Roman Empire, and therefore the British Empire, the United States, Canada, and Australia etc. have all come from what was originally Japheth.
ギリシャ帝国、ローマ帝国、従って、そこからイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、そこの人々はすべてヤペテの末裔です。

So, how does Japheth live in the tents of Shem?
では、ヤペテがセムのテントで住んでいたのはどういう意味だったのでしょうか?

The tent is the place to live.
テントは住むためのものです。

It provides shelter, protection and security.
テントは外の危険から身を守り、安全と安心を提供するものです。

The tent is a covering.
テントは覆いです。

So, it is through Shem’s blessing that the people of Japheth are covered.
だからセムの祝福を通して、ヤペテの一族は神様の恵みに覆われるのです。

God sent Jesus through Shem.
神様はセムの一族を通して私達のところにイエス様を送って下さいました。

It is through Jesus that our sins are forgiven.
私たちの罪はイエス様を通してゆるされます。

It is though Shem’s blessing that I am recovered.
セムの祝福を通して私は神様の恵みに覆われ、神のものとされます。

The consequence, the wage, of sin, is serious.
罪の結果、報いは深刻です。

It is death.
それは死です。

But God offers us His grace to cover our sin.
しかし、神様はその罪を覆い隠すために恵みを与えて下さいます。

He offers us the gift of eternal life in Christ Jesus our Lord.
神様は私達の主、キリスト・イエス様を通じて、私たちに永遠の命を与えてくださいます。

So, no matter how many times we feel that we are lost;
だから、私たちが何度も迷ってしまっているように感じていても、

even if we deliberately turn our backs on God;
たとえ私たちが故意に神様を無視していても

If we feel all alone;
もし私たちがひとりぼっちだと感じていても、

overwhelmed by feelings of trouble and guilt:
問題や罪の意識に困惑していても

God is always here.
神様は実はいつもここにいてくださいます。

It is He who is always seeking us.
神様の方こそがいつも私たちを探してくださっています。

Jesus has already covered our sin with the covering of His innocent blood.
イエス様はすでに罪のない血の覆いで私たちの罪を覆い隠してくださいました。

And even when we seem completely lost;
私たちが完全に迷っていると感じる時でさえ、

Jesus recovers us!
イエス様は私たちをもう一度覆い、取り戻してくださいます。

He picks us up.
イエス様は私たちを立ち直らせてくださいます。

He cleans us.
イエス様は私たちを清めてくださいます。

He says: “You are mine.”
イエス様はおっしゃいます。「あなたはわたしのものです。」

This is what God has done for us.
これが神様が私たちにしてくださったことです。

And this is what God commands us to do for each other.
そして、これは神様が私たちに、お互いにそうするように命じられました。

  • Above all, love each other deeply, because love covers over a multitude of sins. (1 Peter 4:8)
    何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。(ペテロ第一4章8節)

That is how God helps us to recover.
このようにして、私達は神様の覆いを頂き、神様は私たちが回復することができるようにして下さるのです。

We need to understand what this really means to live in the freedom of God’s Kingdom.
私たちは神様の御国の自由の中で生きるために、このことをしっかりと理解しておく必要があります。

Father God
天のお父様、

Thank you for showing us Your love.
あなたの愛はありがとうございます。

No matter how broken we are;
私達はいくら深く傷ついたとしても

no matter how far from you we seem to fall;
あなたからいくら遠く落ちたように感じたとしても

Your love follows us.
あなたの愛が私達を追いかけてくれます

Your love covers us.
あなたの愛が私達を覆い隠して下さいます

Your love picks us up and places us on solid ground.
あなたの愛が私達を立ち上がらせて、揺るがないところにおいていて下さいます

Lord, You recover us!
主よ、あなたが私達を回復させて下さいます

Lord, there is none like You!
主よ、あなたの外に、あなたの様なお方がいないのです

Please help us to experience the rich freedom of the covering of Your love
どうか、この、あなたの愛の覆いから溢れ出る自由を体験させて下さり

So that we will may share and live under the security of that covering with all those around us.
私達も、私達の周りの人々と一緒にその覆いの平安を共にし、その中に生きることができるように。

In Jesus’ name
イエス様の名前によって祈ります。

Amen
アーメン