gradL gradR
slider1
slider2
slider3

At Home English School 英会話教室: Communicate with Comfort


The Signs of Jesus (I)
The Wedding
John 2:1-11


One thing that surprised me when I first came to Japan was that not only the starting time, but also the finishing time of parties was so clearly structured. In my country, a party, any kind of party, starts when the first people arrive, and finishes when the last people leave – which in some cases might be the next day!

But here, both the starting and finishing time of all kinds of parties is just as precise as the JR timetable.

But neither of these two customs can compare to weddings in the Middle East.

We have just read about a wedding that took place there about 2000 years ago. Let's have a quick look at what happened.

This wedding was in Galilee, and Jesus’ mother was there. The original text implies that she was already there at the beginning, and it is quite possible that she was involved in the organization of the wedding.

Jesus and his disciples had also been invited. The celebrations must have been well under way, when a problem suddenly arose. In the middle of this wedding reception, they ran out of wine.

Now, we need to understand that weddings were incredibly important social occasions at this time and place. Believe it or not, it was usual for a wedding party to last as long as a week! People would gather from near and far. They would walk, or maybe ride a donkey. The journey could be long and hard.

And hospitality at the wedding was like a sacred duty. It was the host's responsibility to honor the guests by making sure they had lots of food and drink. It would have been an insult to the guests if the host ran out of food or wine. In fact, this custom was so serious that if it was broken, guests could actually take out legal proceedings against the host.

So, when Mary told Jesus that the wine had run out, it was obviously a serious problem. In the Bible, wine is symbolic of rejoicing. It is a symbol of abundance. And more than anything, such rejoicing and abundance is the result of God pouring out His blessing on His people. But now, there was no more wine! A big problem!

Nearby, there were six stone jars which were used for ceremonial washing.

The Jewish tradition required several kinds of ceremonial washings. Of course, we wash our hands before a meal to clean them and get rid of germs. But strict Jews would wash their hands not only before a meal, but also between courses, and after the meal. Eating utensils would also be washed at these times. This washing was not only to get rid of germs, but was a ceremonial washing. It signified the cleansing or purifying of the soul.

These stone jars would have been used for this ceremonial washing. They were handmade. People had made them. And they were made from stone. They were filled with water which was used to wash dirty things.

But these water jars had no clean water in them. They were just empty, hard, stone. They were not able to do what they were supposed to do.

So what did Jesus do? He ordered that they be filled with water. That is in itself is not so surprising, because that is what they were for. However, the problem that Mary raised was not that there was no more ceremonial water, but that there was no more wine for the party.

So I expect that the servants were a little confused by Jesus’ command. But if that was the case, they must have been shocked by what He said next. After the containers were filled, Jesus then told the servants to draw some of the water out and take it to the master of the banquet.

Now, the master must have been stressing out more than anyone else that there was no more wine. So, you can imagine how those servants must have felt as they carried the water to their boss? They had filled the jars with water. They had drawn the water out. They knew that what they were going to give their boss was that same water. And what is more, this is the water that was used to wash hands and dishes with.[Boom, boom, boom!]

But the servants still took the water to him. They took it because Jesus had told them to. But the real reason that they obeyed Jesus was because Jesus mother had told them to. They didn't go because they trusted Jesus personally, but because of their respect for his mother.

But what happened next was beyond their expectations. In fact, it was also beyond the expectations of the master of the banquet. For when he tasted what was brought to him, it was not water, but the highest quality wine. The master of the banquet did not know where it had come from. But he could recognize its superior quality.

So what had Jesus done?

The water jars were there for ceremonial washing - the human effort to be cleansed on the inside, to have a clean heart. But the jars were empty, and they were stone hard. They were like the very hearts of people that needed cleansing: empty and hard.

Those jars, and the water in those jars, could not bring about a satisfactory solution to the problem of hearts that were empty of love and hardened by sin.

But Jesus had the jars filled with water. He did not say any magic words. He did not wave his arms meaningfully in the air. He did not even touch the water. But He transformed that water into the finest wine.

Jesus took something that seemed ordinary and transformed it into something extraordinary.

No one knew where the wine had come from. Neither the guests, nor the bride and groom knew. And the master of ceremonies did not know.

However, the servants knew. Although the master of the banquet was surprised at the quality of the wine, the servants were surprised because it had actually been water.

So we see here that it wasn't to the influential and important people, but to the humble, serving people to whom God revealed himself. Here it was to the servants. Years earlier it was to humble shepherds when Jesus was born. Later it would be to the sick, to the outcast, to the hungry and homeless. And it is the same here today.

John 1:12 Yet to all who received him, to those who believed in his name, he gave the right to become children of God--


So, as Jesus reveals Himself, what is it that He is saying?


In a word, we can’t clean our own hearts. Through this changing of the water into wine, Jesus was saying that our own human attempts to try to make ourselves right with God are empty. God is perfect and unconditional love, and though he has made us in his own image, our own hearts have become hardened like stone, they are empty of love. And so we are unable to create within ourselves a true righteousness and love.

But Jesus came and took that which was empty, He took that which was hardened, and He filled it to the top. In fact, there would have been about 600 L of water there. So when Jesus provides blessing, He is not stingy. He does not hold back. He blesses abundantly, without restraint.

And then he transformed that water. He renewed it. Jesus replaced the tool by which people tried to cleanse themselves with the best wine. And remember that wine here is a symbol of abundance and rejoicing. It is the symbol of God’s blessing.

Jesus took a custom and fulfilled in that custom the fullness of its true purpose.

Some 500 years before this, the prophet Ezekiel recorded for us what Jesus was going to do.

Ezekiel 36:25-27
I will sprinkle clean water on you, and you will be clean; I will cleanse you from all your impurities and from all your idols. I will give you a new heart and put a new spirit in you; I will remove from you your heart of stone and give you a heart of flesh. And I will put my Spirit in you and move you to follow my decrees and be careful to keep my laws.


John described what Jesus did at the wedding as the first of His signs. As a sign, the ultimate purpose of the transformation of the water was therefore not to simply provide wine at a wedding, but to reveal who Jesus really was, and to inform us of the true purpose of His coming.

In fact, John tells us later that: (John 20:30-31)

“Jesus did many other miraculous signs in the presence of his disciples, which are not recorded in this book.
But these are written that you may believe that Jesus is the Christ, the Son of God, and that by believing you may have life in His name.”

By the way, I think that it is interesting that this is how Jesus chose to reveal His identity and His mission. It was a wedding: a time of celebration, hope and joy. A wedding is a time of union, when people gather together to recognize and to celebrate a new relationship.

That is why Jesus chose a wedding to reveal Himself. By changing the water into wine, Jesus was showing that he was replacing the system of empty human attempts to be reconciled with God. Jesus was showing that through the sacrifice He would later make on the cross, there would be no need to undertake the ritualistic washing ceremonies, or the animal sacrifices anymore.

Yet even now, in our own way, we make sacrifices to try to look right. Through our work, through our relationships, through hobbies and our religion, we try hard to make ourselves look good.

The human need for cleansing has not changed. But our best efforts cannot change what is inside us. We cannot reach into our own hearts and wash clean the stain of our own sin.

That is why Jesus came: to personally take care of the problem. He Himself provided the solution. Jesus Himself was that solution!

1 Peter 3:18 tells us that:

"(For) Christ died for sins once for all, the righteous for the unrighteous, to bring you to God. He was put to death in the body but made alive by the Spirit"

Did you notice that this sign was undertaken on the third day. Jesus was showing the new life that He came to give. For it was also on the third day that Jesus rose again from the grave following his crucifixion.

And when His new disciples saw what Jesus had done, we are told that they put their faith in Him. They came to believe that it was indeed Jesus who could restore dead hearts with cleansing and new life.

I wonder about the servants though. We are not told what happened to them. They had obeyed Jesus because of what Mary had said. But then they saw what Jesus did. They witnessed His sign. Now, they had the chance to trust Jesus, not because of what someone else had said, but because of their own personal experience with Him. This sign told them that they could trust Him because of who He is.

Friends, this is why Jesus came. He came to personally cleanse us. He came to perfectly accomplish what we cannot do for ourselves. And His invitation to receive His gift of eternal life is very personal. Jesus offers you the abundance of His grace. He offers you the joy of new, eternal life. He offers you God’s personal blessing.


Is that what you are looking for? What is the condition of your heart now? Remember, when Jesus blesses, His blessing is deep, and His blessing is wide. He takes the ordinary, and He makes it extraordinary. Jesus is the One who can transform a hard and empty heart and make it overflow with God’s deepest love. Whether you have known Him for a long time, or this is your first sign, Jesus can meet your deepest needs. All you have to do is hold out your cup and ask Him to fill it.


イエス様のしるし(1)
結婚式
ヨハネ2章1−11節


私が初めて日本に来た時に驚いたことの一つに、パーティーの始まる時間だけでなく、終わる時間まできっちり決まっている、というのがありました。私の国では、どんなパーティーでも、最初の人が到着したら始まり、最後の人が帰ったら終わります―時々次の日になることもあります。


でも、ここでは、どんなパーティーでも始まりの時間も終わりの時間もJRの時刻表のように正確です。

でも、このどちらの習慣も中東の結婚式と比べることはできません。

先程、中東での2000年前の結婚式について読みました。何が起こったのか、ちょっと見てみましょう。


この結婚式はガリラヤでありました、そして、イエスの母親がそこに居ました。原文では、イエスの母親が最初からそこにいて、結婚式の準備に携わっていたかもしれない、という意味になっています。

イエスと弟子たちも招かれていました。そのお祝いはスムーズに進行していました、突然、問題が起こるまでは。披露宴の途中で、ワインがなくなってしまったのです。


さて、この時代この地域において、結婚式がとても重要な社交の機会だったということを理解しておく必要があります。信じられないかもしれませんが、結婚式は、普通、一週間ぐらい続きました。人々は、近くからも遠くからも集まりました。歩いて、またはロバに乗って。その旅は、長くてきついものだったでしょう。


そして、結婚式でのもてなしはとても重要な義務のようなものでした。ゲストのためにたくさんの食べ物や飲み物、ワイン等、をちゃんと用意するのがもてなす側の責任でした。食べ物やワインが無くなってしまうのは、ゲストに対してとても失礼なことでした。実際、この習慣の通りに行かなかった場合、ゲストが招いた側を訴えることもある程、大切なことでした。

ですから、マリアがイエスにワインがなくなったと言った時、それは言うまでも無く深刻な問題でした。聖書では、ワインは喜びの象徴です。豊かさの象徴です。そしてなによりも、そのような喜びと豊かさは神様がご自分の民に注がれるめぐみの証拠なのです。でも今、もうワインがありません。大変な問題です!


すぐ近くに、清めの儀式に使う石の水がめが6個ありました。


ユダヤの伝統では何種類かの清めの儀式が必要でした。もちろん、私達は食事の前に手を洗います、ばい菌を取り除いて手をきれいにするために。でも、敬虔なユダヤ人は食事の前だけでなく、食事の間も、食事の後も、手を洗いました。食器も同じように何度も洗いました。これは、ばい菌を取り除くためだけではなく、儀式的なものでした。魂の清めを表していました。



これらの水がめは清めの儀式のために使われていました。人の手で作られた物でした。人間がそれを作ったのです。石から作られていました。汚れたものを洗うための水がいっぱい入っていました。


でもこれらの水がめにはその時はきれいな水は入っていませんでした。ただ空っぽで、硬くて、石でした。造られた目的を果たすことができませんでした。

イエスは何をしたでしょう?イエスは、それらに水を満たすようにと言いました。それ自体は、それ程驚くことではありません、なぜならそのために作られた水がめですから。でもマリアが話した問題は儀式用の水がもうないということではなくて、パーティー用のワインがもうないということでした。

だから、使用人達はイエスの言いつけにいくらか困っただろうと私は思います。でも実際そうであったとしても、次にイエスが言ったことに彼らは更にショックを受けたに違いありません。入れ物がいっぱいになった所で、イエスは、水をいくらかくみ出して宴会の世話役の所に持っていくように、と使用人達に言いました。

さて、世話役はワインがもう無いという事で、誰よりもピリピリしていたに違いありません。それで、上役の所に水を持って行こうとしていた使用人達がどんな気持ちだったか想像できるでしょう。彼らは水がめに水を満たしました。水をくみ出しました。ボスに何を渡そうとしているか知っていました、水です。そしてそれ以上にその水は手やお皿を洗うための物でした。ドキドキ…



でも使用人達は、それにもかかわらず水を持っていきました。イエスに言われたからです。でも、彼らがイエスに従った本当の理由は、イエスの母親が従うように言ったからです。イエスを個人的に信頼していたから従ったのではなく、彼の母親を尊敬していたからです。

でも、次に起こったことは、彼らの想像を超えていました。実際、宴会の世話役の期待をも超えていました。持ってこられた物を世話役が味見すると、それは水ではなく、最高級のワインだったからです。宴会の世話役はそれがどこから来たか知りませんでした。でも、素晴らしい品質の者だということは分かりました。


では、イエスは何をしたのでしょう?

水がめは、清めの儀式の為にそこにありました、その儀式は、人間が内側から清くなろう、心を清めようと自分の力で努力すること、でした。でも、水がめは空っぽで、硬い石でできていました。清められる必要のある人間の心その物でした、空っぽで、硬くて。


これらの水がめとその中の水は、心の問題、愛が空っぽなことと罪で硬くなってしまっていることへの十分な解決はもたらしません。


でも、イエスは水がめを水で満たさせました。なんの魔法の言葉も言いませんでした。意味ありげに空中で腕をふったりもしませんでした。水にさわることさえしませんでした。でもイエスは水を最高級のワインに変えました。

イエスは普通に見える物を特別な物に変えたのです。


誰もそのワインがどこから来たか知りませんでした。お客も、新郎新婦も知りませんでした。そして結婚式の世話役も知りませんでした。

しかし、使用人達は知っていました。宴会の世話役はワインの品質に驚いていましたが、使用人達は、自分達が水がめから持ってきた物は本当は水だったのに、ということに驚いていました。

ですから、神様は影響力のあるえらい人達にではなく、取るに足らない、人に仕えているような人達にご自身を現されたのをここで見ることができます。ここでは、使用人達にです。この30数年前には、イエスが生れた時に、身分の低い羊飼い達に。後には、病気の人に、見捨てられた人に、飢えている人に、住む所の無い人に。そしてそれは今でも同じです。

ヨハネ1:12 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。


それでは、イエスは私たち何を伝えたくてご自身を現されるのでしょう?

一言で言えば、私達は自分で自分の心をきれいにすることはできない、ということです。水からワインへのこの変化を通して、神様の前で自分を正しい者と見せようとする私達人間の努力は空っぽだ、空しい、意味が無い、とイエスは伝えようとしたのです。神様は完全で無条件の愛の方です、神様は私達をご自身の形、イメージに造られましたが、私達の心は石のように硬くなっています、愛がありません、空っぽです。そういう訳で、私達は、本当の正しさと愛を自分の力で自分の中に作り出すことはできません。

でも、イエスは、空っぽなものを、硬い物を、いっぱいに満たしてくれました。実際、水がめには約600リットルの水が入りました。イエスが恵を与える時、ケチなことはしません。中途半端にはしません。惜しみなく、豊かにめぐんでくださいます。


それから、イエス様はその水を別の物に造り変えました。新しくしました。イエス様は人々がそれで自分達を清めようとしていたものを最高のワインに造り替えました。ここでのワインは豊かさと喜びの象徴でしたね。神様の恵みの象徴です。


イエス、その習慣の本来の目的を満たすことで、その習慣を完全な物にしたのです。

この約500年前、預言者エゼキエルは、私達に向けて、イエスが何をしようとしていたかを書いています。

エゼキエル書36:25−27
わたしがきよい水をあなたがたの上に振りかけるそのとき、あなたがたはすべての汚れからきよめられる。わたしはすべての偶像の汚れからあなたがたをきよめ、あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を授ける。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。わたしの霊をあなたがたのうちに授け、わたしのおきてに従って歩ませ、わたしの定めを守り行わせる。

ヨハネは、イエスが結婚式で何をしたかを、イエスの最初のしるしとして述べています。しるしとして、水を他の物に変えたことの本当の目的は、ただ結婚式のワインを用意することではなくて、イエスが本当は誰なのかを示すことであって、イエスがこの世界に来たことの本当の目的を私達に知らせることでした。

実際、ヨハネは後にこう言っています。(ヨハネ 20:30-31)

この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。
しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。

ちなみに、イエスが、自分が本当は誰なのかということとその使命、を現すために選んだ方法がこれだった、とういことを私は面白いと思います。結婚式で、でした。結婚式はお祝いと希望と喜びの時です。結婚式は一つになる時です、人々が集まり、お互いに認め合い、新しい関係、新しいつながりを祝います。

これこそ、イエスが自分を現すのに結婚式を選んだ理由です。水をワインに変えることで、イエスは自分が、神と和解しようという人間の空しい努力の代わりになる、ということを伝えようとしたのです。後に十字架にかかって自分がいけにえになることで、形式的な清めの儀式も、これ以上の動物のいけにえも必要無くなる、としたのです。


今でも、私たちは自分の勝手な方法で、自分を正しく見せるために犠牲を払います。仕事を通して、人間関係を通して、趣味や宗教を通して、自分達をよく見せようとがんばります。


人間は清められる必要がある、ということは変わっていません。でも、私たちがどんなにがんばっても自分達の中にあるものを変えることはできません。私たちは、自分の心の中まで手を伸ばすことはできないし、自分の罪の汚れを洗い清めることもできません。

この問題をイエス自身が扱うこと、これがイエスがこの世界に来た理由です。イエス自身が解決を与えてくれます。イエス自身が解決なのです。

Ⅰペテロ3:18は私たちにこう言っています。

キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。

このしるしが、結婚式の三日目に行われたことにお気付きでしょうか?イエスは自分が与えようとしている新しい命の紹介をしたのです。それは、イエスが十字架にかかった後、墓からよみがえったたのも三日目だった、ということによって、です。

イエスの新しい弟子達がイエスしたことを見た時、彼らはイエスを信じた、と聖書にあります。イエスこそが、死んだような心を清めと新しい命とで回復させることのできる方だと弟子達は信じるようになりました。

でも、使用人たちはどうなったのでしょう。彼らがどうなったかは聖書には書いていません。彼らは、マリアが言ったことによってイエスに従いました。でもそれから彼らはイエスがしたことを見ました。イエスのしるしを目撃しました。この時、彼らには、誰かが言ったことによってではなく、自分達が個人的に体験したことによって、イエスを信じるチャンスがありました。このしるしは、イエスがイエスだからこそ信じることができるのだ、と彼らに教えていました。

みなさん、これがイエスがこの世界に来た理由です。イエスが自分で私たちを清めるために来ました。私たちが自分自身ではできないことを完成させるために来ました。そして永遠のいのちというイエスからの贈り物を受け取るように、という誘いは、ひとりひとりのための物です。イエスはあなたに豊かなめぐみを与えようとしています。新しい、永遠のいのちの喜びを与えようとしています、神様ご自身から祝福を与えようとしています。

これはあなたが求めている物ですか?あなたの心は、今どんな状態ですか?思い出してください、イエスが祝福するとき、そのめぐみは深く、広い物でした。イエスは普通の物を特別の物にしてくれます。イエスは、硬くて空っぽな心を神様のとても深い愛で溢れさせることのできる唯一人の方です。あなたが、ずっと前からイエスを知っていたとしても、今日初めて知ったとしても、イエスはあなたの心の一番深い所にある必要を満たしてくれます。あなたはただあなたの心を差し出して、いっぱいにして下さいと神様にお願いするだけでいいのです。